低~い ステア三段の巻

河畔にて

 華金、起床3時50分、年寄りは早いね・・・。今日はTLR200でツートラ風。

里山民家

 中央大学南側の民家が気になっていましたが、きょうは失礼して1枚撮らせてもらいました。絵葉書みたいですね。

K沢の朝

 K沢はもちろん誰も居ません。 まだ泥濘んでいるので、滑りそうも無いところで練習、意気地が無いね。

低ステア三段

 Sヶ島へ移動し、第1練習場へ。 低い3段の練習です。

 フロントを上げます。

 抜重してリアが上がると、フロントが前の段差に当たり沈みます。その反動を邪魔せずアクセルを開けるとフロントが上がってくれます。フロントを意識しすぎて上げようとすると、かえって失敗するかも。ビデオを観ていると、マシンの挙動に合わせて身体を動かしているような感じでした。

 同じ動作を繰り返します。

 最後フロントが上がれば問題なし。

 万年ビギナーさんは、ステアを上がってすぐの段差が怖いんです。刺さるんじゃないかと。 何度も繰り返し、慣れることしか無いですね。 でも、これ位の高さだとステアケースとは言わないのかな・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です