K沢華金練習、TLR200一寸調整の巻

早朝のK沢

 華金練習にK沢へ行く。 誰も居ません。 静かです。

早朝のK沢-2

 転けそうになりながら何とか練習終了。 教室に戻ってTLR200の調整をすることに。

 先日TL125で行ったクラッチワイヤーホルダーの角度調整です。 200は和光製の太っちょエキパイが付いているので、これを取らないとホルダー調整できません。ホルダーをエンジン側に少し曲げますが、曲げた分ホルダーが上手くボルトオンできなくなります。 で、ワッシャーを3枚エンジン側に入れると丁度良い具合になります。クラッチエクステンションバーとのラインが真っ直ぐになりました。

太っちょエキパイ

 エキパイを外したので、ついでに小物を含めて錆取りと耐熱塗装を行いました。 これでしばらくは良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です