月別アーカイブ: 2021年10月

恩師の別荘へ訪問の巻-2

                       洲崎灯台からの風景

 さて、別荘で朝食をいただいてから帰路につくことに。 「日蓮生誕800年」と言うことで、近くの誕生寺を経由して行くことにしました。

 静かな境内を見学させていただきました。

 お寺さんへの道をそのまままっすぐに行くと、そこは海岸沿いの旧道でした。 バイクには楽しい林道っぽい道、景色も抜群でしたよ。

 さあここから苦難の帰行が始まります。 台風の影響か、良い天気なのですが風を強く受け、バイクが振られてしまいます。 内陸の高速でこの状態なら、不安・・・、アクアライン・・・。  ついに来てしまった。 風速表示は12m、緊張状態で海の上にでる。 案の定、すごい横風で、スピードが落ちる。60kmがやっと。 セローはオフロードなので比較的軽く重心高め。今回は特にサイドバックを付けてないので特にね・・・。フェンスがあまり高くないので、海に落ちないかいろいろ考えてしまいましたが、気を取り直し、肩の力を抜いて、前方遠目の視線。 海ほたるの看板が出てくると早くこい早くこい、こちらが行くのにね。 地下に入ってホッホのホ。 法定速度いっぱいに戻し、難を逃れました。

 教室帰着後、しばらく横になってリラックスリラックス。 そして、バイク屋さんに部品を取りに行く。

恩師の別荘へ訪問の巻

                    富津岬

 高専の時の恩師ユーちゃん先生、鴨川に別荘を持っていて、「遊びにお出でよ」とのお誘い。同級のM君と伺うことになりました。 残念ながら、M君は家庭の事情で急遽来られなくなり、じ~じ1人で訪問。もう50年も前の先生ですよ。良く長く繋がっていると思います。

                    第1海堡

 5時、セローに荷物を載せて教室を出発、アクアラインを経てまずは富津岬に行く。

 釣り人が数人、とにかく静かです。 さて、経路は半島の南を巡って行くことにしました。

                    洲崎灯台

 「喜びも悲しみも幾年月」の世界ですね。 この映画も曲も大好きです。今は無人灯台・・・。

                    野島崎灯台

 野島崎は遊歩道があるので、ノンビリと歩いてきました。

 さてさて、お昼前には鴨川のユーちゃん先生の別荘に到着。 しばし、庭の椅子に座り込んで歓談。 焼きそばお昼をいただき、先生推奨の鴨川シーワールドへ行く。

 すぐにシャチのショーが始まり、見事に水を掛けられる。

 シロイルカのベルーガ誕生のビデオと話を聞く。

 別荘に戻ってから軽くビールで乾杯、その後安くて美味い回転寿司に向かい、日本酒で乾杯。 また戻ってから11時過ぎまで飲んで話して、9時前に寝てしまうじ~じには結構な夜更かしでした。 まあ元気な御年80才の先生です。                       続く。

川沿いを走り、「カブ・トラ」発見の巻

 ネットでは観たことがありますが、初めて現物を。 オーさんのカブ・トライアル車です。なかなか手が込んでいますね。 溶接技術があると良いなあ。 亀岡トライアルの森さんみたいに、切ってくっつけて、くりぬいて削って等、パパッとできれば最高ですよね。

 定点撮影の鉄塔、スマホでは初めて。 逆光でもなかなか綺麗に撮れますね。

 雰囲気のある風景です。

 お月さんもまだ頑張ってます。土手下の田んぼは稲刈りが済んで、麦が植わっておりました。

 練習は第三で行う。 タイトターンの練習、以前行けてたところが行けない・・・。 そろそろ、お師匠さんの個別指導を受けるかな。

セロー、グリップヒーター取り付けの巻

 寒さが結構な時期に入りました。 で、一番冷えるのが手指です。 今回はお安い千円程度のものを購入しました。 ネットでは、2A以上の供給であれば何とか暖かいとありましたのでね。

 右側の四角いフェルト様の物が袋状になっていて、その中にプリント熱線プレートを入れる仕組みになっています。最も簡易な仕様ですね。

 電源は左側のUSB受けからです。一応2.4A供給できることになっているので、良しとしました。(右側はスマホ用です。)

 表側にイボイボゴムを出すことになっているのですが、マジックテープが上手くくっつかず、袋の端辺がマジックテープで収まらず余って握りが悪いのです。 で、表裏反対に丸めて両端をバンドで留めました。しかし、ちょっと乗ってみましたがグリップ感今一つ。

 で、イボイボを表に出して巻き、グリップの筒から反り出している袋の端辺を抑えるために、紐で全体を成形しました(チャーシューの糸巻きみたい・・・)。 両端はバンド締めです。 (裏側の写真撮れば良かったなあ) まあとりあえずこれで様子を見ます。 お安い物を実用化する何だか楽しい工作ですよね。 一冬保てばラッキー!  

久しぶりの山練習の巻

 雨が上がったので、仕事前に山練習に行く。 久しぶりなので斜面ターンが怖い・・・。

 ガラ系をスマホに変えたので、それで撮影。 何だか面白く撮れます。

 朝日が葉を黄色に染めています。

 無理せずトラ練し、唄の練習に入る。きょうは3曲です。 こだま して気持ちが良い。

TLRでツートラ風川沿いの巻

           大分すり減りが出て貫禄がついてきました

 TLRで早朝、川沿いを走る。 定点撮影「鉄塔」

 第1練習場へ。 ここはいつもセクションが壊れたままになっているので、始めの仕事がセクション再生です。 こういつもだと、寂しくなります。 現状直しで帰る、あるいは作り直して帰れば良いのですがね。

 リズムをつかむ、良い勉強になるセクションなんです。

 第3に移動してターンの練習。 ここでうっかりバランスを崩しハンドルを樹木に当ててしまう。 あ~あ、左ミラーの固定具が割れてしまいました。応急で結束バンドにて固定試みるも上手くいかず、左側無しで帰路に着く。(写真の白い飛び出ているのがバンドです。)

 新品を購入、装着。翌日には届くので今は便利ですね。

            補修-1
            補修-2

 割れた方は、まず瞬間接着剤で仮留めして、傷口に沿ってルーターで溝を掘ります。そして、プラリペアをその溝に流し込んで終了です。 これをヤスリで磨けば良い復元になります。 この補修品は予備にします。 

 補修-1の写真、磨き前ですが、ちょっとね・・・だったので、後日やり直しました。

セローで野辺山の牧場キャンプの巻-2

         タープ前左側にポールを立てることで、バイクも中に

 さて早めですが居酒屋じ~じの開店です。

 先ずは日本酒で前菜をつつく。焼き缶はサバです。

 この所マイブームの剣先烏賊の小スルメ。 炙ると美味しいのです。

 続いて焼き肉。

 野菜もちゃんと食べましょう。

 結構冷えてきたので、最後は熱燗です。 焚き火は疾うに卒業したので、コールマンのヒーターと、プリムス・グラヴィティにお世話になっています。

 20時前にはぐっすりです。 

 4時半起床。 まだ真っ暗ですがまずは寝床の片付け。 タープのおかげで、テント・フライは夜露を免れ、これも片付け。 その後珈琲タイムとご飯炊き。

 冷凍したグリーンカレーを持ってきたので、温めて、いただきます。 冷えているのでこの辛さは丁度良いのです。

 タープ等片付けて、撤収完了。 帰路につきます。

 コスモスと八ヶ岳、そして空が素晴らしい!!

 さて、帰路には一部高速を使いましたが、先日装着パフォーマンスダンパーの効果ありあり。100kmでも安定していました。お勧めですね。  

 走向距離370kmの旅でした。

セローで野辺山の牧場キャンプの巻

 宣言解除になり、早速キャンプに出かける。 先日、愛用の2代目ガーミンGPSが壊れてしまい、3代目を購入しようか? それとも現在のガラ系からスマホに機種変して、GPS兼用にするか? 思い悩んだ末、機種変にしました。 良し、では今回初稼働、のつもりでしたが、ナビ動作が上手くいかず、新青梅街道武蔵村山付近のコンビニ女性店員さんに教えて貰いました。忙しかったみたいですが、老人の無知に同情してくれたのでしょうね。助かりました。ありがとう!

 さて、経路は秩父経由で、まずは名栗湖。 早朝でしたが、SR400の2人組がツーリング途中らしく休憩中。

 恒例の羊山公園、山並は見えず。

 志賀坂トンネルが工事中で迂回路、途中合角ダムに寄る。

 恐竜センターは売店を観ただけですぐに出発。予定していた国道299号十石峠、何と全面通行止め。 では少し戻ってブドウ峠、これも通行止め。 台風禍の影響はすごいですね・・・。 ではどうしよう? 下仁田経由で内山峠を越えるしかないです。

 下仁田のこんにゃくセンターで昼食、荒船蕎麦を食べる。 地味な蕎麦ですが、かき揚げがとても美味しかったのです。  ここからグルッと回って佐久、野辺山へ。 途中バイクの大きめの振動のたびに、スマホがdポイントの画面に入れ替わってしまい、何じゃこれ? 一々停まる度に直していました。(キャンプ場で落ち着いてから原因が分かりました・・・)

 2時頃到着。 先ずは基地作り。

 今回はタープ左側手前にポールを立て、バイクがスッポリ入るようにしました。 このキャンプ場、結構良いと思うのですが、平地が少なく、一周して何とか探し出しました。

 現在シャワーもお風呂も稼働していないそうで、日帰り温泉を紹介されましたが、面倒になり、身体をふいて、楽しみな「居酒屋じ~じ」の準備に取りかかりました。 次回に続く。

セロー、パフォーマンスダンパー装着の巻

 高速道路での走行安定が良くなるとの話で、じ~じも着けてみることにしました。

 ネット情報では、お店に着けて貰う方がいましたので、私にできるのかな? と思いましたが、ちゃんとガイドも付いていたので簡単でした。先ずは左上のダウンチューブ2本のボルトを抜き、鈎状のブラケット-1を付属のボルト(一寸長い)で装着します。

 ダンパー本体と右側のもう一つのブラケット-2を仮留めします。 それから、ブラケットコイルを留めてあるボルトを外し、コイルと一緒にブラケット-2を付属のボルト(やはり少し長め)で装着します。

 ダンパー本体を本留めして装着完了です。  早く高速での具合を試してみたいですね。

TLR200ツートラ風、川沿いの巻

 4時20分、ツートラ風に出かける。

 定点撮影「鉄塔」。

 第1練習場は何時もセクションが壊れているので、作り直しから始めます。 これも結構楽しいのですよ。 作り終わってクリーンしたときは、「おーっ、できた!」。 自己満足ですけどね・・・。

 第2第3と練習して、帰路につく。