月別アーカイブ: 2021年1月

TLR200、フロントスプロケ交換、その他の巻

 これまでのフロントスプロケットは11丁(リアは44丁ノーマル)、それを12丁に交換しました。 ツートラ風ですと、公道での走りが一寸きついので、1丁多くしました。 

仮止め
本止め

 K沢、Sヶ島へ行ってみましたが、やはり公道では少し楽になり、セクション走行も何とかなりました。以前にも12丁を試したことがあったのですが、その時は10丁からの交換で、違和感が結構有ったのです。今回は11丁に慣れてから、ですからね。 (止めプレートが結構錆びているので、後日メッキしましょう。)

 これで、9丁から始めて12丁まできました。13丁のノーマルまで行くのかな?

 さて交換時、スプロケカバーの取り付け穴にカラーが無い(右側)のに気づきました。 エンジン換装した時、気づかなかったのですね・・・。

 丁度同径のステンパイプがあったので、カッターで切って作る。 カラーをカバーに固定して出来上がり。

 ちゃんと頭がでていますね。 収まりました。

TL125ツートラ風、K沢最後の練習になるのか の巻

 この記事は、K沢への立ち入りが出来なくなる直前、金曜日の「下書き」、最後になるかも知れないので載せました。  

 華金、毎度のK沢へ。 寒さが厳しいと暖機をしないとエンストします。

 到着が7時過ぎていましたが、誰も居ないのでビデオを撮ることに。インします。

 砂岩を巻いてタイトターン。悪い癖、身体が突っ込みすぎてますね。

 ステアケースを上がります。助走がないので私でもクラッチを使います。

 上がってからすぐに砂岩を越え、左タイトターン。

 進行方向を確認し、次の段差の準備。何だか肩に力が入っていますね・・・。

 段差を越え、次の段差の準備。

 段差を越えます。ここは柔らかく入っています。

 下りはゆっくり、ラインを外れないように。ちょっと緊張しています。

 アウト、ホッとしていますね。

 ビデオを撮ったので、今日は移動無し、帰路につく。が、途中でエンスト。すぐに始動しましたが、そろそろキャブレター・スロージェットのお掃除が必要かな。既報TLRの症状と同じですね。 (その後、洗浄後快調です。)

K沢立ち入り出来ず の巻

 火曜日、午前中が空いているので、TLRフロントスプロケット歯数12丁変更の調子を見るためにK沢へ。 が、あらら、柵が設けられ、立ち入り出来ません。 昨年末の地震で崩れましたからね。人命優先、河川管理者(及び地主?)の工事でしょうね。中長期的には、段丘上の道路や家屋にまで影響を与えかねないでしょう。

 ここの地質は固い岩盤ではなく、砂岩なので、浸食しやすく、崩壊しやすいのですね。 当分の間、と言うよりもう無理かもしれませんね。 ため息です。 が、ツーリストは移動します。

 定点撮影の鉄塔の空、何時もなかなかです。

 Sヶ島第1練習場で6セクション練習。

 第3練習場で、クネクネの長いセクションの練習をしてから帰路につく。 あ~、K沢残念だな・・・・・。

TL125・TLR オイル交換の巻

 オイル交換2台行いました。

 半年ぶりの交換ですので、大分汚れていましたね。 やはり、ツートラ風走行は消耗します。 オイルは何時ものホンダウルトラG2、洗浄用はケーオーD2のお安いタイプです。

 2台ともスキットプレートの修正が必要でした。 亀の子練習の成果? 何てことは無く、ただ下手なので良く当てますから・・・。

 ハイ、2台完了!  寒さに負けず、またツートラ風で頑張りましょう!

ランドナー早朝クッキング、滝山城趾の巻

多摩川の夜明け前

 今年はランドナー早朝クッキングの回数を増やそうと思っているので、本年2回目 滝山城趾へいざ。

 静かな立川市街を抜けて旧甲州街道へ。

 拝島橋で夜明け前の写真を撮り、16号線の坂道途中から滝山城趾公園入口へ。 この最初の階段がきついのです。きょうはちょっと元気がないので担がずに一段ずつ押し上げる。実際の階段傾斜は写真よりもっときついのですよ。

 2つ目の階段も押し上げる。 ここでハーハーへーッ となる。

 日が昇ってきました。

 冬らしい風景ですね。

 私の一番好きな尾根筋。

 日の出。

 動かないとガンガン冷えてきます。

 今日のメニューはクリームペンネ。 材料は早茹でペンネ、チョリソ、玉葱、人参、じゃがいも、クリームシチューの素です。 本日の火器はオプティマス199、サイレントバーナー、30年以上前の前記型。五徳は後期型、この方が使いやすいのです。

 お湯を沸かし、紅茶をいただきながらのクッキング。 寒いのでこれが一番。 水入れパックが凍っています。零下何度なんでしょうか・・・。

 食事の後片付けをしていたら、どんどん手が冷えてきて、多摩サイ途中の公園ベンチで休憩し、温める。 久しぶりですこんなに冷えたのは。 さて、写真の砂岩原は昔トライアルで遊んだ場所ですね。 さあ、手も温まったので 帰路につく。

新車購入、いやいや私ではなくの巻

 日曜日、若干このところ疲労気味で起きられず、遅めにK沢へ。 すると日曜組が結構来ています。

 何やら、納車 納車という声が聞こえます。 日曜組の中にはバイク屋さんもいますが、何時もの軽ではなく200系のハイエースで来ているではありませんか。 そうなんです、新車納車なんですね。 VERTIGO新オーナーはモリモリさん。 笑顔が素晴らしいです。  皆さん集まって、おーっ。 私はステアケースでリアショックの調子を見てすぐにSヶ島へ移動。

 何時もの通り第1から順番に練習して終了しました。 リアショックについて、別段違和感もないので良いのではないでしょうか。 公道を普通に乗っていると硬い感じなのですが、ステアケースではそれは感じませんのでね。

チビ孫君と散歩の巻

 チビ孫君が遊びに来ました。「じ~じと散歩に行っといで!」のご命令で、2人で出かける。 先ずはブランコです。少しだけ自分で揺らせるようです。

 次は、ゴールデンのワンちゃんに会うのです。

 段丘上(下は昔、湧水が多かった地域)の公園でスベリ台。

 中央階段を上らないのが、ささやかに偉い!

 ここはちょっと怖いのだそうです。右手の仕草が可愛い。多分ステン板が冷たかったのでしょうね。

 ハイッ、シューッ!  帰路途中の公園のジャングルジムは苦手なようで 、ちょっと登って終了でした。

TLR200、リアショック具合確認ツートラ風の巻

 華金、TLRリアショックの具合を確かめるため、早朝K沢へ。先ずはリアショック固定の増す締め。ボルトがアルミになったので、締め付けトルクが難しい。

 まだ誰も来ていないので、ビデオを撮ってみる。 ストロークは短くなり、動きは硬い? で、実際にステアケースを登ってみました。 でも問題は感じられませんでした。と言うより分からないと言った方が良いのかな・・・。 写真でもストロークが短くなっているので、押さえと解放の差が微妙です。

 さて、ビデオ撮りしてからSヶ島へ移動。 今日の鉄塔風景は曇り。少しチラチラ雨。

 第1練習場で3段2箇所等トライするが、ここでも問題ありませんでした。

 第4まで練習し、本日は終了。 リアショック、不具合は感じられませんでした。 が、これは万年ビギナーの感じ方なんで・・・。

TLR200、リアショック交換の巻

 いろいろ検討した結果、代替え品の新品を購入することになりました。コサカさんの店(TWK)で出だしている物ですね。

 長い間ご苦労様でした。 と言うことで、純正をフレームから外しましたが、

右側のカラーが固着していて抜けません。

 バーナーで少し炙ると、すぐにOK!

 ハイ、装着完了。 右側、フレーム塗装とタンクの縁がブーツで擦れ、もう剥がれてきています。まあ仕方ないのですがね。

 乗って上下動してみるが、結構硬い・・・。 始めは硬いとのコサカさんのコメントもあり、まあ新しいと言うこともあるので、実際にセクションを走ってみて、様子を観ましょう。

TLR200、ついにリアショックオイル漏れの巻

 日曜日、K沢へ。 何だ? リアの挙動がおかしい。 リアショックを観るとオイル漏れ発見。きょうはソローリと練習か、と言うことですぐにSヶ島へ移動。

 トコトコと川沿いの小道をのんびり走る。 今日の朝日も綺麗だ。

 第1、第2,第3と練習続けるが、底着き始めたので早めに帰路につく。 さて、リアショックをどうしよう? すでに純正の製造は終了しています・・・。

①中古品を調達。 ②ショップに出して再生。 ②代替え品購入。

ちょっと検討です。