月別アーカイブ: 2020年12月

TLRで行くはずが・・・の巻

 日曜日、TLRでK沢へ。と思ったのですが、ヘッドライトとニュートラルランプが点きません。 出かける間際なので、原因究明は後にして、TL125でツートラ風となりました。 

 薄暗がりの中、日曜組は早いです。もう2人来ていました。 小一時間でSヶ島へ移動。

 今日も鉄塔でパチリ。 なかなか良いですね。

 さて、第1練習場の新しいセクションをビデオ撮りする。 2段の丸太越えです。 問題の①は1段目の丸太の上にある三角石、②は2段目の後のえぐりです。

 先ずはフロントを三角石の右側を通るように丸太に載せます。

 リアを三角石の右側に持っていかないと、2段目にフロントを当てるときビギナーは必ず滑ります。 私2回滑りました。 ここ、右側に木の根っこが張ってるので、ビギナーには結構タイトラインなんです。

 2段目の二度吹かし目を強くし、

リアを丸太に当てます。

 弱いと亀の子になります。また、前方に木が有るので即左ターンを意識します。

 2段目丸太向こう下がえぐれているので、躊躇するとリアがはまります。

 何とかクリーンです。

みかん収穫(つまみ食い)の巻

 今年もミカンが6個ほど成った。 貴重なミカンだが、ちょっと食べてみたくなり、1ついただく。

 まだちょっと早かったかな? の色合い。

 酸味と甘さがほど良く、味が濃いです。 これは美味い! ただ、温州ミカンの苗木として植えたのですが、ミカンとオレンジの掛け合わせのような、面白い食感です。 柚も9割方黄色に染まり、明けたら収穫、柚ポン酢作りとなります。

防寒手袋着けてツートラ風の巻

 木曜日お休みで、TL125ツートラ風となりました。 K沢はまだ暗くて、ちと早すぎました。明るくなるまでストレッチ運動をする。

 冬場は手の冷たさが尋常ではないので、今回から防寒手袋を使用しました。 バッテリー電熱タイプです。 これなかなか良いですね。 スイッチ類の操作性も別段問題は感じませんでした。これはランドナーにも充分使えると思います。 ただ、バッテリー容量、取説通りか分からないですね・・・。

 きょうはSヶ島第3でビデオを撮るので、早めに移動。 いつもの鉄塔で写真、複雑なトーンです。

 まずは第1で新しいセクションを設定して練習、次回は行けそうな気がします。 

 第3でビデを撮りましたが、次の機会に編集し、載せます。

TLR200、キャブレター洗浄の巻

左:PD22    右:PW22

 前回のツートラ風練習では調子がとても良かったのですが、帰路、アイドリングがほんの少し不安定、もしかしたらスロージェットかな? 

 それではと、洗浄してあるオリジナルのPW22に戻そうと、装着してエンジン掛けるも掛かりません。 プラグを観るとガスが来ていませんでした。キャブ開けるとやはりガス無し。

 この原因は後で突き止めるとして、またPD22を装着することに。 その前に分解洗浄です。

 アイドリング不安定の原因かもしれないスロージェットは念入りに。

 そして装着、エンジン一発始動、回転良~し!  と言うことで、一件落着でした。 PW22不調原因探しは後のお楽しみとします。

日曜練習の卷

 TLR200でツートラ風日曜練習に出かけた。 K沢は日曜常連さんが2名既に来ていました。小一時間練習してSヶ島へ移動。 川沿いの小道からの送電線風景は、その日によって変化があるので、いつも写真に収めます。 

 第一練習場でゆったりと練習。

 今回の課題は、第3練習場の左タイトターンからの倒木越え左タイトターンです。 一見簡単そうに見えますが私にとってはなかなか・・・。 次回はビデオに収めようと思います。

山梨の美術館、道志キャンプの巻-その2

 道志川、樹木のグラデーション、極寒の朝ならでは、「う~ん良いな~」

 キャンプ地へ入る前に、日帰り温泉に行く。 ここも空いていてゆっくり入れました。 露天風呂も良かったのですが、ぬる目の源泉掛け流しがとても良かったな。

 夕食は定番の焼き肉。今回はラム肉の塩とタレ2種です。 野菜では長芋がお勧め。  戸外は大分冷えますが、

 寒さを想定して、足下にストーブを。

 お酒は銀山平「伝之助小屋」から直送の純米吟醸。

 大分冷え込んできたので、片付けをして車中へ移動。

ちょっと眠そうだが、幸せそうな顔

  持参の煮豚炙りポン酢とチーズの味噌漬け。ハイボールを作っておいたのですが(一晩か半日ほど寝かせた方がまろやか)忘れてしまい、紅茶用のスコッチをロックで。が、眠気が襲って早じまい、20時前には就寝となりました。 夜中起きると、夜空は星だらけ。 冬キャンプならではです。

 朝は極冷え、水たまりは凍っていました。 前日の山中湖は零下12度とのこと。 が、朝一番の珈琲は美味いね。

 火器はイワタニの戸外兼用コンロを使っています。料理によって異なるグリルが使えるので、車内固定型より使い勝手が良いと思います。冬場戸外はカートリッジの充填内容を考えないと、火力に影響しますね。この辺の充填については自己責任ですが。

 朝食も定番です。

 キャンプ場を8時頃に出発、帰路につく。 本当は河口湖の与勇輝ミュージアムに行く予定もあったのですが、木曜は休館日で、次の機会となりました。 長野県飯山市の高橋まゆみ人形館へは2回ほど行っているので、是非与さんの人形も観たいと思っていました。

山梨の美術館、道志キャンプの巻-その1

 木金とお休みで、家人と山梨へ出かける。 まずは県立美術館、文学館です。

 今回で2回目ですが、空いていたこともあり、前回よりじっくり、2時間半ほどかけて観ることができました。 何と言ってもミレーの絵、農民の働く姿、風景、素晴らしく、来て良かったと思います。

 栗田宏一と須田悦弘の特別展も。

須田宏一の作品(木彫刻)-1

須田宏一の作品(空間・光・木彫刻)-2

 すごい数の収集ポイント。

作品-1
作品-2
作品-3

 圧倒的な収集数です。グラデーションも素晴らしい。 感動します。

 文学館では主に太宰治、芥川龍之介、武田泰淳を観る。 そして、お目当ての館内茶房の信玄ソフト、今回は林真理子のイラスト付きの菓子が載っていました。

 さて、次に太宰治ゆかりの旧道御坂峠の茶屋へ行こうと思いましたが、冬期通行止めで残念でした。 そして山中湖経由で道志のキャンプ地へ行く。                   続く。

昨日の夕食の巻

 有言実行、ツートラ中の献立を作りました。 ①カブ・人参・キャベツ・チェリソの煮物。 あっさり味付けです。 実に簡単。 スープはチキンブイヨン(パルシステム)、クレージーソルトです。チェリソから出汁が結構出ます。

 ほうれん草とベーコンのポン酢炒め。 ミリン少々加えます。

 味噌漬け鳥もも肉のロースト。 最初低温、後半高温でローストします。 特製味噌は既報です。

 大変美味しくいただきました。 さわらびのアウトドア教室でも、美味しく、出来るだけ簡単にできる料理を心がけています。

TLR200ツートラ風、朝の風景の巻

 平日のK沢へ行く。 雲のトーンに微妙な美しさがあり、写真に収める。

 いろいろ手を加えたTLRは絶好調です。 乗り手の問題はありますがね・・・。  小一時間練習してSヶ島へ移動。

 第4練習場から第1までツートラ。 ナンバーがあると公道が使えるので便利です。 現在第1は離れ小島で、公道に一旦出ないと入れません。

 さてさて、帰路のタイヤに空気を充填しながら、夕食の内容を考える。 ①カブ・人参・キャベツ・チェリソの煮込み、②ほうれん草とベーコン少々のポン酢炒め、③味噌漬けチキンロースト、かな。

真砂和えの巻

 日曜日夕食、真砂和え(まさごあえ)を作りました。 これは20年以上前、京都亀岡にトライアルで年一回通っていた頃、丸太町のおばんざいの店で美味しくいただいた記憶があり、それから真似して作っております。

 真砂のお相手はシラタキ、これがシンプルで一番!

 今回の真砂、魚卵は辛子明太子。 1kg激安で調達していた物を解凍してね。皿のお汁も全部使います。

 鍋にシラタキを入れ、酒を投入、次に明太子を。 塩少々、醤油少々で出来上がりです。(作り方は自己流ですよ)

 トライアル練習後の夕食は楽しみなんです。 ほうれん草とチェリソの強火炒め物(ごま油・醤油味)。

 マグロあら、血あいショウガさらっと煮付け。 揚げ出し豆腐。 日本酒が合いますね。 昭和の居酒屋さんでしょ。