月別アーカイブ: 2020年3月

休校中のさわらび調理教室その2の巻

道 具

 調理教室2日目はクッカー炊飯です。 アウトドア教室で使っている「スイスアーミークッカー」で各自が。 味噌汁はプリムス・グラヴィティと四角クッカーで作りますよ。

炊飯-1

 お米を1合ずつ入れます。

炊飯-2

 水をくびれまで入れます。

アルミ蓋

 アルミホイルで蓋を作ります。

薬 味

 納豆用のネギを刻みます。

炊飯-3

 潤かした米を炊きます。 火力は固形燃料25gです。 本来はアウトドアフィールドで、枝を集めて使う物なのですね。 携帯時にはこの本体にアルミ水筒が入ります。

味噌入れ

 お兄ちゃんが味噌入れ。 具はワカメと薬味の残りネギです。出汁は生協の出汁パックですよ

炊飯-4

 吹いたらカップを上に上げ、弱火にします。 火が消えかかったら元に戻し蒸します。

炊飯-5

  そして炊飯出来上がり。上手く出来ました。

いただきます

 生徒は鶏そぼろ、お兄ちゃんは納豆と卵。

完 食

 2人ともよく食べました。 次回はほうとう風煮込みうどんですよ。

柚ポン酢作りの巻

柚の木

 今年の柚は不作でした。 小粒で数も随分少なかったです。

全収穫

 バケツ一杯分しかありませんでした。 この量ですとポン酢が良いでしょう、と言うことで早速作業です。

絞り

 半分に切って、握力筋トレで絞ります。 収穫は雨の翌日に決めているので、洗いません。

寝かせ

 柚が630cc程でしたので、同量の醤油と150ccのミリンをボールに入れます。混合出汁と昆布を入れて3日間冷蔵庫で寝かせました。 これをもう一回漉して熱湯消毒した容器に入れ、出来上がりです。

休校中の工作教室、鹿角ルアー作りの巻

鹿 角

 昨年、芦ノ湖でのトローリング教室でコーホーサーモン等釣り上げた中学生のリュウ君、今年は自分で作った鹿角ルアーで挑戦することになりました。

図 案

 休校中と言うこともあり、この期間に作ることになりました。 じ~じの自作品や既製品を観て、細長いのに決めたようです。

角先切り
寸法詰め
糸 鋸
荒研ぎ

 いろいろな道具を使ってみました。

初日終了

 あと2日で仕上げていきます。 初日は上出来でしたよ。

TL125、スキッドプレート交換の巻

中古のTLR200用プレート

 先日のオイル交換で、フィールドトリッパーのエンジンガード(スキッドプレート)がペラペラで、トライアルには不向きなことは既報しました。

上:純正 下:TLR200用

 フィールドトリッパーでは、トライアルやるぞー! を想定していなかったのでしょうね。 ネットでTLR200用の厚い物を探しましたらありました。それも結構お安いのがね。

 比べると一目瞭然です。 

完 了

 取り付けはプレート後部を少し曲げて、難なく付きました。 良かった!

TLR200、リアブレーキペダル調整の巻

調整後

 TLR200のリアブレーキペダルが中側に引っ込んでしまい、踏み外すことが出てきたので、調整しました。

調整前

 三角部分がやっと顔を出している状態。

外す

 
 ペダルは外して外側に曲げ直す。 取り付け部が結構汚れていたので、ついでに洗浄、グリスアップしました。 

調整後-2

 で、調整終了です。

チビ孫君、リアシート・デビューの巻

到 着

 チビ孫君、フロントシートが小さくなり、リアシート・デビューとなりました。

タオル・ワイパー

 曇ったらタオル・ワイパー稼働・・・。

元気!

 日曜日、雨で退屈、遊びに来ました。

チーズフォンデュ

 お昼はチーズフォンデュです。 いただきま~す。

休校中のさわらび調理教室の巻

道具

 さわらび教室に通う小学中学年の生徒さん、突然の休校で時間をもてあましてしまいます。 そこで少しでもお役に立てばと、調理教室を開くことになりました。ついでに中学生のお兄ちゃんも一緒にね。

説明

 今回はホットサンドと焼き芋です。 まずはいつものように消毒、そして説明に入ります。

 この教室では運営当初から入室前の消毒、1件終了毎に室内アルコール消毒清掃を行っていますよ。

パンの耳切

 レジュメに沿って進めていきます。 休校中、昼ご飯を作っているお兄ちゃんに見守られながら。 お兄ちゃんから「左手はたまごね」のアドバイス。

キュウリ切り
好みの味

 さあ焼くぞ!

1枚目出来上がり

 「美味い!」

焼き芋

 燕三条で調達してきた蒸し焼き器、なかなか優れもので、短時間で美味しくできましたよ。 これは父母へのお土産ですね。と言いながら、結構美味しいので、じ~じ一番細いのいただきました、てへ・・・。

 さて、次回はスイスアーミークッカーでご飯炊き、味噌汁も作りま~す。

※火器はプリムス・グラヴィティとキャンガス・RANDOでしたが、焼き芋は強火が良いのでキャンガスからコールマン・ピーク1に換えました。

TLR200でツートラ風、が、ガス欠の巻

毎度のK沢の朝

 華金練習はTLR200公道仕様でツートラ風となりました。

K沢-2

 今回は公道を走るので、フロントスプロケットを10Tから11Tにしてきました。セクションを想定して練習しましたが、11でも大丈夫でしたね。

河畔にて

 Sヶ島へ移動。 第一練習場でビデオを撮る。

フロント載せ

 3段段差越えの練習です。 これはフロント上げ・伸び・リア当て・抜重のタイミングが大切なようです。 まずはフロントを載せます。

伸び

 リアが当たる直前に伸び。

抜重

 当たったら抜重。

2段目載せ

 繰り返しなので、タイミングが遅れないようにします。

2段目抜重
3段目伸び
3段目抜重
終了

 アクセルは2度ぶかし。フロントを載せるときとリアを当てるときです。 これらの基本練習をじっくり。 

第4練習場

 場所を移動し少し復習。  お~ 良い練習ができたと、帰路に。

 事件発生!!   125では40km/L近く走るのですが、200ではそうはいきません。 教室近くでエンスト、ガス欠です。 ガソリンスタンドまで400mほど押し歩き、裏道を通って目立たないようにね・・・・・。

 ※ TLR200は24km/L ほどでした。 ノーマル13Tだともっと走るのでしょうね。

自走ツートラ風練習行、エンジンオイル交換の巻

K沢の朝

 5時起床、6時出発、K沢へ向かう。 ミシュラン小僧状態でも結構寒い、が、気持ちよいのですよ。

TLM50と

 今朝は関東選手権のある日で、K沢は常連さん1人だけでした。 少し練習してSヶ島へ移動。

景色良し!

 Sヶ島の空、もう春なんですね。

試乗

 駐車帯で仲間と少しおしゃべり、TL125フィールドトリッパーの試乗も。 その後周辺を回りましたが、上流域は随分と河川敷の樹木が切られ、平地化されていました。 これからどうなるんでしょう?・・・。 さて、随分と走ったのでそろそろ帰路につく。 

 いつものGSで給油、83km走行・2L、トライアルをしつつの走行ではやはり50km/Lは無理でした。が、まあまあ。

TL125のオイル交換

 教室に着いてから、2台のオイル交換です。 まずは125、ビックリしましたが、スキッドプレートが薄っぺら、これは後日交換です。が、今は余裕がないのでエンジンとの間に詰め物をしておきました。 途中ご近所のコミさん(RTL260所有)来所、近々TLR200を調達するとのこと。しばしバイク談義。

TLR200のオイル交換

 2台どちらもホンダのG2オイルを入れました。

 次回も自走でツートラ風草トラ練習としようかな。