月別アーカイブ: 2019年6月

醍醐寺、上醍醐を歩くの巻

上醍醐登山口

 前日は琵琶鱒トローリング転じ、浅井長政の居城「小谷城」を歩くことになりました。 こうなったらまた山歩きだ! で、世界遺産・京都伏見「醍醐寺」を訪ねることに。

国宝 三宝院
三宝院庭園 秀吉の基本設計と言われる
国宝 唐門

 まずは三宝院を観覧して、下醍醐の伽藍へ。

国宝 金堂
国宝 五重塔
弁天堂

 下醍醐伽藍エリアを抜け、上醍醐の登山口へ。

成心院建立の趣意板

 上醍醐への道は険しいので、このお堂の参拝で登らなくても良いですよ、との意味。

お堂向かいの弥勒菩薩様

 登山口で入山料を払い、竹の杖をお借りし、両ストック仕様でいざ歩かん。

不動滝
なかなかの雰囲気

 結構歩いて不動滝へ。 ここまで来たら登るしかないね。  下りてくる方々、登山の出で立ち七割。 ウォーキングシューズだと底が柔らかすぎて一寸きつい。

略史

 コースタイムオーバーで何とか尾根まで登ると、そこからは比較的平坦な道となりました。

国宝 薬師堂

 山上に良くこのような建物を建てたなあと、感心するばかり。

如意輪堂説明板
重文 如意輪堂
開山堂説明板
重文 開山堂
山頂に着く

 この日も膝サポーターをしてなかったのですが、両ストックのおかげで何とか登れました。

秀吉 花見の場
疲れた表情

 こんな格好で歩いてました。 計画性がない・・・登山仕様が良かったな・・・・・。 

琵琶湖の夕日

 今回は釣りから山歩きの旅となりましたが、これもまた楽しいハプニング、だね。

琵琶鱒釣り(レイトロ)のはずが・・・の巻

小谷城跡絵図

 今年も琵琶鱒釣り(トローリング)に出かけることになりました。が、何故か織田信長によって滅ぼされた浅井長政の居城「小谷城」へ、??

番所絵図

 この城跡へは以前から足を運びたいと思っていました。


御馬屋絵図
馬洗池

 まだ石積みの池が残っていました。


本丸絵図
本丸跡から大広間を望む

 結構この城は歩くのですよ。 まだ続きます。



小丸・京極丸絵図

 この地で浅井長政の先代 久政は亡くなったのですね。


山王丸絵図

 この山王丸がこの山城の詰めだったとのこと。

最高峰の大嶽城趾へ

 清水谷への下りから最高峰の大嶽城趾へ向かおうと思いましたが、左膝が悲鳴を上げだしたので引き返すことに。サポーターをしてくれば良かったな・・・。


 清水谷から攻め込み、浅井勢を分断した秀吉、長政は織田本隊の攻撃で本丸に戻れず最期の地へ。

赤尾屋敷絵図

本丸に一番近い赤尾屋敷。



 浅井長政はこの赤尾屋敷で自刃したのですね。

小谷城跡からの琵琶湖竹生島を望む

 早朝からお城に入ったので、静かな山旅となりました。さて、釣りは?

毎年船を借りているボート屋さんのスロープ

 実は、天気が雨・雷の予報もあって、ギリギリまで予約を取らず、雨無しの予報で前日に電話。 が、甘くいない。 6月いっぱいで禁漁になることから、レンタル船全く無し!  で、小谷城跡散策となりました。 

琵琶鱒

 と言うことで、釣果は写真になりましたとさ。   あ~あ、続く。

TLR200、エンジン戻り回転治るの巻

早朝のK沢

 TLR200、エンジン回転の戻りが遅い原因、やはりエア吸いでした。

PD22キャブ

 キャブレター旧PW22、新PD22両方とも同じ症状だったので、これはインシュレーターでのエア吸いだ。と言うことで、キャブからインシュレーターを外しキャブ側のOリングを観る。すると微妙ですが、その太さが、それを納めるホール深さとほぼ同じだったのです。純正品なんですがね・・・。

左:水道用パッキン 右:Oリング

 平形で薄い水道用ゴムパッキンがあったので、ホールに合わせるとピッタリ! キャブ側なので、高温にはならないと思うので、何とか保って欲しいですね。

2つを重ねる

 この2つを重ねて、エア吸いを無くすことに。

インシュレーター装着

 キャブを再度バラして掃除、しっかりと組み直す。 インシュレーターとエンジンヘッド合わせ面は以前の記事で治しているので、さてエンジン始動、・・・はい、戻りは良いようです。

K沢1人

 平日午前が空いたので、K沢で調子確認、はい、これも良いようです。

 良かった! 

八千穂・蓼科高原行の巻その2

白樺群生林

 駒出池キャンプ場、早朝起床。 朝食をいただき、ゴミの整理をして近くの白樺群生林へ。  まだツツジが咲いていて、とても素敵な景色でした。 多くのカメラマンが撮影に来ていましたよ。

茅野美術館

 

 さて、麦草峠を越え、茅野市の美術館へ。 地元ゆかりの芸術家の絵画と彫刻を見る。

茅野駅

 美術館繋がりの茅野駅改札口、次女家族と待ち合わせ、合流。 チビ孫君初の「スーパーあずさ」でした。

チュルチュルが上手です

 近くのバーミアンで昼食。

諏訪湖遊覧船

 チビ孫君、これまた初の遊覧船、興味津々。

ペンション・シャローム

 定宿の東急リゾート内ペンション・シャロームへ。若家族は散歩。

花-1

 庭には花々。

花-2

 可憐に咲いています。

風呂上がり
夕食のお供

 このイタリア・ワイン、父ちゃんバンド合宿で美味しくいただいた物、今回も。

ニンジンのスープ
鯛の蒸し物
チキンの赤ワイン煮

 夕食はいつも美味しくいただきます。

シャローム夜景

 婿さんと「子育て」「父親」などの話をしたり、楽しい時間を過ごし、早めの就寝となりました。

朝食

 翌日は漬け物の松尾屋さん、釜飯のオギノ屋さんに寄って、帰路につきました。 おわり。

八千穂・蓼科高原行の巻

山梨県立文学館

 家人と八千穂高原へ。 途中寄り道して、山梨県立文学館「太宰治展」を観る。太宰治の小説はあまり興味はないのですが、しかし、一個の人物としては特異な生涯を送っていますよね。甲府と太宰の繋がりはこれまであまり知ることはなかったのですが、今回の展示を見て、この地での結婚生活、婦人の存在が太宰の作品をきちんと整理した形で世に残すことになった。そんなことを知る機会になりました。昨年、北海道ニセコの有島記念館へ行ったときも女性との心中、何故かな? 今回もいろいろ考えさせられました。

信玄餅ソフト

 2時間以上じっくり回ったので、ソフトクリームで休憩。なかなか美味しかったですよ。

県立美術館

 次はお隣の美術館へ。 ミレーの作品、都心での展示だったら確実満員の所、独占状態でゆっくり鑑賞できました。 幸せだな・・・。

ざるそば

 お昼を食べて、松原湖へ。 この地へ行ったのは、中央大学の合唱サークル合宿へ、OBで指導に行った時以来かな。

松原湖・バックは八ヶ岳の横岳・硫黄岳

 合宿所は一周歩きましたが、思い出せませんでした。

へら鮒釣り師

 冬はワカサギ、夏はへら鮒ですかね。 へら釣りはもう30年以上やってませんね。

八峰の湯

 夕刻になってしまい、奥山土牛美術館は後日の楽しみにし、松原湖上の八峰の湯へ。

駒出池キャンプ場

 そして宿泊地の八千穂高原駒出池へ。 泊まり客は他に2組、静かです。

バーベキュー

 今回は牛肉の自家製たれ漬けと豚肉のレモン塩風味です。 長芋の塩は欠かせません。

ご機嫌

 ビールの後はお酒をいただく。

オートキャンプ区

 あまり人工的でなく、なかなか自然を良く残しているキャンプ場ですね。

良い雰囲気です。

 場内を歩いてパチリ。 池畔にポツンと一張り、若いカップルでした。

静かな池

 ここは数年前にCC110のキャンピングで立ち寄ったことがありますが、秋の紅葉期は最高です。

車内で二次会

 冷えてきたので、車内で焼酎をいただく、そして雨になる。

 蓼科編は次回へ続く。

TLR200,エンジン回転の戻りが遅い? の巻

インシュレーターの突起

 TLR200、以前からエンジン回転の戻りが遅いときがあり、どうしてなのか? 新(PD22)旧(PW22)2つのキャブは結構バラして問題はないとは思いますので、では?                            で、余分なエア吸いがある可能性、と言うことで、インシュレーターの方をよく見ると、固着した突起(写真上部)を含め、汚い・・・。

突起

 中古購入品ですが、何回かはバラしているので、私の責任です。

磨く

 突起を削り、きれいにしました。

セットする
エンジン始動

 そしてキック一発エンジン始動。 以前より良いようです。が、まだ完璧ではないので、これからもいろいろ調べてみることにします。手間が掛かりますね・・・・・。

TLR200、前後フェンダー再塗装の巻

早朝のK沢で、再塗装後

 純正赤フロントフェンダーの先割れ破損で、仕方なく(価格の関係)白にしましたが、どうせならと、赤テープや白塗装でフェンダーに白ストライブを入れました。

以前の仕様

 本人は洒落たつもりだったのですがね・・・。

再塗装後-2

 白塗装が今一つ、赤テープが汚くなってきたので、再塗装してオレンジレッドの以前バージョンに戻すことにしました。

「ストレートオン」誌

 トライアル専門誌「ストレートオン」5月号に私のTLR200が、びっくリポン、6ページに渡って紹介されていますが、やはりその時のオレンジレッド単色が一番落ち着きます。

リアの塗装剥離
オレンジレッド

 まずはプライマー(下塗り処理)をかけ、オレンジレッド、クリアーの順に塗っていきます。

フロント

 フロント白フェンダー、汚れ落としをしっかり行い、同じ順序で塗っていきます。

セットする

 なかなか良い感じです。

K沢から帰路

 華金で早朝K沢へ行きましたが、午前中から雨の予報があり、これまでの復習と再塗装後の写真を何枚か撮り、1時間くらいで帰路につく。 帰宅後洗車終了したら丁度降雨となりました。

蕗味噌作りの巻

蕗味噌

 魚沼で採った蕗の薹、蕗味噌にしてみました。

水にさらす

 あく抜きのため、水にさらします。

味噌調合

 2種類の味噌とお酒、ミリン、三温糖で味噌だれを作る。

刻む

 蕗の薹を粗く刻みます。

炒める

ごま油で炒めます。 醤油は隠し味。

味噌だれを投入

 蕗の薹がしなってきたら、味噌だれを入れる。 そして、表の写真、出来上がりです。

野蕗

 雑草のように生えている蕗、誰も採りませんが、私は大好きなので、2食分ほど採ってきました。

水にさらす

 皮をむき、切って水にさらします。

炊く

 だし汁で炊きます。 山椒と鰹節は欠かせませんよ。

蕗の炊きあげ

 これ結構美味しいんですよ。

玉こんにゃく

 それから、群馬県のSAで購入した玉こんにゃく、煮てみました。四角いのは出汁昆布です。 今夕は自然食で何だか嬉しいですね。

追記 先ほど長女夫婦から父の日の贈り物が届いた。嬉しいね。今夜飲み過ぎないように・・・・・。

福島お酒セット

銀山湖、雪代の林 の巻

銀山湖、馬の背へ流す

 今季初の銀山湖レイトロへ行ってきました。

荒沢岳と越後駒ヶ岳

 半日ちょっと流しましたが、アタリ全くなし。 釣果は木の枝2本・・・。

燧ヶ岳

 こう言うときは、美しい山々の写真を撮るのが一番ですね。 只見川本流を行くと百名山・燧ヶ岳。

荒沢岳

 荒沢岳は特徴のある山容、二百名山ですね。

越後駒ヶ岳

 北ノ又川を下流へ下がると越後の主峰、百名山・駒ヶ岳。

平ヶ岳

 中の岐川へ入ると百名山・平ヶ岳。 これまで登った中で一番好きな山、苦労しましたからね。

雪代が何本も筋を作る林

 翌日は閉鎖道を登り、雪代が幾筋も流れる林を歩く。

荒沢岳

 早朝は晴れていたので気持ちが良い。

立ち上がる木々-1

 ここは豪雪地帯、木々も大変です。 雪の重みで大地に木影を刻んでいます。

立ち上がる木々-2

 春になり、さあ行くぞ! そんなパワーを感じます。

ゼンマイ
コゴミ
時期が少し遅かった蕗の薹

 いろんな山菜が芽吹いています。

 今回は少し時期が遅かったのですが、蕗の薹と野蕗を摘んで帰路につく。自然に感謝。