月別アーカイブ: 2019年3月

3月個別指導受けるの巻

神澤不動尊のサクラ

久しぶりの個別指導を受けに早朝出かける。

誰も居ない駐車帯

まずはSヶ島へ。  3箇所の練習場で課題セクションの復習。

B師匠

そしてK沢へ移動すると、すぐにB師匠が来てくれました。今年72歳になるとのこと、私も頑張らなくては。

セクションイン。左に曲がって右へ。

少し登って、また登り、左へのタイトターン。

最初はここで足つき1点でした。

緩く右ターンして、段差越え。ここのライン取りを間違えていました。

少し手前のラインを行けば段差はなくそのままスムーズに登ることができます。

ゆっくり右ターンしながら登ります。

頂点からゆっくり下りてアウトです。

次の課題は、奥側の登りではなく、手前の小ステアを登ってからのタイトターンです。     始めはお恥ずかしい、真っ直ぐ突っ込んでいました。が、意外に早くできるようになりましたよ。         ホッ、でした。

TLR200,サイドスタンド交換の巻

スタンド交換したTLR

 TLR200のサイドスタンドを交換しました。

アベ精工のスタンド(写真はHPから拝借)

 これまでノーマルの鉄製を装着していましたが、可動部が変形し、左足での上げ下げにストレスを感じていました。外して叩いて治しを試みましたが上手くいかず、あきらめました。    で、2社から選択。 結論はお安い方と決めました。

良い感じに装着

装着してみると、とても安定感があり びっくり! 上げ下げも容易です。          換えて良かった!

さわらびアウトドア教室、公魚釣り、そして方法の巻


春の富士

 さわらびアウトドア教室で山中湖へ行ってきました。ワカサギ釣りです。

しゅうすい屋第三幸運丸

 いつものしゅうすい屋さんにお世話になる。

じ~じとリュウ君

 今回は教室生のリュウ君と出かける。

穂先に集中するリュウ君

 出かける前に予習をしていたので、淡々と。                      が、結構釣れ出すと気分も高揚、元気な声が出るようになりました。

やったぜ!

 前日の釣果は60匹台で、これは難しいかなと思っていました。で、当初50匹目標で始めましたが、60匹に上がり、結局釣果は71匹。船内では釣れている方でした。こちらの指示を良く理解し、釣果を上げていったのですね、すごい!

 で、じ~じは? それは先生ですので、131匹でしたよ。オッホン・・・。

渡船で贅沢なバック

 集中力維持や明日のことを考え、早めの納竿。 渡船で桟橋へ。

釣果を持って記念撮影

 リュウ君、202匹のワカサギをルンルンで持って帰りました。また来年も行こうね。

天気は最高でした

 ワカサギ釣りは、ヘラブナ釣りのように奥が深く、大の大人がはまってしまう面白くて、楽しい釣りです。しかし、子どもから大人まで楽しめる釣りでもあるんですね。ここで、子どもたちに対しての導入法を考えてみましょう。

①道具 今は一般的になった電動リールが良いでしょう。ダイワのマウス型がシンプルで、トラブルもなく使いやすいですね。仕掛けはハリ数の多いものはトラブルの元なので、私は自作の5本(4本でも良い)ハリに錘横出し1本、計6本ハリの仕掛けを使っています。錘横出しはこの時期は底中心の釣りなので初心者でもお勧めです。また釣りやすいようにリール置き台、魚の針外しフック(今回は船内設置だった)も有った方が良いでしょう。それから、紅サシを触るのを嫌がる子もいるので、専用ピンセットもあった方が良いですね。

②餌 紅サシ・白サシ・赤虫・ラビット等結構有るんですが、初心者には紅サシが一番。私もこれを使っています。平なお尻側にハリを付け、まずはこれで釣り開始。餌付けも慣れてきたら、半切り。紅サシを半分に切ることです。これは中身の汁が集魚効果があると言われていますのでね。

③ルーティーン ワカサギ釣りには初心者向けに大事なそれがいくつかあります。1つめは「誘い」、中ぐらい・大きく・細かく、その回数と喰わせる間(電動リールを台に置きアタリを待つ)を予習しておきます。2つめは「合わせ」、どうしてもアタリがあったときに巻いてしまう子が多いので、しっかりフックさせるようにします。3つめは「きき」、ワカサギがきちんと喰っているかを確かめるために穂先を上げた状態で掛かっているかを確かめます。またこの行為が追い食いを誘ってダブル・トリプルになることもあります。4つめは「巻き」、巻いているときはテンションをかけ続ける必要があります。途中で止めるとバラすことがあります。5つめは「はずし」、ハシャガず・慌てずに容器の上に仕掛けを持ってきて、ハリス元を持って魚外しに掛けます。しかしこの時、魚にハリが掛かる場所によって上手く外れない場合もあり、その時は無理に引っ張らず、魚を手で持ち慌てずにはずすようにします。また、指導者やリーダーが始めは外して上げても良いですね。

④トラブル回避 大きなトラブルはお祭りです。これは仕掛けが絡むことです。自分の仕掛けが絡む手前祭りと、他の方とのお祭りがあります。他者とのトラブル回避は錘を重めにセットし、船が流れ・仕掛けが流れてもなるべく真下に仕掛けが来るようにすることです。重要なのは底を切る、つまり錘が底に着かないようにセットしてあげることです。ですから初心者にはふかせ釣りは禁物です。また手前祭り回避は、仕掛けをなるべく真っ直ぐに保ち、餌を付けたり、魚を外したりすることです。ドーム船によっては仕掛けを吊すフックが掛かっているので、それを使うのも良いでしょう。ただし、逆V型に仕掛けが来るようにセットし、くれぐれもI型にくっつかないようにすることですね。洋服へのハリ掛かりはとっても面倒なので、すぐに取れないときはハリスを切り、針先側からくぐらせればすぐに取れます。子どもに対してトラブルが起きたときに絶対に怒らないことです。初心者にトラブルはつきものなので、これはとても重要なことです。「あ、これは絡むな」と思ったら、すぐにアドバイスをしてあげることです。そして、起こってしまったら、安心感オーラを出してあげ、落ち着いて対処してあげることですね。

⑤集中力 初心者が最初から最後まで集中を保つのは無理です。1つめに重要なことは設定時間を少なめにする。2つめはおやつタイムや、昼食タイムで気分転換。トイレタイムや軽運動でリフレッシュ、これが大切です。また、指示通りの行為や釣れたときには褒めてあげることですね。気分が良くなりますよ。

以上、基本的なことを記述しました。参考にしてください。

後日、写真入りでブログに載せてみたいと思います。

 教室生以外でもガイドしていますので、ご要望があればHP(じ~じのさわらび教室)からご連絡ください。


TLR200,Fスプロケ試すの巻

調達したFスプロケ10T

 前回、フロントのスプロケを11Tにしましたが、不良品リアショックの為に中途半端で帰ることになってしまいました。 で、日曜日早朝出かけることに。

K沢で試走

 K沢へ着き、11Tの具合を観る。 クラッチミートは良いのですが、クラッチ使わずではやはりちょっときついかな・・・?   それではと1つ落とした10Tに交換、これはなかなか良いようで、クラッチ使っても使わなくてもすんなりです。

バイアルスのモリモリさん

 そうこうしているうちに日曜日組の方々が集まり始めました。 セクションを作って練習。  私も仲間に入れてもらう。1回クリーンできたので、いつも通りSヶ島へ移動。

へら釣り場をバックに

 Sヶ島では3箇所周り、課題のセクション練習を行う。10Tはなかなか良いようです。

 余談ですが、ベースに戻ったとき、携帯がありません。練習した場所を探しても無し。困った!初めてです。 再びベースに戻り車内を調べるとセンターコンソールの横に落ちていました。  あ~あ、情けなや~。      でした。

 

Fサス・インナーできあがる の巻

K沢へサスペンションの具合を確かめに行く

 Fサス・インナーができあがったとの連絡があり、取りに行きました。組み上げはアワーズ和田さんにやってもらう。


 きれいに処理してあります。写真はちょっと汚れが付いてました(きれいに拭き取れば良かった・・・)。


 持ち帰り、セットする。なかなか良いですね。写真右のワイヤーガイドも他車の物を流用して、


ホワイトを2つセットする。上部の方は取り付け部を半分カットする。


K沢でサスの具合を見るが、もちろんフロントは良かったのですが、リアはスカスカで少し踏ん張っただけで底打ちしてしまいました。


 サスとマフラー-が、沈んだ時、ちょっと分かりづらいですが、赤丸の部分で当たってしまいます。インターネット購入では初めての不良品、まああきらめましょう。で、すぐに帰路に付き、サスを元に戻す作業。


ハイ、元に戻しました。



この公道仕様で、今年もイーハトーブに行きましょう!

TLR200いろいろ改良の巻

 TLR200のフロントフォークオイル漏れが顕著になってきたので、この際思い切ってインナーの再処理をしてもらうことにしました。



 インナーは小傷だらけで、ダストシールを外すとオイルが出ているのが分かります。

 愛車CC110でアワーズさんへ持っていく。


 フロントの歯数はこれまで9T(写真)を使っていました。(これはスペーサー部がないタイプだったので、左の2つのスペーサーを付けていました。) これを11Tに交換しました。ローでターンしているときなど、クラッチ繋がりに力がかかりすぎ、ズンっと前に行きがちだったので。クラッチワークが下手なのも事実なんですが・・・。


 これは125用のサスペンションです。 程度の良い物を調達しました。車体は随分軽くなっているので、これを装着して乗り味を試してみます。

 が、インナー処理は外注なので時間がかかりそうです。早く乗りたいな・・・。

戸倉父ちゃん会「公魚釣り合宿」の巻

恒例戸倉父ちゃん会(ASD父親の会)公魚釣り合宿が行われました。             今回も山中湖のしゅうすい屋さんにお世話になる。                     山中湖の早朝は氷点下、結構寒いです。

今回は総勢8人のメンバーでした。

 

トモちゃんはマイペースで11匹、      タクちゃんは目標50匹に4匹足らずの46匹でしたが子ども竿頭でしたよ。事前に釣法研究してきたようです。

 

 

フミ君目標突破の43匹、         オーさん黙々と21匹。

 

 

おミヤさんは28匹、前回より健闘しました。   おハナさんは62匹、多点がけしてましたね。

 

釣りきちスーさんドーム船竿頭の136匹、さすがです。                   私は126匹、また負けちゃった・・・。

天気は上々、が、あまり良いと釣果は渋いんですよね。

 

さてさて、楽しい釣りも無事終了、コンビニで酒肴等調達、更に楽しい民宿宴会へ向かいます。

まだ皆さんこの時は元気です。

子どもたちも酎ハイで乾杯です。

なかなかの夕食、美味しくいただきました。

食後の乾杯!  皆さん大分くたびれています・・・・・。                 釣りきちスーさんは隣の部屋で沈没で~す。

翌朝は道の駅でお買い物、その後は温泉です。一番風呂は場内占有感があり、とても気持ちが良いですね。

 

そしてお楽しみの手打ちうどん屋さんへ。  が、何故かスーさんはカレーライス・・・?

おハナさんの納豆湯盛りうどんが美味しそうでしたね。

(山中湖の日の出)

今回も楽しい釣行となりました。 次回は盛期の11月、釣果が楽しみです。

私はと言うと、帰宅してからすぐにバンド出演のためお出かけ、忙しい1日となりました。ハイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

父ちゃんバンド出演の巻

春恒例の国分寺市主催「いずみ春の祭典」が3月2日~3日に行われました。           父ちゃんバンドも毎年参加しています。

今年はオリジナル曲ではありませんが、「ダイナミック琉球」と「慕情」の2曲を歌わせてもらいました。

私は「慕情」の編曲とボーカルを担当させてもらいました。ママバージョンのバックコーラス付きの贅沢バージョンでしたよ。                                 よろしかったら聞いてみてください。ただ、1曲目、バンマスのリードボーカルに最初照明が当たっていなかったり、音量調節の関係か私のハモリと口説が聞こえずらかったりはしましたが・・・。

こちらです 【 redirect 】。

さてさて、今週末は戸倉父ちゃん会のワカサギ釣り合宿です。その後もバンド出演があるので忙しいですね。