月別アーカイブ: 2018年10月

さわらび教室幼児用教材の巻

さわらび教室の運営はもう10年を超えました。最近は小学生のお勉強指導が多く、中学生になっても続けたいとの要望も多く、児童の状況によっては始めています。              幼児はごく少なくなりましたが、このところ使っている教材を紹介します。

楊子サシです。 これは教室開設に伴う改築の際に出た端材で作ったものです。縦型はよく見られる物ですが、斜めはあまりないと思います。

これを、平面の線画と結びつけるのです。                         もうお分かりのように、「真っ直ぐ」 と 「斜め」 です。

楊子サシを始めに行い、手振りで真っ直ぐ、斜めを大きく示します。その後に線画となります。

まあ、シンプルな教材ですが、2次元と3次元を勉強するわけですね。

 

 

 

 

ミニスモーカーの 「網」 作製の巻

先日、ホームセンターで衝動買いしてしまったミニスモーカー、一回使ってみましたが、網がやはり必要。  で、どうしようか考えました。

 

ホームセンターや百円均一ショップを眺めていると、気になったのが、アク取り網と排水用網。 アク取り網は柄がついているので、切って、サンダーでバリを取り仕上げました。

 

これでべたっと皿にくっつきませんね。

 

 

排水溝用の網は、縦に並べる物に良いかなと思います。

ふふふっ、これでまた楽しくなりますね。

 

 

 

 

 

 

 

TLR200ゼッケンプレート交換の巻

バイクショップ・アワーズさんからいただいたゼッケンプレート、何度かの転倒で傷が多くなり、交換することにしました。大きめでなかなか良かったのですが、残念です。

次はどんな物が良いか数件ショップにメールで聞いてみましたが、無難なヤマハのゼッケンプレートに決めました。20年前のTLRにも多分同じ物を付けていたような気がします。

お手製のシールと、爆笑さんからいただいた物を張ることにしました。

そのまま取り付けると、クラッチケーブルや公道用フロントライト等配線が干渉してしまうので、 少し前側に出すことにしました。また、この方が大会の時のスコアカードやペンを裏側に取り付けやすいので。

と言うことで、こうなりました。 まあまあですね。

 

 

 

一人練習コツコツの巻

日曜日仕事がお休みになり、それではと、K沢へ練習に出かける。                   一通り復習をしてからSヶ島へ移動。きょうは雲一つない晴天です。

第一練習場で復習と、倒木で様相の変わった第三に新たに自分なりセクションを作ってみました。    次回から楽しみです。                                      駐車帯に帰る途中バイアルスのモリモリさんと出会う、少しお話をして別れる。

朝の往路で多摩川を渡るときの写真です。ピントが合っていないのと、チャンスが少し過ぎてしまっていますが、富士山がきれいなので撮りました。

教室に戻ってから、TLRの洗車と、ちょっと早め、ハイエースキャンパーのタイヤ交換です。  後日北国へ行く予定で、寒波が来ると峠は雪だそうです。

 

 

 

フロント振りターンの巻

華の金曜日だが天気は今一つ、早朝様子を見て、行くべし! となりました。

Sヶ島の駐車帯、誰も居ません。                             用意して第一練習場へ。 ターンの練習するも、身体が硬く、あれれ・・・。

第二練習場へ行くと、様変わりの状況。                          ターン練習で使っていた木が倒れてしまい、幅が広くなった場所に4駆の轍、あらら・・・。

第三練習場にも倒木、先々週の台風の影響でしょうね。ありゃりゃ。

K沢に移動、もうB師匠は来ていました。                          今回の課題はフロント振りターン、石に当てて振る方法です。技術的にどうのこうのより数行って慣れてくださいとのこと。

次は緩やかな石の傾斜にフロントをのせ、左に振るというもの。

クリーンは出来ましたが、振るときのステップ加重がきちんと出来ていないので、中途半端な感じでした。

師匠、いつもありがとうございます。 練習します!!

 

 

 

 

メッツカップ第3戦出場の巻

まずは参加者記念写真。

トライアルクラブ・メッツ主催のメッツカップ第3戦に行ってきました。            場所は茨城県真壁、70名余りの参加者、心配された雨も上がり、良いコンディションとなりました。

 

メッツ系の大会でいつもご一緒させてもらっている池田さん、今回もです。

Sヶ島のYさんも参加していました。

 

 

 

10セクション、2ラップの戦いです。      セクションへ行くまでのコースが一部ガレ場があり、下りはちょっとビクビク・・・。

セクショントライ中の写真は撮れませんでした。 残念!

 

 

 

池田さんの仲間と一緒に楽しい時間を過ごすことが出来ました。リーダーの堀江さん、引率ありがとうございました。

で結果は、ビギナー24人中7位でした。大転け一回ありましたが、まあまあですね。

くじ引きで黒霧島をゲットしましたよ。

さて、次は11月の爆笑ツインショックトライアル大会、楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

家庭用ミニ燻製器の巻

先日、コピー用紙をいつものホームセンターに買いに行ったところ、可愛い燻製器が、小型調理具の棚に並んでいました。 何も考えずに即購入、??・・・・・。

両手で輪を作った大きさです。よく考えれば、ほんの少ししか燻せないし、構造は?

 

①椀状の火器部に固形燃料をカップに入れ、置く。                     ②凹み皿中央にチップを詰めて、椀の上にセット。                     ③白皿に食物をのせ、凹み皿4つの出っ張りにのせる。                    ④ガラス蓋を被せ、着火。               そんな構造・手順です。

これは、先日の岩手の時に作った煮豚の余りを燻しました。白皿が小さいので縦に並べる。

これは、期限が少し切れたチェリソ、燻して美味しくいただく。               こんなに詰め込んだら煙が回らないのでよろしくないのですがね・・・・・。

これで燻製器は大からミニまで5つになりました。                     このところバラブロックでベーコン作っていませんね、これからの季節、低温燻製が出来ますので、大型を使って美味しいの作ってみますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩手トライアル番外編の巻

岩手花巻のトライアルパークまで直行ではもったいないので、寄り道をしました。

 

平泉の毛越寺、2回目の訪問になります。今回、地元の中学生さんたちがガイドをしてくれました。孫と同じ中三くらいかな。

行きたかった宮沢賢治記念館。 あまりにも多岐にわたる思考の世界に感嘆!

 

山猫軒の食堂でジュンサイ蕎麦をいただく。

 

イーハトーブ館は陶工家の展示がされていました。なかなか良い雰囲気でしたよ。

ここは花巻農業高校内、復元の賢治の家です。                       右側に有名な 「下の畑に居ります」 が。 弟さんが賢治の筆跡で書いたと聞いています。

   

とても良い環境に設置されています。

 

マントの由来は是非拡大して見てください。   ここで講義や話し合いが行われたのですね。    オルガンは2台もありましたよ。記念館にはバイオリン・チェロも展示されていましたね。

   

宮沢賢治の世界、動きの原動力は仏教世界だったのでしょうか。

いろいろ考えながら、農高を後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

岩手ツインショックトライアル大会参加の巻

何分遠いので迷っていましたが、岩手の仲間に会いに参加することになりました。

台風の影響が心配されましたが、当日は曇りから晴れ、幸運でした。

ミーティングは8時半から。                                事務局上野さん、セクションコーディネーターの大久保さんの進行でね。           そうそう、上野さんから、今年のイーハトーブトライアル岩手放送番組CDをいただきました。ありがとうございました。

昨年同様、浦部さんの仲間に入れてもらい、楽しくセクションを走ることが出来ました。

今回はビギナークラスから1つ上げたエンジョイクラス、こりゃダメだ、のセクションはなく、ほどよい緊張感で走ることが出来ました、が、大転け2回、同じ場所で・・・・・。

このトライアル場はコンパクトなのですが、ヒルクライム、ロック、林間と、楽しめる場所でしたよ。

ここのタイトターンからの登りなどは、B師匠の教えが身体に染みこんでいるので、2ラップ目はクリーンでした。

さてさて結果は、エンジョイクラス10人中6位。                      昨年はひどかったので、私の走りを知る方から、「上手くなりましたね」と言っていただき、とても嬉しかったです。

楽しかった大会も終了、山屋トライアルパークを後にしました。

来年のイーハトーブ、岩手の仲間と一緒に走る約束をしましたよ。                 迷惑をかけないように練習しなくては、ですね。

 

 

 

 

TLR200、エンジンオイル交換の巻

8月のイーハトーブトライアル参加賞にエンジンオイルがありましたので、それを使うことにしました。もちろん出光さんですね。

それから、ワイヤーのクリーニングと潤滑剤入れ。 クラッチワイヤーは必須です。      各ボルトの増す締めも忘れずに行いました。緩みが出るんですよね。

さあこれで良いでしょう。 そうそう、シェルターサイドの擦れ防止シールも新しくしました。 大会を待つばかりです。