月別アーカイブ: 2018年3月

K沢にて個別指導の巻

お休みの金曜日、K沢へ早朝出発、7時過ぎには到着。まだ誰もいません。

ずいぶんと春らしくなってきました。 近くを散策。

 

 

少し奥へ入ると小さな滝があります。

 

 

 

 

 

 

 

芽吹いていますね。                                   この場所での復習を何度となく行う。

9時頃師匠が来所、今回の個別課題は「ターン時のマシンの傾き」です。                     セクションに入り、左ターンします。身体は横に行きかけていますが、マシンは傾いていません。今までマシンを傾けて曲がっていたつもりでしたが、まだまだ足りないようで、八の字ターンからやり直しです。肝心なのは左右のステップ加重なのですね。

2つの低い岩盤を超え、突き当たりを急な右ターン。ここがなかなか出来ませんでした。     この写真は良いときのもので、スムーズにターンできました。

緩い右ターン。

下がってから左ターン。

右ターンへ行くまで、写真後輪に赤マーカーがあります。これを踏まないように。

前輪を凸に載せる必要があります。

そして、何度トライしたのでしょうか・・・、とにかくクリーンでした。           少しドヤ顔、まあ良かった。

B師匠の厳しい指導に負けないように頑張りました。                    この歳になって、生徒になることは新鮮ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sヶ島で自己練の巻

日曜日早朝、トライアルの練習に出かける。                          最初K沢へ行って、B師匠のセクションを復習。人が多くなりヘタッピーは迷惑になるので、Sヶ島へすぐ移動。

まずは川下の練習場へ。誰もいません。ターンの練習から行う。

次にステアケース。                                   横木の下がえぐれていたので、石を置き、ダム型に。これで超簡単になります。今の実力ではこの程度から始めないと危ないのです。1人だしね。

ビデオから撮った写真です。何だか、格好だけは一人前ですね・・・。

駐車帯に戻ると、懐かしいバイク2台。 バイアルスとイーハートーブ。            バイアルスは私が一番最初に乗ったマシンでした。黒塗りタンクはスペアーだそうで、純正の赤銀は保有しているそうです。                                そう言えば、ホンダ市販バイクの歴史順ですね。向こうはTLR200なので。

今日も良い練習となりました。10時頃終了。

 

 

 

富士の山、残念天候回復遅れるの巻

積雪後の快晴富士の山を撮りに行こうと3時起きして出かける。                が、途中の天気は雨、現着してもお山は雲の中。回復が遅れているようだ。標高の高い場所からの撮影はボツにする。

すり鉢山(私が決めた通称)はスッキリ見えています。

さて、仕方が無いのでしゅうすい屋さんの桟橋へ(??)。


金曜日とあって今日の幸運丸は空いています。二本出せたのですが、K-zan桐電動・山中スペシャル3g穂先・自作仕掛けで一本。     最近購入した左に写っているダイワの生簀、なかなか使い勝手が良いです。釣果は、朝一番は入れ食いでしたが10時頃から拾い釣りになり、1時40分の早上がりで161匹でした。.まあまあでしょうね。

渡船にて帰路につく。

 

 

 

 

 

 

 

 

里山トライアル大会で撃沈の巻

5/5のツインショック(旧車)大会には間があるので、『個別指導の成果を大会で!』、と意気込んで参加はしましたが、甘い考えが吹き飛んだ大会でした。

この会場は里山(平坦)と山(斜面)の2つに分かれていました。               到着1番だったので、両方を下見しました。何だか行けそうなのですが、倒木・植木・斜面、そして何よりタイトターンが邪魔をしています。8セクション3ラップもきつそうだ。

 

最近は、ツインショックがボチボチ増えているそうです。                上は200T、右はTLM50。

 

 

 

上はTLR200 。そのステップは自作のワイドステップ、素晴らしい!

 

 

 

 

さあミーティングです。オーナーの齊藤さんの挨拶です。      ランチ付きがこの大会の素晴らしいところ。

さて、実走。セクション1。行けそうだったのですが、何と出口で転倒。ここから悪夢が始まりました。次のセクションも転ける。動揺が支配し始めました。                 その後頑張りましたが、5点ばかり、後半はヘロヘロで、身体が言うことを効きません。が、当日のグループに支えられて、何とか完走、良かったです。お二方、ご支援ありがとうございました。                     終了後、孫が集まるとのことなので、ランチ無しで帰路につく。トホホ、残念。

さあて、今週、B師匠に報告するのが恥ずかしい、どうしよう・・・・・。

 

 

 

 

 

1999年のTLR200

昔の写真を見ていたら出てきました。1999年の京都亀岡ファミリートライアル。        1回目の股関節手術前は年に1回は遠征していたのです。                   ゼッケンにはUBとありますので、『アッパービギナー』、ちょいと上手くなっていたのですね。 現在、ド・ビギナー・・・・・。

ヒルクライム前の姿勢、何だか力みがなく、良い感じです。

大好きなTLR200に乗っていました。                            いろいろ改造してあります。タンクはスーパーネッシー小谷の小型鉄タンクです。       確か2つも注文しました。もちろん転倒凹ましです・・・。

表彰式は寂しく参加賞のみです。                             まあ所謂、参加することに意義があったのですね。

その系譜は今も・・・か・・・。

 

 

 

 

 

 

 

戸倉父ちゃん会恒例公魚釣り合宿今季2回目の巻

恒例、戸倉父ちゃん会公魚釣り合宿今季2回目が行われました。今回も山中湖しゅうすい屋さんにお世話になる。                                      今朝まで雪が降っていたようです。

みんな、真剣な顔です、どれだけ数を伸ばせるか!

 

フミ君もトモちゃんも釣れています。

 

 

 

皆さん頑張りました。           釣果は、じ~じが久しぶりの竿頭、290匹(実際は289匹、カウンターが撮影の時1つ進んでいました)、釣り吉スーさん234匹、フミ君137匹、オーさん78匹、ともちゃん61匹、オミヤさん75匹でした。

 

今回はちょいと少ない親父3人ですが、宿に着けばすぐに乾杯!                相変わらず飲んべいさんですね。

子どもたちも乾杯です。

夕食も楽しく。                                     全員就寝は20時、健康的です。

朝食はきちんと摂りましょう。

民宿やぶきにはお世話になりました。

宿を出てから、鳴沢道の駅でお土産を買い、温泉に入り、今回の目玉、吉田のうどんを食べに行きました。写真を撮り忘れたのですが、なかなか美味しいうどんでしたよ。

次回を楽しみにね!

 

 

 

 

 

 

 

 

公魚釣り合宿用燻製作りの巻

恒例、戸倉父ちゃん会の公魚釣り合宿2回目が行われます。                  毎回燻製を作って持参しているので、今回も。

チョリソ、3日間塩麹と香辛料で熟成させた豚ヒレ肉、辛子明太子、煮豚、チーズです。

燻製器はスノーピークのコンパクトスモーカー、アウトドア教室では中型燻製機となります。

上段は燻製時間の少ないチーズ、明太子、煮豚、下段はヒレ肉とチェリソです。ヒレ肉に火が入るのに時間がかかります。上段が終わったら、下段を上に上げ、燻製を続けます。

そして、出来上がりです。明太子はお安い物を調達したので、開いちゃいましたね・・・。                               お肉はポン酢で食べるとさっぱりして美味しいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

公魚コンロで焼き肉の巻

先日作った公魚コンロで焼き肉パーティーを行いました。                  と言っても、家人帰省中なので1人でね。                         ビールは糖質0の擬き物になりました。

これは次女が遊びに来たときに教えてもらったピーマン料理、ピーマンとシーチキン、オカカだけですけれど、結構いけます。

香辛料を入れて漬け込んだ肉を焼きます。美味しいですよね。                  ヨコザワ鉄板はコンロにフィットし、なかなかですよ。以前はこのコンロで使っているプリムスのガスバーナーの上に大きめの五徳を被せて使っていましたが、公魚コンロの方が火力が集中し、下部に熱が伝わらず、安定感も良いので、こちらの方がグットです。もちろん遠赤ヒーターアタッチメントは取っていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの『羽村動物園』の巻

親の勤務の都合で、孫(6人中の2番目と4番目)を預かることになり、1日どうしようかと考え、天気も良いことなので、羽村動物園行きに決定。

家人は帰省中、自分で何もかもです。                           むむ、こうなったら、ちゃんと、やっちゃおうじゃないか!                  5時起きして、弁当を作ることに。                             おにぎりは鮭とゆかり、おチビさんがいるので俵おにぎりも作る。それから唐揚げ・ニンジンの甘煮・塩ポテト・ブロッコリー・ミニトマト、そしてリンゴです。               何だか最もらしい弁当ができあがりましたね。

キャンパーに乗り込み、出発。

 

園内はおちびさんのペースで歩く。     お姉ちゃんは弟の面倒をとても良く見てくれました。大助かり!

ヤギ君は慣れているのか落ち着いていて、なでられてもかまわず、な感じ。

 

 

おちびさんの視線は動物より乗り物かな。

 

 

 

 

この2段弁当箱を使うのは本当に久しぶりです。お皿も付いているので便利です。    2人ともよく食べてくれました。     だって、じ~じの弁当美味しいもんね!!

 

 

食後はゲームと乗り物に乗り、レッサーパンダを見て帰りました。

帰路の車は静かでしたね。

 

また機会が合ったら行きましょうね。

 

 

 

 

 

トライアル個別指導、その後の巻

お休みの金曜日、個別指導を受けにK沢へ行く。 前日の春の嵐後の快晴。

7時ちょっと過ぎに着いたので、誰もいません。 静かです。

師匠Bさんから指導を受けて、徐々にターンの基礎が分かってきました。            1人なので、前回までの復習をしっかり行います。                      初めに八の字ターン、止まってもスタンディングが保持できるように重心を真ん中に意識して回ります。回り込む方のステップに加重し、ふくらはぎをタンクに当てるとマシンは傾き、腰は反対側へ移動。くるくる回ってくれます。                            これまで3回の設定セクションを復習します。むむ、出来ていたセクションで躓きます。で、何回も。

そうこうしているうちに、10時前、師匠が来所。                      今回はステップへの踏み込みだけでなく、マシンの倒しと、身体の外だし、特に肩を出してのターン、ハンドルを切らない、この勉強でした。写真はビデオからの切り出しです。

師匠Bさん設定のセクション、最初は低めのステアケースを右ターンのすぐ後に上がります。

少し登って右ターン。マシンは少し傾いて身体も外に出ていますが、肩の出が少ないので、左手が張っています。

次に左ターン、これはまあまあですね。

次の右ターンもまあまあです。

これは問題のターンです。                                 身体は左外に出ているような感じですが、マシンが真っ直ぐで、どうしても直進しがち。ハンドルを切ることになってしまいます。その前のターンが上手くなければ回りきれない姿勢になっているのですね。多分右にマシンを傾けるのが怖いんでしょうね。

繰り返し練習して何とかできるようになりましたが、集中していると疲れますね。                                  が、模範試走、適切なアドバイスをしてくれる70歳オーバーの師匠に比べればまだまだ。感謝!!