月別アーカイブ: 2017年9月

狭山湖、「残念な状況になってしまった」の巻

狭山湖へ4時、ライトオンで出発。途中多摩湖で写真撮影。まだ夜明け前だ。          前回の時、ランドナーバーの角度を少し上げたのですが、それが非常に乗りやすい、正解でした。歳を取ったのですね・・・。

多摩湖堤防、人少なく、静か。

狭山湖の定番の写真を撮って、

いつものベンチに行くと、 ありゃ! 張り紙が。

そばのテーブルを見回すと、このような焼け跡が3カ所もあった。 炭火コンロをテーブルの上に直に置いたのでしょう。まずい行為ですよね。

バーベキュー・登山・釣り・トライアル・モトクロス等、アウトドアを行う者は、ルールを守らないと、こうなりますね。 とても残念です。                        私がアウトドア教室をやっているのは、自分が好きなこともありますが、火を使うことの大切さ、火を利用して食べるものを作ることの大切さ、魚や山菜を採ることを通して人に恵みを与える自然の大切さ、眠ること・排泄することの大切さ、訪問場所や他の方々へ迷惑をかけないことの大切さ、このようなことを含めいろいろなことを学べるからです。

さて、どうしよう、帰ろうかと思いましたが、途中でコンクリベンチを見つけ、ここで再開することにしました。                                     今回は焼き餃子です。 キャンガスRANDO360をセットし、お湯を沸かします。        お茶と白い恋人をまずはいただきます。

蓋を忘れてしまい、風防で代用します。

美味しく焼けました。今は便利な物ができたので簡単です。

3時間の小さな旅は終了です。 コンクリベンチは味気ない、うーん、残念だ・・・・・。

※写真はクリックして拡大すると綺麗ですよ。

 

 

 

 

 

 

TLR200キャブ全バラ、チェンジペダル・ブレーキシュー交換の巻

どうもキャブレターの具合が今ひとつなので、と言うのも、セクションに入った時、肝心な時にエンストを起こすことがあるので(乗り方?)、バラしてみることにしました。               以前所有していたTLRの最後のバラシは20年以上前だったので、何処まで他部品を外すのか忘れてしまいました。                                     上物を外し、とりあえずはエアクリーナーケースをフリーにし、サイレンサーも緩める。すると何とか取れました。

中を開いて見ると、フロートが凹んでいます。 前所有者が点検したはず・・・、部品価格は高くないんですがね。 これは交換です。                               スクリューを抜いて清掃、入れ直します。フロート以外は綺麗でしたね。 ガスケット、フロートを注文し、とりあえず組み直しました。エンジンは普通にかかりました。           調整は部品が来てからですね。

このチェンジペダル、価格がお安く良かったのですが、後付けゴムが取れやすいのと、ちょっと短いので入りが悪いのです。

で、アルミの可倒式の物に変えました。

リアのブレーキシューも交換、ツルツルでしたね。

そして組み直し完成です。 効きが良くなりました。

生徒さんの来ない午前中2時間半、大汗かきながら、忙しかったですね。

 

 

 

 

Sヶ島オフロードスペースへ行くの巻

草トラ練習へはK沢へ出かけていましたが、じ~じがトライするにはちょっと厳しすぎる。     で、もっとビギナーが入れる場所を探していました。

Sヶ島と言う所が有り、CC110で下見2回、今回バイクを載せて行って観ることにしました。                                  駐車スペースに着くと、トライアルの方がいましたので、ツインショックの情報を聞いてみると、それに乗っている方を紹介してくれました。   Yさんです(写真の方)。                 この方スコルパの他、トライアンフやホンダRS200を所有しているとのこと。         とても面倒見の良い方で、このオフロードスペース一帯を案内してくれました。もちろん一回では全部は覚えられませんが、モトクロス、トライアル、4輪駆動車が利用できる場所がたくさんありました。 加えて、この場所での利用範囲、注意事項もキッチリ教えていただきました。                                          駐車スペース近くの2カ所、ここは私に合っているターンの練習場所、案内していただいたYさんには感謝感謝です。

Yさんの仲間の方々です。                                 Yさんはメカにも詳しく、ターンもメカ、地質、傾斜等を融合させて考えながら練習しているとのこと、まるでYさんのスクールに参加しているようで、とても勉強になりました。

今日はとても良い日になりました。Yさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

楽しい夕食の巻

食べること、作ることが好きなじ~じであります。 今回は時々登場する煮豚の燻製です。   家人が食事会等で外出、夕食は1人です。さて何を作ろうか?

毎週月曜日夕食がラーメン(全部手作り)の日で、煮豚は週末に作っています。        だいたいいつも多めに作り、他に転用しています。もちろん皆さんお分かりのように、豚バラブロックを2~3時間弱火で煮てから、タレ汁に2日程漬け込んで具材にします。転用はサラダ、そのままおつまみ等ですが、燻製にするとグウッと美味しくなります。              今回竹輪と燻しました。チップは既製品を更に破砕したリンゴチップ2/3とクルミ1/3です。破砕する訳は燻製機が小型なので、チップ入れ場が狭いのです。

蓋を少し開けて熱を逃がします。家庭用ガスの極弱火でも燻製機小型の場合、時間をかけすぎると熱が高くなりすぎて焦げてしまいます。

竹輪は30分程でできあがりです。

更に、チェリソも。

前日から煮込んでいた曙シチュー(牛スネ、芋は丸ごと)もできあがりです。         このシチューの出汁の中心は、煮豚の煮汁を油抜きした汁なのです。氷で固めて取るので手間はかかりますが、高齢者には大事!                              これ10人前以上あります。 煮物類は子どもたちが居住していた時と同じように多めに作ります。その方が美味しいのですよ。で、ご近所さん、市内に住む娘・孫たちのお腹に入るのです。

そしていただきます。今回のチリ赤ワイン(お安いが、フフ)、なかなかグットでしたね。