月別アーカイブ: 2017年8月

TLR200クラッチエクステンションバー改作の巻

クラッチを軽くするために、エクステンションバーの延長細工しましたが、アルミの無垢材がなかったので、板を重ねてとりあえず作りました。                      でも、大会中に板が剥がれたら面倒なことになります。

ホームセンターで10mm厚のアルミ材を購入、今度は糸鋸で切断。

ケーブルエンドの入る部分を厚く大きくとりました。

3mmのネジを切ります。 ワイヤーエンド中心からの長さは15mm、2mm長くしました。

上部面は1mm程、エンドが入る部分を除いて、枠に入るように削っています。         3mmのボルトで固定します。

手前面は板から切断するときに8mm厚に切ってあります。                  ワイヤーエンドの収まりが良いですね。

アタリを調整してできあがりです。

次回の練習が楽しみですね。

 

 

草トラ練習K沢にて の 巻

                               (どや顔の、技量の伴わないじ~じ)

車にキャリアをセッティング、TLR200を載せて、いざ出発。

8時20分到着、誰もいません。                              クラッチエクステンションを延長したので、アタリを確認調整する。

木陰は結構涼しいのですよ。静かな時を過ごし、終了、いい汗を流せました。                               勇姿(?)のビデオを撮りましたが、入れ込む方法が分かりません。 そのうちにね。

 

 

 

 

TLR200エクステンションバー延長の巻

TLR200のクラッチは人差し指一本で操作するので結構キツいのです。 20年ほど前に乗っていたときは既製品の延長バーを着けていました。                        今回、部品の供給はもう無いと思うので、自作することに。  参考にさせていただいたのは、「ホンダTLR200のメンテナンスと改造」の(buratto 28 go) さんのブログです。

アルミの角材がなかったので、船外機のスタビライザー用に購入していたアルミ板を8mmに細長くく切って、貼り合わせました。

金属用の接着剤で貼り合わせます。 糸鋸で切れば良かったのですが、金切りノコでギーコギーコやったものだから、雑ですね。

クラッチワイヤーエンドが入るように穴開け。また、全体をサンダーで磨きます。

バーエンドに挿入して、3mmボルトの位置を計ります。

2.5mmで穴開けし、3mmのタップでネジ切りします。全体を更に磨きます。

3mmで6mm長のボルトがあったので、締め込みます。

そして出来上がりです。1.3cmの延長ですね。                       貼り合わせ材のワイヤーエンドの装着部分寸法が若干短くて、スッポリ入るように開けると強度が無くなります。 見ての通り外に出てしまいました。                        当面これで様子を見て、状況で、角材で作り直します。その時は糸鋸を使いましょう。

クラッチのアタリ調整をしなくてはですね。

 

 

 

 

 

若いお父さんと狭山湖への巻

次女の夫君と一緒に走ろう。計画はあったのですが、天気が悪くなかなか実行できませんでした。 今回雨続きの中、久々に止んでくれた朝、やっと出かけることに。                      4時に集合、ライトオンで出発。 多摩湖中堤防、やはり、夜明け前の瑠璃色は出ませんでした。 婿さんの、暗くて分からないのですが、ジャイアントのマウンテンバイクです。

今回は2人分なので、バーナーも大きなコールマン508・2レバー、火加減操作が楽です。丸飯盒を少し加工して中に収納しています。                            メニューはほうとう風煮込みきしめん。 具材は、豚ひき、卵、カボチャ、キャベツ、ニンジン、長ネギです。先週と同じ、お湯を沸かし、紅茶と手作りスイートパンプキンをいただく。

煮込み完了、いっただっきま~す!

肉から良い出汁が出ています。 婿さん、結構食べます。

出汁が麺にしみこんで、更にコシが残っている。 これはなかなか美味い!

坂道はやはり若い婿さん強い! 置いて行かれました。                  (が、長距離はそうはいかないでよ・・・)

着ている物、そう格好、彼は現代風。 私はと言うと、着てる本人は分からないのだが、客観的に観ると、 ウ~ン「ひどいね・・・」。

まあ、また行きましょう。

 

 

 

 

 

 

チビ 孫君、初プールの巻

6人目の孫が8ヶ月を過ぎました。                             離乳食も順調で、身体もしっかり大きくなりました。

教室前のベランダで初プール。                              まだお座りができないので、ソフトチェアーに座って。 バタ足が得意です。

離乳食は大好き。

切りが無いほど食べちゃいます。 はい。

 

 

 

狭山湖早朝クッキング・鮭茶漬けの巻

日曜日の狭山湖へ出かけることにした。                               4時20分、ライトオンで出発。   多摩湖中堤防は曇り空。

狭山湖へ着いたら、ちょうど日の出の時間。

所沢方面のビル群から日の出。 P900で撮ると遠景が良く撮れますね。

狭山湖のいつものベンチに到着。                             今回は鮭茶漬け。 お茶漬けの素ではありませんよ。                     材料はお米0.7合、塩鮭1切れ、白髪ネギ、出汁は生協の出汁パック、塩、醤油です。

オプティマス99クッカーをセットします。                         まずはお湯を沸かし、紅茶をいただきます。そして、前々回記事のスイートパンプキン改良版です。とても美味しくなりました。

残ったお湯でかけ汁を作ります。

ご飯を炊き、鮭を途中で投入し、身に火を通します。

お汁をかけできあがり。 なかなかのお味です。

今回も山は雲の中、帰路につくことに。

ところで、このところランドナーバーへの手の馴染みが悪いので、帰り走り出す前に少し角度を上げてみました。すると、結構楽に。                              これは明らかに老化現象ですね。前傾姿勢がきつくなったのでしょう。            まあ、しかたないか・・・・・。

教室には7時10分着、残り湯にジャブンと入ってスッキリ。次は何を作ろうかな?

 

 

 

 

銀山湖・只見・南会津釣行の巻

さわらび教室夏休みの先週、昨年は行けなかったが、銀山湖・只見・南会津の釣行に出かけた。

銀山湖のレイクトローリング、流しやすい良い天気、気温は上昇していきます。        馬の背の﨑を定期船がはしる。

越後駒ヶ岳の頂上は雲の中。

風もなく、アタリもなく、赤とんぼが竿先に。 静かです。                 (トンボ君、拡大しても羽まで綺麗に撮れてますね)

流木に緑。  の~んびりとした時を過ごす。

今回は国道252を釣り上がり、枝渓にも入るのでマイボート牽引無理、伝之助小屋で船を借りました。                                          釣果は尺クラスのウグイばかり。 今度燻製にして食べてみようかな。 婚姻色の時期は美味いと聞いています。                                     話はブラックバスになりますが、この湖ではカワウと共に駆除対象になっています。 ですので、高出力のバス用船艇は下ろすことはできません。9.9馬力以下の船舶でのトロ-リング・キャスティング・フライフィッシングのみスロープ使用が許可されます。ちなみにバスは白身で調理によって美味しくいただけますよ。皮は臭いですけどね。                                   現在、銀山湖のマス系大型バイトは夕方に集中しているようです。                     私はというと、温泉と宴会「居酒屋じ~じ」のため、午前中で釣れないかな~、そんな、マイペース的な釣行を行っております。これが楽しいのですね。                           アウトドア教室の場合はのんびりとは行きませんが、早め明るいうちに、余分に釣らない、が原則です。

買い出しをして、只見の泊地へ移動。 蒲生岳の夕暮れ。

既報、カメラを新調しました。 ニコンCOOLPIX P900。一眼レフのようなコンデジ、本体の大半がレンズ? のような面白いカメラです。                         月が撮れると言うことで、夜間、蚊に食われながら撮ってみる。三脚が貧弱で、ピントが今ひとつですね。

早朝の只見の枝渓は無慈悲、岩魚の姿を見ることはできませんでした。               で、只見線只見駅へ。 現在もまだ只見・会津川口間が不通になっているのです。

下り方面しか時刻表がありません。

構内には売店があります。

南会津に移動しながら枝の渓を観る。                           大桃地区で歌舞伎が行われるとのことで、ちょっと見学。

始まるまで時間が結構あるので、パスし、また付近の渓の観察。                    思ったより先行者が多い。 釣れてない。 で、もう、いいっか・・・・・。

檜枝岐温泉スキー場で、夏の雪祭りをやっていました。 もう釣行から観光だね。       テレビ局の取材班が来ていました。

檜枝岐とくれば、蕎麦です。 鴨汁蕎麦、まあまあ美味しかったですよ。

こうなれば、いつも 素通り している、「モーカケの滝」へ。 なかなか立派な滝でした。

で、で、 今回の釣行の落ち、 トホホッ・・・・・。                  が、これで岩魚酒、フフフ、の巻でした。                     完

 

 

 

 

 

 

 

 

スイートパンプキン作る の 巻

福島から届いたカボチャ、今度は甘い物を作ることにしました。スイートパンプキンです。   前記事の表の写真、下真ん中の一番大きな物を使います。

大きめにカットします。

大鍋で煮ます。

柔らかくなったら、残った湯汁を落とし、余熱で水分を飛ばします。そして、塩・三温糖・蜂蜜・バター・ごく少量のバニラエッセンスを加えます。

つぶします。

こねて生地のできあがりです。裏ごしはしません。

成形してクルミ・アーモンドを載せて、オープンで焼きます。表面に黄身とオリーブオイルを混ぜた物を塗っておきます。

できあがりです。                                    孫を連れ、遊びに来ていた次女に自信たっぷりで試食してもらう。

が、「粉っぽい・・・」、「えっ?」、「水分が取られていく・・・」、「えっっ!」     失敗か・・・・・。

めげないぞ。 次回に期待!!

 

 

福島からカボチャ届く の 巻

既報「ARTOY(アートーイ)展へ行くの巻」で紹介した、支援学校教諭で組み木作家の古川英樹さんから、大量のカボチャが届きました。                          上段が栗カボチャ(ほっこり恵比寿)で、下がF1種と栗カボチャの交雑種だそうです。 近い畝に植えていたら、開花が同じ時期で、偶然に交雑したとのことです。大きさも2倍になっているとのこと。早速右下の交雑種を煮てみました。

大きめに切って、丸ごと一個は結構な量です。大鍋で煮ましたよ。              味付けは醤油・芋焼酎・塩・ミリン・三温糖です。 薄味、そのものの風味を大切にしました。

お昼のご飯に。質素で健康的でしょ。                           もう一つの小鉢はほうれん草のオシタシ、おかかの上にくるみ汁がかかっています。味噌汁は油揚げとナスですよ。

そのほか、お蕎麦と鯨さんも同梱。                            → その後、メールで連絡あり、これは蕎麦ではなく、彼の実家で収穫した小麦を製麺所で麺にした「幻の乾麺」なんです。 夕ご飯、釜揚げをクルミ汁でいただくが、とっても美味しかった!!

可愛い鯨さんですね。

どうもありがとう!  カボチャ、スイートパンプキンも作りましょう。

 

 

 

和田峠・甲武トンネル、そして手打ち中華の巻

クロスカブでショートツーリングに行ってきました。                    前日に新しいカメラが来たので試し撮りをかねてです。この件については後日詳しく記事にしたいと思っています。

さて、表の写真はど~こかな? そう、和田峠です。

お決まりのふれあいの里で休憩。フロントキャリアのバックはクーラーです。夏は威力を発揮します。冷たい飲み物をクイッといけますよ。

ここの農産物は良い物が多いので、今回はトマト2種(帰って食べると甘くて美味しい)と、大きなズッキーニを調達しました。ズッキーニは一口大にして、柚ポン酢醤油漬けにするのです。

和田峠は静かでした。

峠下に景色の良い場所があり、富士山も、と思いましたら、曇りで見えず。

和田峠を下り、甲武トンネルまでの登り、ランドナーでキツかった思い出。押し歩きをしたな・・・。

甲武トンネル、バイクだと早いな・・・。

檜原に抜け、たちばな家さんへ向かう。 メニューを見るとお蕎麦がない??         会計の時に聞いてみると、蕎麦はあまり出なかったとのこと。                蕎麦・中華の2本立てから、手打ち中華麺1本にしたんですね。ちょっと残念でしたが、仕方が無いですね。今回は暑いので食べませんでしたが、ワンタン麺がお勧めですよ。

頼んだのは冷やし中華、麺がしこしこして、なかなかの食感でした。

今週は夏休み、週後半からは新潟・福島への釣行です。                    ズッキーニの漬け物、煮豚・明太子・チェリソの燻製、玉こんにゃく煮、作りましたよ。    楽しみです!!