月別アーカイブ: 2016年6月

伊豆湯ヶ野 「浄連の滝」の巻

jyo-1

前々回の記事「小田原城」、この後に向かったのが伊豆湯ヶ野・浄連の滝。                     私何度も伊豆方面へは行っているのですが、この滝を観るのは初めてです。

jyo-2  jyo-3

弁財天縁起をご覧下さい。 今回宿泊の白壁荘当主が記していますね。

jyo-4  jyo-5

極々小さな資料館があったので入ってみました。

jyo-6

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この写真が興味深いです。 クリックして拡大してみると見やすいですよ。                      この地の老舗旅館の関係が面白いですね。 井上靖の父上も写っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

井上靖自伝的小説「しろばんば」、中学校時代読みましたね。 その頃、伊藤左千夫の「野菊の墓」も懐かしい。私を10代の時、矢切の渡し・柴又帝釈天に結びつけた作品です。 川端康成「伊豆の踊子」はもちろん読みましたが、吉永小百合の映画の方が印象的だったかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA      OLYMPUS DIGITAL CAMERA

尾崎史郎に若山牧水。 この地と縁があるのですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北原白秋、与謝野晶子、そして梶井基次郎。 スーッと 彼の時代に入ってしまうようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA     P6150094

「女郎蜘蛛」伝説、いろいろな地にいろいろな伝説、人間って不思議な生きものなんですね。

jyo-11  jyo-10

さて、湯ヶ野ではホタル祭が行われていて、宿泊の白壁荘からは提灯下げて飛翔地へ向かいます。 残念ながら、ホタルは光の関係で撮影禁止。 監視員さんが指導してくれます。

jyo-12  jyo-13

白壁荘の露天風呂、巨岩(一枚岩)と巨木の2つあり、巨岩風呂は一度は入っても良いのでは、と言うものでした。

小田原から湯ヶ野への旅は終了です。 なかなか面白い旅となりました。

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。                                   ※文章が多い記事でしたので、クリックして更に拡大すると良く読めますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016 父ちゃんバンド合宿 in 蓼科

sya-0

昨年12月にバンド結成30周年記念コンサートを開いた「The父ちゃんバンド」。                 今年も恒例春合宿を行いました。 場所はもちろん蓼科東急リゾート内のペンション「シャローム」です。

sya-2

先ずは石川PAで朝食を摂ります。

sya-3  sya-4

シャロームに到着後、ウコンの力で乾杯!

sya-5  sya-6

八爺、今年は杖をついての参加です。 私と同じ股関節置き換え手術を受け、目出度く人工関節となりました。 頑張って残り蕨を探して収穫!                                             私は到着乾杯用に燻製を持参しました。 チェリソ、鯖、煮豚、鶏ササミです。 好評でした。

sya-7

お昼はカレーライス。

sya-8  sya-5-1

しかし、T病を煩い、コンニャク麺代用の方も。 八爺が取ってきた蕨のおしたしも出ましたよ。

sya-11

午後は練習です。

sya-9  sya-10

曲についての考え方、討論も真面目に行い、良い練習となりました。

sya-12  sya-13

お待ちかね、夕食のコース料理です。

sya-14  sya-15

美味しい料理をいただいてから、すぐにミニコンサートの準備。

sya-16  sya-17

今回はペンションに夕食料理を食べに来られた方々がそのまま観客となってくれました。 都内F学園の同窓生だそうです。昔お嬢さんだった方々ですね。 それから野菜作り趣味のご夫婦も。              熱心に聞いて頂きました。 感謝!

sya-19  sya-18

朝食です。 出来たてパンがとても美味しいのです。

sya-20

午前中はきちんと練習。 昼食はお蕎麦の食べ放題。 しかし、寄る年波で、あまり食べられなくなりましたね・・・。 蕎麦の向こうにあるのは、病人食のコンニャク蕎麦で~す。

sya-21  sya-22

オニギラズも出ましたので、お腹一杯です。

sya-23

さて、今年も無事に合宿終了。 来年は現在腫瘍手術後リハビリ中のメンバーも加え、フルメンバーで参加したいですね。 私と八爺は股関節の手術が待っています。

シャロームのマスター、ママさん、お騒がせしました。また来年もよろしく!!

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小田原城見学の巻

oda-1

先日、小田原城の見学に行ってきました。                                          NHK大河ドラマで小田原城攻めがあり、良し行ってみようと、家人とミーハーな旅となりました。

oda-2  oda-3

場内の案内所へ行き、ボランティアガイドさんをお願いする。 城の規模が大きく、まだまだこれからの発掘でいろいろなことが分かってくる、とのことでした。

oda-4  oda-5

北条氏の用水技術は高度なもので、北条攻めで全国の大名がその技術を各国に持ち帰ったと言われています。

oda-6                               小田原城総図

oda-7  oda-8            住吉橋                             銅(あかがね)門

oda-9  oda-10

城趾に残るイヌマキの巨木。  内堀跡のショウブ園、今年は開花が不調とのこと。

oda-11  oda-12

常磐木門からは徳川葵の紋が飾られている。 (この下までは城主であった大久保の紋)天守閣のある広場には徳川の御殿があり、城主と言えどもこの中には入れなかったとのこと。

oda-13                        天守閣から相模湾を望む

oda-14                            箱根の山を望む

oda-15                             小田原駅

oda-16  oda-17

場内のお茶屋さんで白玉善哉とあんみつをいただく。 美味しかった。

oda-18

さて、この図は秀吉の北条攻めの配置図ですが、北条側の南に陣取る北条氏照、この武将は武蔵滝山城(八王子)、後に八王子城の城主でした。 滝山城趾は何回もランドナーで早朝クッキングに行った場所。  八王子城趾は私の下肢の手術を終えてからじっくり歩きたいと思っています。 城廻も楽しいですね。

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山中湖公魚今季最終の巻

yam-1

6月一杯で山中湖のワカサギ釣りは禁漁に入ります。                                  今月はいろいろと入っていて、明日金曜日しかない。と言うことで、3時起床、おにぎりを作って早めの出発。

早めとは、富士の山を撮るためです。 すり鉢山方面に登り、展望台でパチリ。

yam-2  yam-3

ドーム船はじ~じ1人だけ。 この時期は釣れないので・・・・・。                             しゅうすい屋の社長も「釣れないよ!」  しかし、1人でもいれば出航してくれます。良心的なんです。    でも、船頭さんには申し訳ないですね。

yam-6  yam-7

K-zan桐電動左手用のスプールも穴あき軽量タイプに交換しました。 実に動きがスムーズです。       仕掛けは手作り5本針、オモリに1本。 穂先はK-zan2g用芳賀仕様。 ハリス長は右2cmと左5cmで行いましたが、芳賀釣法・仕様穂先ですと2cmの方が良いですね。

yam-4  yam-5

魚群はあるのですが、なかなか喰ってくれません。       白鳥号に水陸両用車KABA号。

yam-8

後半は右手一本に集中して、釣果は13時前上がりで54匹、目標50匹を越え、まあまあだと思います。

yam-9

次回は9月の解禁期ですね。 楽しみに待っております。

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

銀山湖 牽引釣行 の 巻

マイボ-5-1                           銀山湖スロープ

銀山湖(奥只見湖)の水位も少し増え、何とかスロープを使えるようになったので、ボートを牽引して出かけることにしました。

マイボ-2  マイボ-3

月火と五週目が続き教室はお休み、土日は仕事だったので、夕方シャワーを浴びてから出発。        銀山平待機所に到着して、すぐに「居酒屋じ~じ」の開店です。                            おでん、鯖・チョリソ・煮豚の燻製、炙り明太、鰊の山椒漬け、玉コンニャク蛸足煮、そして枝豆、なかなか豪華です。 お酒は澤ノ井の吟醸新しぼり、言うことありませんね。                            20時過ぎには眠くなり、21時前には眠ったと思います。

マイボ-1

4時起床、明け方まで嵐のような天気で、出船できるか不安。 少し様子見で、ゆっくり朝食をいただいていると、風はまだありますが雨は止みました。 1時 間遅れの7時出船となりました。 スロープ端は流木が多く、先ずは取り除かないといけません。 力仕事で、下肢に堪えます。

マイボ-4                            北の岐川、越後駒ヶ岳

周りの山々が何とか見えます。 越後駒ヶ岳はどっしりとしていますね。 駒の小屋で京都のご隠居と飲んだのが懐かしい。

マイボ-5                         北の岐川、二百名山 荒澤岳

登りたかった荒澤岳、今は同じ名の酒を飲むばかり・・・。

マイボ-6                  中の岐川、中央やや左、縦に雪渓が見える平ヶ岳

真夏、脱水ギリギリで登った平ヶ岳、テントを張り、雪渓の水で飲んだ水割りは美味かった。

マイボ-7                           只見川本流より燧ヶ岳

2回登り、晴天に恵まれなかった燧ヶ岳。 3回目はなかった・・・。

マイボ-8

中型遊覧船は走れるようになりました。 大型はまだ格納庫です。 水位の上昇を待っています。

マイボ-10

さてさて、今回の釣行、片貝沢に入った所で、一瞬の引き、ロッドホルダーが浮いてしまい、竿セットが水中に・・・・・。 トホホ。 この湖に怪物が居たとしても不思議ではありません。 人によっては地球を釣ったんだよ! でしょうが、 一瞬だったので、私は前者だと確信しています。 原因はドラグ緩め忘れです。 まあ、起きたことはしょうがありません。 宿泊小屋の伝之助さんへ行く。

マイボ-11  マイボ-12

ここの夕食は楽しみなんです。 山菜三昧ですので。   三つ葉アケビの新芽、山ウド。

マイボ-13  マイボ-14

ゼンマイの炊き合わせ、蕗の薹の甘酢。

マイボ-15  マイボ-16

ネマガリダケの素焼き、行者ニンニク・アザミ・テッポウ菜・あんにんご・他の天麩羅。 行者は食べてしまってからの撮影。 美味かった!

マイボ-17

テッポウ菜を取ってきて見せてくれました。 その他、サクラマスの刺身、岩魚の塩焼き等が出ますよ。この日はボートの昇降で疲れ(スロープが長く、歩かされる)、20時前には眠ったと思います。

マイボ-18

翌朝、朝食後、伝之助のおやっさんと、深田久弥の平ヶ岳登山の話をするが、その時の新聞記事を見せてくれました。(ボート、深田久弥の隣が先代の伝之助爺)

マイボ-19

さていろいろありましたが、7時、帰路につくことに。                                    午前中には教室に戻ったので、アウトドアワールドにロストしたロッドとリールを調達に。 出費がとても痛い!!!

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。