月別アーカイブ: 2015年9月

小布施、銀山湖、檜枝岐へ の 巻

og-1

銀山湖の鱒類は9月までで禁漁となります。    なので、急ぎ、釣行を決める。               が、出発日は早く出られないので移動日、それではと、長野の小布施から巡ることにしました。

小布施は北斎ゆかりの地、先ずは記念館へ。 他の画家の肉筆絵を含めて、繊細、鮮やか! の印象。

og-2  og-3

小布施は栗の産地、まずは小布施堂で栗菓子を調達。

og-4  og-5

北斎亭で。 昔はこんな物食べませんでしたが、今は幸せになります。

og-8

さて、北斎亭に 人形のポスターが貼ってありました。 飯山市内に高橋まゆみ人形館があるとのこと。

og-6  og-7

慣れないナビに電話番号を入力し、おお、ちゃんと出てきました人形館。                      何とも日本の叙情を描いた作品。 心温まる一時を過ごさせて頂きました。(写真はインターネットより)

さあさあ、急ぎ山越えして長野から新潟魚沼へ行かねば。

og-9

今回の釣行はレンタル船で。 馴染みの伝之助小屋さんからお借りする。                     朝早く起きたのですが、準備に手間取って出船は6時。 これならマイボ-トの規制出船時間と同じ、意味無いなあ・・・・・。

og-10  og-11

出遅れのマイナス感がそのままに、アタリはさっぱり。 場所を大きく変えると、今度はウグイの猛攻・・・。 本命のアタリがありません。 やはり9月は難しいか・・・。 と意気消沈の時、グイッと竿を引っ張るアタリ。 おおっ! サクラマスをゲット! 良かった!   スプーンは琵琶マス用の緑です。               サクラはキープし、納竿してすぐに塩麹漬けにする。

og-12

伝之助小屋へ寄って、純米酒を仕入れ、尾瀬口、鷹ノ巣、御池を通って檜枝岐へ。               道路脇のそば畑はもう収穫の時期、新そばですよ。

og-113  og-14

サクラマスは翌日教室に戻ってから、刺身で美味しくいただきました。                        身のプリプリ感が有り、旨味が増し、なかなか良い保存方法ですよ。

長野、新潟、福島、1000km程走る、結構な釣行となりました。 寄り道もまた楽し、ですね。

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

CL72 往年の名車を訪ねて、ポタリングの巻

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昭和40年代の初め、単車免許を取るのが16歳になった男の子の「はしか行動」、学校を休んで取りに行ったものでした。 私も、すでに乗っていた友人のバイクを借り、公園で練習してから、試験場へ。        学科は簡単、実技もコースさえ覚えれば何とかなるバイクでした。 そのバイクは125ccのスクーター、ウィンカーは無く、手信号。 今では考えられないおおらかさでした。 加えて、二輪なら何でも乗れる免許。    学校の担任は今でも年に一二度会いますが、生徒が免許取りに行ったことを知っていて、黙認していたようです。偉い先生でした!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、インターネットで比較的近い八王子にホンダCL72が在庫しているとの情報を得て、下肢不調にもかかわらず、ダホンでのんびり行ってみることにしました。 多摩大橋を越えて16号線方面へ。

cl-7  cl-3

ありました。ウエマツ・オートさん。 80年代以降の名車がズラリ! 勿論、それ以前の名車もありました。 その中に、モノクロの世界がピカッ! CL72が居ましたよ。                              営業部部長のMさんがとても親切に対応してくれました。 感謝!                          昔、このCLが高くて買えなくて、ドッ中古のCB72に乗っていました。いつかは乗りたいと・・・。

cl-5  cl-6

この車はタイプⅠ、2気筒が対向しているタイプです。これはどちらかというと高速タイプ。Ⅱの方は同じに回転するので、トルク重視、でしたかね、多分 ? このマフラーの放熱蛇腹が何とも言えません。

バイク仲間が国立の大学通り(信号無しの時代)私のまん前で事故を起こして、それ以降、何となくバイクから離れ、ランドナーへ。                                                      昭和46年、ランドナーキャンピングで秩父に入り、十石峠を越えて長野へ、そして野尻湖へ行きましたが、その峠越えで唯一出会ったのがCL72に乗る工事関係者、少し話をしたのを覚えています。

フル装備ダホンを店内に入れさせてもらいましたが、若いお客さんが 「えっ、これ良いね、好きだよ」、と言っているのを聞いて、ニッコリ。

このCLの値段は秘密。 昔、私にとっては高かったけれど、今はもっともっと・・・。 でも死ぬまでには手に入れたいバイクです。                                                        人にとって、思い入れのある物はどうしようもなく、、、、、手に入れたい物なのですね。

さて、お店を後にし、冷静になり、いつもの旅自転車の爺さんになりました。

cl-8  cl-9

拝島橋を渡り、多摩サイへ。 所々に彼岸花が咲いています。

cl-11  cl-12

ロケーションの良い場所で、昼食タイム。 きょうはダホンなので軽くスリムなエバニューのチタンコッフェル。小型なのに蓋と小鍋も付いています。ガスカートリッジは小さいのがスポッと入ります。加えて、オプティマス・クラックスガスバーナーで最強小型セットとなります。                                  カップラーメン+α。 気持ちの良い場所で、味もグウでした。

CL72、欲しいけれど、家人、年金・・・、難しいな・・・・・。                                 あれ、下肢不調なのですが、自転車では痛みが出ませんでした。

cl-10

まあ、夢は大切にとっておきましょう。 ね。

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワカサギ・煮豚 燻製 の 巻

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日山中湖で釣ったワカサギ、いろいろな方へおすそ分けし、余った50匹ほどを燻製にしました。      ついでに、昨日作った煮豚も一緒に。

くん-2

ワカサギは、特製汁(塩水、シジミ黒酢、芋焼酎)に漬け込みます。

くん-3

汁を切って、ザルに載せ天日干し。

くん-4

煮豚は味が付いているのでそのまま網に載せるだけです。                               そして一緒に燻製(リンゴチップ)にします。                                          今回はスノーピークのコンパクトスモーカー(2段)を使いました。

なかなかおつな味に出来上がりましたよ。

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山中湖、公魚解禁4日目で470匹の巻

yama-1

山中湖のワカサギが9月、解禁になりました。                                       情報ではなかなか好釣果、4束オーバーも出ているとのこと。

それではと、お休みの金曜日、早速出かけました。                                    今季もしゅうすい屋さんにお世話になります。

yama-4  yama-3

船内は釣り人半分ほど、隣は開いていましたので、仕掛けは昨年から使い続けている、K-zan芳賀特別仕様2g用穂先2本、自作5本1.5号針オモリ横1本です。                                    このドーム船ベテラン主流は5~7gですので重めの負荷穂先を使っているようです。

仕掛けをおろすとすぐに喰ってきて、忙しい。 軽いオモリだと1本に対応している間に他がお祭、2回も。 暫くして、1本竿に集中する。午後2時前までは途切れずアタリが続く。 これは5束越えか! と思ったらパッタリと静か、2本竿復帰、が、470匹で終了。 でも、この時期としては素晴らしい釣果です。 気温が低く、曇り、波少々が良かったのでしょうか。                                          魚影濃く、食い気がある時は、ノンストップ釣法は関係なしの状況なので、5g程度で良いのでしょうね。 実際、オモリ7g(多分)2本竿の方が592匹、竿頭でした。                                 ただ、釣れるだけだと気分はちょっと半減、3束釣れれば充分でしょう。                      何?々?、そう言うじ~じも欲を出して2時帰りせず、最後までやってしまった、ではないか・・・。

yama-2  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

富士の山は最初少し見えていましたが、雲の中に入り込みました。 釣果写真はしゅうすい屋さんのHPから拝借しました。

yama-6

これはまた来なければないけませんね。

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。

 

 

 

 

スモーククッカー小型で燻製の巻

k-1

アウトドア・ワ-ルド(上州屋系列)へ、教室の小物を仕入れに行きました。                    が、何と欲しかった小型のクッカーが展示されておりました。 ステン製なので、これは即購入。        大好きなオプティマスの小型スモーククッカーをヤフオクで何度かトライしようと思いましたが、価格が高い!そして多分アルミ製。  目的はクッカー収集でなく、作ること! で、決まりです。

k-2

基本的な物しか付属しません。 本体、蓋(スライド式)、汁受け、網。 一応ケース入りのチップも入っています。 若干、本体の作りが粗いかな・・・。

k-3  k-4

蓋をスライドする際の半円形の取っ手も付いていますので、まあ、良いのではないですか。

k-5  k-6

さて、今回は生鮭のアラを283円で購入、これに香辛料を振って、冷蔵庫で寝かせます。 加えて、一昨日作った煮豚も燻製にします。                                                  なかなか良いお味にできましたよ。

スモーククッカーは5台目(1台目は穴あきで処分)となりました。 家人は「えっまた?」でしたが・・・。    大型1台(ステン)、中型2台(アルミとステン)、そして今回の小型(ステン)。 アウトドア教室も行っているし、すぐに、ちょっと、そして釣行現地で、には、良いのではないでしょうか、と、納得させる・・・。

調理は楽しいですね!!

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。