月別アーカイブ: 2015年8月

琵琶湖舟行の巻、その2

s2-1

京都嵯峨鳥居本へ行く。                                                     愛宕念仏寺のお地蔵様は表情豊か。

s2-2  s2-3

s2-5  s2-4

 

s2-6

s2-8  OLYMPUS DIGITAL CAMERA             平野屋さん                           つたやさん

s2-9  s2-10

s2-11  s2-12

化野念仏寺はこの夕から点灯供養だそうで、係の方々が提灯を下げていました。  竹林は見事です。   この寺は水子供養のお寺さんなので、写真は慎重に撮ります。                            心を込めて供養に来ている方がいました。

s2-13  s2-14

まゆ村さんと竹細工のお店に立ち寄る。 まゆの人形の壁掛けと竹製のジョッキを購入。            早速夜にビールを注いで飲んでみると、お店の方が言った通り、きめの細かい泡立ちでとてもまろやかな味わいになります。

s2-17

大原寂光院へ移動、いつもの院前の漬物屋さんで何種類か購入、美味しいですよ。               店主、私を見るなり、「まだ働いているの?」 「ハイ、まだ頑張ってますよ」。

s2-15  s2-16

ニシン蕎麦を食べました。

s2-18

琵琶湖へ戻り、今回の釣行+αも終了となりました。

また来年来ましょう。

※写真はクリックすると綺麗に見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

琵琶湖舟行の巻、その1

1-1                            国宝「犬山城」

今年も「琵琶マス」引縄釣(トローリング)に行ってきました。

初日は移動日なので、途中何処かに寄ろうと考えました。 中央道で行くので、国宝「犬山城」はどうか? 小牧東インターで下りて、30分弱、第一駐車場へ到着。

1-2  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成16年まで旧城主の成瀬氏の個人所有というのがビックリ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木曽川沿いに建てられた城、立地が素晴らしい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  1-5

城下町に下りて、からくり展示館へ行く。

1-6  1-7

これは有名なからくり人形ですね。

1-8  1-9

いろいろな小物から、山車に乗る大型の物まで展示されており、なかなか楽しい所です。

さて、そろそろ温泉の時間、長浜に向かいましょう。

1-10

今回は姉川温泉。 結構ネット情報では人気があるようです。 で、入場するとやはり頷けます。        清潔感があり、施設も充実しています。

泊まりは道の駅、大型バイクのお兄さんが軒下でテント泊、全く味気がないので、ビールとチェリソのおすそ分けをする。 喜んでくれました。                                                こちらは煮豚の燻製、チェリソ、手作りアタリメ等いつもの宴会で、早寝です。

1-11

翌朝4時起床、北湖のマリーナへ。    今回も19fヤマハ50馬力センターコンソールを借りる。      承認旗を掲げ、出航です。 天気は雨、うねりもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA                             大 崎 寺

先ずは海津大崎沖を流す。 アタリがない・・・。                                       1時間ほど経ってアタリが出始めるが、大型ウグイと ハス(コイ科の在来種、フィッシュイーター) ばかり・・・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

竹生島周辺に移動。 しかし、全くアタリ無し。

1-14                              竹生島の桟橋

お昼になったので、納竿としました。                                             マリーナのご主人、「ウグイの層に当たっちゃったんだね」・・・。

さて、琵琶湖を南下します。

1-15  1-16

白髪神社で休憩し、大津方面に向かう。

きょうも道の駅泊。 明日はどこへ行きましょうか?

次回に続く。

※写真はクリックすると綺麗に見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想いでの「亀トラ」の巻

亀トラ99ー3                          まだ40歳代の勇姿

16年ほど前まで、京都府の亀岡トライアルランドへ年に1回、草トライアル遠征を行っていました。     誰も知らない土地で、トライアルを楽しみながら、新しい友人との出会い、これまた楽し! なんです。

個別参加の場合は、主催者側の指示で3~5名のグループに入れてくれます。 グループ内で相互採点し、写真を撮ったり、若干危険な場所ではセクション内にスタンバインしサポートに入ってくれます。        終わる頃には仲間意識が出て、またご一緒に! となるのですね。

◎小ステアケース-1 動画  ・何とか踏ん張って足つき無しでアウト、0点、クリーン。                                        MOV00009

バイクは当時、                                                             ホンダ車     バイアルス125   TLR200   RTL250(コンペ車)   シルクロード          イタリア車    ファンティック125   ベータ・アルプ(250)                           以上、古い物ばかり乗っていました。新車はストリート&スクランブラー的なシルクロードだけで、後は中古車をレストアして乗っていましたね。

一番好きだったのはやはりTLR200、2本サスですが、丈夫で、ドコドコゆっくりグリップさせて走るのがよかったですね。 タンク等はスリムタイプ、排気系もステンとアルミに、点火系もいじり、その他いろいろバージョンアップしてました。                                                     加えて、バッテリーレスの公道仕様。 これはなかなか難しく、専門店と相談して何とかOK。

◎小ステアケース-2 動画  ・順調でしたが最後のステアケースで足つき2点。 このセクションは結構な高低差があるんですよ。            MOV00007

トライアル競技は1つのセクションで足を着かないでアウトできれば クリーン、1回足つきで1点、2回で2点、3回以上は全部3点と採点されます。  途中でバイクが止まって(転倒、両足を着いて動けなくなる等)しまえば5点となります。

亀トラ99ー2                            ヒルクライムに!

大会に出ても、万年ビギナーで終始。                                             しかし、まだ結構元気な時代の じ~じの巻 でした。

※撮影はソニーのサイバーショット初期型。                                            動画はクリックすると見ることが出来ます。 写真はクリックすると綺麗に見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

sutee

オプティマス199で「カレー味噌煮込みうどん」の巻

199-1                  日帰り温泉の駐車場から、日の出前の写真

金曜日、3時半に目が覚める。                                                 これは日の出前の写真が撮れるぞ、と、3時50分、ライトオンで出発。                                                    ところが光量が足りない? 五日市街道バイパスのコンビニで電池を調達、リチウム123Aと言う特殊なタイプでしたが、2個だけ在庫があり、良かった!

199-2

玉川上水沿いを拝島に出て、多摩サイから多摩川中央公園へ。 霧雨が降っていて、天気は今一つ。

199-3

きょうは久しぶりにオプティマス199を持参、炎が暖かく柔らかい、そして静かなので、大好きなバーナーの一つです。 以前うっかり落としてしまい、タンクとバーナー部の付け根にクラックが入り、自分でロー付けして治した物なので、特に愛着があります。                                            この199は前期型、五徳は後期の物、キャップは先日機能ロスで、他機の物を使っています。

199-4

公園のバーベキュー場のベンチで、クッキング開始。  きょうは「カレー味噌煮込みうどん」。          材料は長ネギ、カボチャ、人参、インゲン、卵、カレー粉です。

199-6  199-7

まずはお湯を沸かし、甘い紅茶をいただく。 余ったお湯にうどんを入れ、野菜を入れて出来上がり。    こってりと、美味しかった!

199-8

さて、天気が心配なので、早めに帰りましょう。  6時50分には教室に着いてしまう。

次回は何を作ろうかな?

※写真はクリックすると綺麗に見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

ユーちゃんとユー君の巻

ま-1                               君、だれ?

ま-2                         おいおい、泣かないでよ

ま-3                          あらら、今度はあなたが・・・

ま-4                              仲良く遊ぼ

ま-5                         あ、これ私のよ、えー、僕のだよ

ま-6                           せっかく、あげたのに・・・

2人は12月生まれの従兄弟で同級生、これからも仲良しでね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狭山湖・「ポトフ風ペンネ」 の 巻

tp-1

身体がなまってきています。  これは暑くても出かけなくては!

と言うことで4時起床、4時半、ライトオンで狭山湖へ出発。  新青梅街道をを越えたすぐに庚申橋があります。普通の橋なのですが、時々、良い景色を見せてくれます。

tp-2

久しぶりに多摩湖をぐるっと回ってから狭山湖へはいる。                               きょうは、体調が良いようです。比較的軽く走れます。

tp-3  tp-4

そしていつものベンチへ到着。                                                 今回のメニューは「ポトフ風ペンネ」。 材料は早茹でペンネ、玉葱、人参、ジャガイモ、青ネギ、チェリソ、ミニトマト、そしてチキンブイヨンです。                                               お湯を沸かして、まずはフレンチをいただく。

tp-5  tp-6

残ったお湯に具材を入れます。 そして、ブイヨンを入れて出来上がりです。                    味見をすると、何か足りない?  常備している醤油を垂らすと、ハイ、美味しくなりましたよ。          とてもヘルシーな朝食となりました。

tp-7

きょうは遠方の山並みは今一つ、富士の山も残念、顔を出してくれませんでした。

今度は何を作ろうかな?

※写真はクリックすると綺麗に見ることが出来ます。

 

 

 

 

真夏の銀山湖釣行の巻

ぎん-1                            銀山平のスロープ

天気が不安定で、銀山湖は雷が出るだろうな・・・。                                    まあその時は早め早めに切り上げよう。 良し行くぞ!  と、気合いを入れて、仕事を終えた夕方に出発。

ぎん-2  ぎん-3-1

銀山平の指定駐車場に8時前に到着。 早速「居酒屋じ~じ」の開店準備。                    キハダマグロぶつ、煮豚・鮪・チェリソの燻製、京漬け物、大根・人参・シメジ・椎茸・鶏肉の煮物、と、結構豪華です。

ぎん-3-2   ぎん-3

お酒は秩父で仕入れた武甲正宗の「吟嶺」、なかなかスッキリ、良いお酒です。明日は早いので、深酒せずお休みなさい。

ぎん-4  ぎん-5

早朝、霧雨が降っていましたが、すぐに止み、曇り空。  出航して暫くすると高山は雲に包まれていましたが、湖は晴れてくる。 パラソル登場、盛夏です。

ぎん-6  ぎん-7

釣果の方は、大物のバラシが3回、リーダーまで巻いたのに、一暴れでフックアウト。               サクラ鱒が1匹、太っちょヤマメが2匹、小ぶりが2匹でした。                              泊まりの伝之助小屋・庭テーブルで捌きます。 2匹は昆布締め、3匹を塩麹漬けにしました。

ぎん-8  ぎん-9

同宿の渓流釣りのグループ、明日は中の又川へ行くそうです。 平ヶ岳も登るのかな?             伝之助小屋の夕食はいつもながら山菜料理等、美味しくいただきました。 ここでも雪中貯蔵の純米吟醸酒を仕入れましたよ。  7時にはドテッと寝てしまう。

翌朝3時半起床、いつもの渓流へ出かけるが、藪に結構な踏み跡があり、こりゃダメかな・・・。        竿を出すがやはり全くアタリ無し、早々に小屋へ戻り、朝食を食べて帰路につく。                 伝之助のおやっさんに帰り際、エゾシカの肉をいただく。 北海道から送ってもらうのだそうです。       また寄らせて頂きま~す。

ぎん-11  ぎん-13

さて、教室に戻って、一休みしてから、燻製作りです。まずは鹿肉を醤油・ミリン・ガーリック・黒胡椒の汁に漬け込みます。 ヤマメは塩麹をペーパーで拭き取ってから、脱水シートで包んでおきます。           そして3時間ほど燻します。

ぎん-12  ぎん-10

鹿肉も、ヤマメも驚くほど美味!  夕食には昆布締めもいただきました。

じ~じは食べる釣りが大好きです!!!                                           8月は琵琶マスの釣行予定です。

 

※写真はクリックすると綺麗に見ることが出来ます。