月別アーカイブ: 2014年9月

巾着田 「彼岸花 満開!」 の 巻

巾着田-1

彼岸花が満開との風の便り。   9/23、埼玉県日高市の巾着田を家人と訪ねる。

車で行く事にしたので、早めの出立。 現地には8時頃着いたので、駐車場はまだ入る事ができました。

巾着田-2  巾着田-3

高麗川から流れ着いた種が、岸辺に花を咲かせたとの事。                               これだけ花が多いとすごいなと思います。 管理は大変でしょうね。                         白い花も混じります。

巾着田-4  巾着田-5

立派なカメラを構える方も多く来ていました。 思い思いのアングルで撮っていましたよ。            私もずいぶん撮りましたが、なかなか良い写真は難しい・・・。

巾着田-6  巾着田-7

園内をぐるっと廻り、最後にはニコニコで地場産店のここに。  原酒を家人に買ってもらいました。

そして、近くに住む3人目の孫(ペコちゃんだね)を訪ねることに。 これまたニコニコで帰宅しましたよ。

巾着田はこれから秋桜の花の時期ですね。

おしまい。

※写真はクリックすると綺麗に見る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

狭山湖 「釜揚げ きし麺」 の 巻

多摩湖夜明けだよ                             多摩湖の夜明け前

久しぶりのランドナー、やはり定番、狭山湖へ行きましょう!

5時前にライトオンで出発。 多摩湖の夜明け前を撮る。                                何度も同じ場所で撮っていますが、その都度違う風情に満足。

狭山湖夜明けだよ  狭山湖夜明けだよ-2

狭山湖堤防で丁度日の出。  取水塔に陽が注いでいる。

多摩湖朝食-1  多摩湖朝食-2

いつものベンチに到着。  バーナーはオプティマス8R(ステンケース兼コッフェル)を持参、セットしてお湯を沸かします。  8Rは46年ほど使っていますが、現役バリバリです。                         今日のメニューは釜揚げきし麺。 長ネギと裏庭でできたミョウガ、そして卵を使います。            初めに珈琲とビスケットをいただきますよ。

多摩湖朝食-3  多摩湖朝食-4

余ったお湯にきし麺投入、 猪口にお汁を入れ、薬味、卵も。

多摩湖朝食-5  多摩湖朝食-6

そして出来上がり。 なかなか美味しいのですよ。   食べてから、麺のゆで汁を猪口に入れ、そば湯のようにいただきます。 これもまた美味いものです。

片づけてから、富士の山が見えるか、堤防を少し走り始めると、前方からお仲間のような自転車が来るではありませんか。 軽く挨拶をしましたが、 どなたかな?

多摩湖うす富士

帰路は多摩湖経由。  富士の山がうっすら、良い雰囲気で顔を出しています。

※写真はクリックすると綺麗に見る事が出来ます。

※狭山湖で出会ったサイクリスト?  ブログ仲間のjamさんが教えてくれました。 承諾を取ってから掲載しますね。

→ 承諾を得ました。 Koba58さんでした。                                             ブログは以下です。 自転車を何台も持ってらっしゃる方ですよ。                                   http://blog.goo.ne.jp/kobapapa2011/e/497ae211d9ecdefd05f791199f97ac9a

 

 

 

 

 

 

お寺参り、琵琶マス釣りその後 の 巻

清水寺-1                                清 水 寺

さてさて、琵琶マスは釣れませんでしたが、この地域は訪ねる所が沢山あります。

東寺で骨董市をやっているとの情報をもらい、訪ねる事に。                             が、早めに着いたにもかかわらず、車を止める所がありません。近くの水族館も無しです。          あっさり諦めて、大きめの駐車場がある高台寺へ行く事にしました。

清水寺-2

二年坂、三年坂を経由し、清水さんへ。  何回かここへ訪ねていますが、今回はビックリ、外人さんばかりです。  欧米系も多いのですが、中国語(そう聞こえる)が周りで良く聞こえます。

空を見上げると、青が美しい!

清水寺-3

2つの坂の曲がり角にあるちりめん山椒屋が美味しいのです。勿論ゲット!                    お昼ご飯は定番のニシン蕎麦でしたよ。

ここから大原方面に向かい、琵琶湖大橋を越え、近江八幡・長命寺の佃煮屋さんへ。 鮎の佃煮と鮒寿司を購入しました。

永源寺-1                                 総 門

今回の最終廻りの地は 臨済宗永源寺派大本山「永源寺」です。

永源寺-2  永源寺-3

由来は写真を見て下さいね。

永源寺-4  永源寺-5          川上側を登る                              川下

お寺さんは国道から橋を渡り川上沿いに歩いて上がっていきます。 雰囲気のある場所です。

永源寺-6                                  山 門

秋、紅葉の頃が良い場所ですね。

永源寺-7

本堂は茅葺きです。

永源寺-8  永源寺-9

総門の手前にある「十六羅漢」、岩の素彫です。

「撫で佛」、 旅の最後に頭(惚けがゆっくりと)、胸(食道現状維持)、足(リハビリ継続)、とこれからも旅ができるように、撫でさせて頂きました。  感謝!

琵琶湖の旅 完。

※写真はクリックすると綺麗に見る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琵琶マス トローリング 釣れなかった・・・ の 巻

OLYMPUS DIGITAL CAMERA                             琵琶湖の日の出

さて、道の駅駐車場で朝食を済ませ、琵琶湖北湖のレンタルボート屋さんへ向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  琵琶湖-3

今回、19フィート40馬力センターコンソールボートを借りる。 マイボートは12フィートなので、風が強くなるとちょっと不安。 ボートには引縄釣承認旗をくくりつけます。

琵琶湖-2  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海津大崎の大崎寺、緑の中に朱、趣のあるお寺さんです。  伊吹山からも観た竹生島。

さて、釣りの方はアタリはあるのですが、上がってくるのはウグイ、ん? 後で聞いたのですが「ハス」と言う鯉科の魚でした。 引きが強く、尺上の立派なものばかり。

しかーし、気を取り直して流していると、来ました大きなアタリ! 50cmは越えそうな琵琶マスです。 これまた、しかーし、ネットイン直前に跳ねられ、バレてしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA                                               伊吹山遠景

まあ、天候にも何とか恵まれ、釣りができただけでも幸せですよ(と、思うことにします)。

午前中で納竿し、また新たな温泉と道の駅に向かうのでした。

次回に続く。

※写真はクリックすると綺麗に観る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

琵琶マス釣れたかな? の 巻

伊吹山-1

年に一回の琵琶鱒トローリング、今年は機会が訪れず、何とかやっと禁漁前に行く事ができました。

早く出る事ができたので、これは観光を入れましょうと、伊吹山へ。                          戸倉父ちゃん会登山隊長マッチャンは、先日、長浜方面から正規ルートで登りましたが、私じーじは関ヶ原で高速を下り、もちろんドライブウェイで山頂直下の駐車場へ。

伊吹山-2  伊吹山-3            伊吹トリカブト                         オオハナウド?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA           シオガマギク                          アキノキリンソウ

この山は6月から10月頃まで何らかの花が咲いているそうです。

伊吹山-4  伊吹山-5

伊吹山は100名山の1つ。 低山ですが、お花や薬草の山として価値が高いのでしょうね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA          琵琶湖南湖方面                       北湖方面、竹生島

大分日が傾いてきたので、温泉に行きましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  伊吹山-11

本日は須賀谷温泉の旅館のお風呂をお借りします。                                   ぬる湯にゆっくりつかり、道の駅へ。

居酒屋じーじの開店時間。 本日のメニューは里芋の煮物、鯖ロースト、ソフトビーフジャーキー、ウィンナロースト。 鯖の押し寿司も。

疲れがどっと出て、早めにお休みなさい。 明日は琵琶湖です。

次回に続く。

 

※写真はクリックすると綺麗に観る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀山湖・渓流釣り の 巻

銀山-1

銀山湖の禁漁は10月、それまでにもう一回と出かけました。

仕事を終えてから、急いで出発。 銀山平のマイボート待機場へ。

銀山-2  銀山-3

早速、居酒屋じーじの開店です。 これまでのようにぐいぐいとは飲めない身体なので、嗜む程度に。    肴は根菜・シメジとゲソの鋳物、鮪、お手製アタリメと焼き豚、そして鯛のかまぼこ。 なかなか美味。

銀山-4  銀山-5

翌朝は4時起床、簡単におかゆをいただいて、仕掛けの準備をして、さあ石抱小屋へ(ボート受付)。

銀山-6  銀山-7

朝一番は危なそうな天気でしたが、青空も一部見えてきました。

銀山-8  銀山-9

軍艦島が良い雰囲気です。 雨が降ったり、止んだり、晴れたり、忙しい天気で、雷を心配しましたが、一度も雷音を聞く事がなく、ホッ、です。

銀山-10  銀山-11      中の又川の流れ込み付近                           荒沢岳

ワカサギ釣りの船が4隻ほど出ていましたが、トローリングはじーじのみ、静かです。               釣りも実に静かで、一回もアタリ無く終了となりました。 この時期、トローラーはあまり来ないですね。    しかし、湖を独占状態で、気分はグットグット。

銀山-12

きょうの泊まりは伝之助小屋、離れも含め登山客で満杯でした。 ここからは荒沢岳、駒ヶ岳登山、そして平ヶ岳の中の又川ショートコース(民宿組合がバスで閉鎖林道に入っていく)。                  私の平ヶ岳は真夏、テント担いで、鷹ノ巣からの正規ルート8時間脱水気味で何とか登りました。 雪渓の水でのスコッチ水割り最高でした。夜は満天の星、思い出すな。                              さて、夕食は早めにいただき、18時頃にはバタンキュー。

渓流-1  渓流-2

翌朝は登山客の出立で賑やか、私も起き出して、渓流に出かけます。                        いつもの渓の入り口が藪に覆われて大変、藪こきして何とか流れに降り立ちました。と言う事は人が入っていない証拠!    これは行けそうな。

渓流-3  渓流-4

そして大当たり! 1時間15分ほどで尺岩魚と足らずを各一匹、ヤマメを17匹釣り上げる事ができました。ニコニコですよ。

渓流-5  渓流-6

岩魚は昆布締め用(大きめのヤマメも)におろし、ヤマメは燻製です。                        ヤマメは渓流の女王、美味いですね。

渓流-7                           雲のかかる越後駒ヶ岳

さて、銀山湖とは暫くお別れ、これからはワカサギの季節に入りますね。

※写真はクリックすると綺麗に観る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山中湖ワカサギ釣り 今季初 の 巻

山中湖 表

山中湖のワカサギ釣りが解禁(9月1日~)になりました。ことしは結構釣れているとの情報、それでは行ってみましょうか。 で、ドーム船・しゅうすい屋さんへ。

ランドナー(旅の自転車)ブログ仲間の jamさん、エムビーさん は山中湖・忍野・二十曲峠へ相次いでパスハントでしたが、同じ山中湖でも私はワカサギ・・・。 解禁と禁漁直前には弱いんです・・・・・。

山中湖-1  山中湖-2

天候は曇り、のち雨の予報。

山中湖-3  山中湖-4

釣り人は三人のみ。   私だけ離れているのは、使用オモリの関係、他の方は5~7g、私はK-zanの芳賀スペシャル穂先を使ってのノンストップ釣法修行で2g、お祭りを避けるためです。

釣り開始、ビックリするほどの入れ食い、しかもワカサギ君非常に元気、二本竿の手前祭であららの巻。 ゴールデンタイムが消えてしまいました。 気を取り直し、一本のみで集中、午前中はポツポツ釣れていましたが、午後はぱったりアタリが止まってしまう。 その代わりに ニゴイ君の猛攻、仕掛けを切ってくれましたね。

結局、164匹で終了。 毎回ため息、反省ばかり、でもまた行きたくなるのです。 困ったものです。     ちなみに写真左側のお若い方は二刀流で3束、ことし初めて福島・桧原湖へ行く予定との事、 またお会いできると良いですね。

※写真はクリックすると綺麗に観る事が出来ます。