月別アーカイブ: 2014年7月

さわらびアウトドア教室 「芦ノ湖レイトロ」 の巻

芦ノ湖 表

アウトドア教室で芦ノ湖へ行って来ました。  レイトロとはレイクトローリングの略です。             今回は私立小二の児童A君と一緒です。

教室15時出発、山中湖の山荘へ向かう。 古くからの友人の山荘をお借りします。

山荘初日-1  山荘初日-2

到着してから荷物運び、掃除、入浴、夕食準備と忙しく働きます。 野菜のカット、左手の卵の形を本人意識!

山荘初日-3  山荘初日-4

夕食は煮込みラーメン(豚コマ、カボチャ、人参、キャベツ、長ネギ)、サラダはアスパラ、ミニトマト、チェリソ、キューリ。 ラーメンはお代わりして完食です。

山荘初日-5  山荘初日-6

少し休んで、じーじと にらめっこ、ダルマさんが転んだ、あっちむいてホイ、で遊ぶ。              ゲームもテレビもありません。  そして、19時50分,寝袋にくるまり、お休みなさい。

芦ノ湖-1  芦ノ湖-2

翌朝は3時17分起床、昨夜の残り物をササッと食べて、芦ノ湖へGO!                       5時20分出船。芦ノ湖は結構ガスっていましたが、少しずつ晴れてくる。

芦ノ湖-3  芦ノ湖-4

雨の予報でしたが、10時頃までは何とか保っていました。 船の上でお湯を沸かしてカップラーメンを食べるのを楽しみにしていましたが、天気は下り坂、10時半には桟橋に向かい、上がる。  ラーメンは車の中でいただく事に。美味しかったね!

桜-1  桜-2

さて、山中湖への道路は混んでくるので、急いで山荘に帰る。渋滞は少しだけで済みました。 肝心の釣果、少ない時間でしたが、小型サクラマスを3匹ゲット。本人大喜び。 魚は家へ持ち帰るためにエラと内臓、血合いを取り、持参した自家製塩麹に漬けました。家族3人分、丁度良かったですね。

BQ-1  BQ-2

さて、さて、今夕の食事はバーベキュー。 じーじ特製ダレに漬け込んだ牛肉と塩麹に漬け込んだ豚肉がメインです。 美味しいと言って食べてくれました。

BQ-3 BQ-4 BQ-5

15時にはバーベキューも終了、夕食補填に焼き芋と野菜の塩漬けを作る。 焼き芋用に持参するはずだったダッチオーブンを忘れてしまったので、古典的な新聞紙とアルミホイルで作りました。ホッコラ美味しくできました。                                                               片づけもきちんとできました。偉い!                                              この日は本人希望で、じーじの一寸恐いお話を2話(「野尻湖の古井戸」、「バンブー洞のメラメーサ」)聞いてから、18時20分就寝でした。爆睡!

山荘3日-2  山荘3日-1

翌朝は5時半起床、朝風呂に入ってから、いよいよクッカーでご飯を炊きます。 汁物はなめこ豆腐汁。

山荘3日-3  山荘3日-4

納豆はクルクルよくかき混ぜます。 そしていただきます。 生卵も納豆に加えて食べていましたよ。

楽しい釣りキャンプも無事終了、片づけ、掃除をきちんとしてから帰路につきました。本人、終始ご機嫌で、釣果を直接お母さんに話すんだ、とルンルンでした。 また行きましょう!!

鹿角 8  帰る

さて、前回記事の鹿角のルアーはどうだったのでしょうか?  釣れましたよ。 じーじ感動!!!

※写真はクリックすると綺麗に観る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿角ルアーを作る の 巻

鹿角 表

戸倉父ちゃん会登山隊長のまっちゃんから鹿角をいただいた。                             さわらび教室のアウトドア教室(芦ノ湖トローリング)があるので、それに間に合うよう、ルアー作り、急いで着手。

鹿角 1  鹿角 2

初めての事なので、とりあえず先の方を切断、すると、中央部に随の部分があり、鬆が入っている。

鹿角 3  鹿角 4

糸鋸で半分に切断。 やはり随の部分中央部を結構削らないといけません。

鹿角 5  鹿角 6

グラインダーとルーターで形を作っていきます。                                      鹿角を削る時、独特な臭いがして気持ち悪くなりますが、タオルで口・鼻を塞いで何とか削りました。     2つの穴については、本当は真鍮パイプ(3mm)を埋めて補強するとのことで、調達はしておきましたが、どの位、補強無しで保つか試してみます。

鹿角 7  鹿角 8

まだ随の部分が残っていますが、一応出来上がりとしました。

さてさて、芦ノ湖での釣果に結びつくか?????   こうご期待です。

 

 

 

 

 

狭山湖・ダッチオーブンの巻

狭山碑前 表

先日、ケーブルテレビのキャンプ番組を観ていたら、細長いダッチオーブンで根菜を蒸していました。     鋳物調理器は重いので敬遠していましたが、これなら自転車ポタリングに使えるかもしれないと思い、早速アウトドアワールドへ行く。 幸い、展示品1品だけありました。それでも良いと購入。

カプセル-1  カプセル-2

名称はスノーピーク社の「コロダッチカプセル」、箱から出してランドナーのフロントバックに入れると、何とか斜めに入りました。                                                        翌日土曜日、4時起床するも、雨です! 予報では6時頃より晴れるとありましたので、待っていると、止んでくれ、5時50分出発。

中央堤防-1  中央堤防-2

今回時間が遅いので、多摩湖周遊道路西へは入らず、中央堤防を渡って狭山湖へ。

カプセル内容-1  カプセル内容-2

いつものベンチでキャンガスRANDO360をセットし、用意開始。   カプセルにはタマネギ、人参、チェリソ、ニンニク、ジャガイモを入れます。

蒸す前に、お湯を沸かし、フレンチ珈琲をいただきますよ。

カプセル火入れ-1  カプセル火入れ-2

水の量は火が弱いのと全体に廻らないので多く入れます。  蒸し上がったらオリーブオイルを掛け、ジュッ。お醤油をたらすだけのシンプルな味ですが、とてもグットです。

自転車仲間-1  自転車仲間-2

食事中、老年の自転車乗りの方が相席。 いろいろお話をさせて頂きました。 80歳を超えて、山も自転車も続けているそうです。 60過ぎてから、冬の富士山を登ったという強者です。  ヘルメットは登山の時のものだそうです。                                                           また何処かでお会いしましょう!

写真を撮ってから、帰路につきました。

※写真はクリックすると綺麗に観る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

銀山湖 雨のち晴れ の 巻

馬の背 表                 圧巻の馬の背(只見川本流・右と片貝沢・左の合流部)

この時期は釣行の天候把握が非常に難しい時です。                                   とりあえず行ってみましょう! の 心意気で、銀山湖(奥只見湖)へ。

待機場  銀山スロープ

銀山湖へのボートの持ち込みは厳格に規制されていて、エンジンは10馬力未満船しか登録出来ません。この湖は外来種、例えばブラックバス、ブルーギルの放流は禁止、在来種の保護を行ってます。皆さんご存じの開高健さんらが在来種の保護運動を起こした歴史があります。じーじのボートはそれに合わせて9.9馬力です。                                                                 いつもお世話になっている小屋で受付を行い(船舶登録は奥只見山荘)、スロープから船を出します。

駒ヶ岳前方  銀山湖山並み          越後駒ヶ岳                           湖岸はすばらしい景色

雨天仕様で出船、が、段々天気は良くなってきます。 ラッキー!  景色は最高です。              釣りの方は、アタリがありません。 しかし唯一ので、針がかりしました。 40cmずいぶん足らずのサクラマスが何とか上がる。

温泉  雪渓

即終了です。 お昼に納竿。 温泉に行きましょう。 かもしかの湯でのんびり。 ここからは荒沢岳雪渓が望めます。

sakura-1  sakura-2            綺麗な二枚                           上がサクラマス

さて、サクラマスは現地で三枚おろし、昆布締め。 小骨はそのままです。                     酢を使うので、一晩おけば問題なし。 昆布でネットリ、美味しいですよ。

帰宅してからいただきました。

また行きましょう!!

※写真はクリックすると綺麗に観る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さわらび教室のギターを新しくする の 巻

アントニオ・サンチェス

25年以上前、都立小平養護学校のバザーで購入したギターを、以前の職場(国分寺市立こどもの発達センター)で使っていましたが、さわらび教室でも使い続けていました。                           しかし、チューニングが難しく、ストレスを感じていました。 当時2千円で購入したと思います。        父ちゃんバンドのメンバーが遊びに来て、チューニングするも、「合わない!」でした。 どうやって使っていたかというと、C調なら、そのコードで合わせ、G調ならそれなりに、と言う具合に面倒だったのです。それに完全には合わないので、ストレスがたまるのでした。

アントニオ・サンチェス-1

年に一回、東京医科歯科大学へ検診で出かけるのですが、いつもお茶の水の楽器街を覗いて楽しんでいました。  今年はもう我慢出来ないので、早めに出かけ、K楽器店で購入する事にしました。

店内を見回していると、明るい色のギターが目に入りました。 店員さんにこれ音出してくれる、とお願いすると、 明るい音色、良いじゃありませんか! 即購入、としました。

アントニオ・サンチェス-2

このギター、スペインの「アントニオ・サンチェス」、フラメンコ用のギターです。 ピックガードが付いています。

店員さんに予備弦、ケースを用意していただいている間に、検診を済ませ、ギターを背負ってルンルンで教室に帰ってきました。

月曜日の教室が楽しみですね。