カテゴリー別アーカイブ: 未分類

TL125、リアランプ類自作の巻

中国製お安いキット

 TL125のリアランプ類軽量化を行うことにしました。 アマゾンで加工できそうな物、そしてなんと言ってもお安い物がありましたので注文。

純正リアランプ類アッセン

 
 純正は125・200とも頑丈に出来ていますが、とにかく重いのです。 200の方は2年前に既に軽量化は行っていますので、その要領で125も。

真ん中をカット

 このキットは本来フェンダーの下側に付ける物なので、加工が必要です。で、真ん中をカット。

穴開け

 ランプの両サイドにウィンカー用の取り付け穴を開けます。

裏側

 裏側からウィンカー取り付けボルトを通します。

裏隠し

 フェンダーに取り付けると前側が開いてしまい、よろしくないので、ゴム板で裏隠しです。 それに、ウィンカー取り付けのパッキンになります。

ナンバー取り付けステー

 ナンバー取り付けステーは自作しようと思いましたが、ホームセンターで丁度良いのがありましたので、少しカットして使います。

アース線合わせ

 ランプとウィンカーのアース線を、倉庫にあった3極合わせのギボシでつなぎました。

仮組み

 とりあえず仮組みするとこんな感じです。 今日はここまで。 次回は5線(常照ランプ・停止ランプ・右ウィンカー・左ウィンカー・一体アース)を6極ハウジング(オス)を使ってメインハーネスとつなぐ加工をします。

里山トライアル参加の巻

平地エリア

 埼玉の里山トライアルに行ってきました。 結果から言うと、ビギナークラスビリから2番目。

まさに里山と言うエリア(ため池)

 前日は粉雪混じり、早朝は晴天で氷点下、これは溶け出したらヌルヌルになることは分かっていましたが、予想通りでした。

ミーティング(中央は主催者の齊藤さん)

 駐車場が一杯だったので、結構な人数の参加でした。

スケジュール等

 次回参加は、霜解けで同じようでしょうから欠席でしょうね、ハイ。

今回のチーム

 一番右、上坂さんの知り合いチームに入れてもらいました。

チーム内紅一点のHさんと上坂さん

 2人ともとても上手で、ビギナー2位・3位でした。

食事風景

 この大会は食事が出るんです。美味しいハヤシライスと野良棒の汁をいただきました。ノンアル缶も付いてましたよ。

傾斜エリア

 今回マシンのブレーキメンテナンスができて無くて、下りで止まらなかったり、タイトターンを曲がれなかったり、ズルッと行ってしまったり・・・。だいたいこの大会はいつも成績が悪いのです。 あ~あの1日でした。が、それなりに結構楽しかったのですよ。

K沢華金練習の巻

K沢風景

 華金練習にK沢へ。 丁度明けた頃でした。 誰も居ない、静かです。

崩落箇所

 崩落箇所の状態は変わらず。

ステアケース(これはトライしたこと無し・・・)

 暫く乗っていると、エンジン回転が不調になる。 PW22はなかなか難しいキャブレターです。  洗浄したPD22を持ってきていたので、交換することに。

全景

 交換後は快調に回りましたよ。 大会が近々あるので良かった。

クラッチ・エクステンションバー自作の巻

エクステンションバー装着後

 TL125フィールドトリッパーのクラッチレバータッチが少しきついかな、と言うことで、TLR200 と同じようにエクステンションバーを作ることにしました。

左:切り出した物  右:TLR200使用中

 アルミ厚板から糸鋸で切り出して作ります。 右側のTLR 用に作った物と同型なのでその寸法で更にグラインダーで削り出していきます。

ほぼ完成

 TLR用にねじ穴が2つあるのは、中央のがはじめに開けたもの、左側のが更に延長するので開けたものです。 

反対側

 クラッチケーブルが入る大きさの穴を開けてから、ケーブルエンドが入る大きさの穴を3/5程空けます。全部空けるとエンドが抜けてしまします。 ケーブルを入れるための溝を糸鋸で切ります。

ねじ切り

 2.5mmの穴を開けてから、3mmのねじ切りでカットしていきます。

固定

 本来のケーブルエンドが収まるところに延長バーを差し込み、先ほど切った3mm穴を使いネジで固定します。

装着

 バーを反対に回して、ケーブルエンドを納めれば出来上がりです。 後はクラッチの繋ぎ調整ですね。

TL125、K沢初練習の巻

K沢の夜明け

 TL125フィールドトリッパーを載せて、K沢で初練習。

日曜組の面々

 夜明け前に到着しましたが、高齢者はみんな早い・・・。 そしてすぐにマシン談義となります。

 さて、125ですが、フルノーマルで走ってみました。やはり、非力なので、200では簡単に上がることができても、身体を思った以上に使わないとなかなか難しい。重量が重いせいもあると思います。 今回は状況把握で終了。 

帰路へ

 後部ランプ類は部品が揃い次第細工取り付けします。 タンクはこのままと考えていましたが、結構重い・・・。NARITA製アルミタンクとシェルターに換装を考えても良いかと思います。 燃費が良いので、小型アルミタンクでも結構走ってくれるかもしれませんね。

TL125フィールドトリッパー補修等3点の巻

グリップエンドプロテクター(ブレーキ側右)

 前保有の方は街乗り用に使っていたらしく、グリップエンドにプロテクターが付いてなかったので、取り付けることにしました。

クラッチ側(左)

 125はクローズドコンペに参加することはないので、グリップラバーはそのまま。 プロテクターはちょっと大げさなんですが、クロスカブ用に在庫してあった物で、もったいないので使うことにしました。が、ちょっと出っ張りがきついかな・・・・・。

 プロテクターには固定タイプと共回しタイプがあります。 TLR200では左固定、右共回しでしたが、在庫の物は左右とも固定タイプでしたので、グリップラバーを加工して付けました。

チェーンテンショナースリッパー

 スリッパーが大分削れ、内側ガイドに到達しそうだったので、交換しました。

交換後

 ガイドに当たりそうだったので、換えて良かったです。

サイドカバー

 右側のサイドカバーの裏に問題あり。 

タンクに引っかける爪

 サイドカバーを固定するための、タンクに引っかける爪の1つが折れてない状態でした。 これをCRCのプラ蓋を爪様に切って、プラリペアでくっつけました。

サイドカバーの突起部(ピンぼけ・・・)

 突起部が少し細くなって本体から抜けやすくなっていたので、瞬間接着剤で厚盛り。

 探せばいろいろ補修箇所が出てきます。まあ、これも楽しみですね。

TL125、タイヤ交換の巻

リアタイヤ交換後

 TL125に付いていたタイヤのブロックはまだまだ使える状態でしたが、公道での話で、トライアルには不向きなカチカチ山、で、交換することにしました。

フロント

 フロントは以前200から外したイノウエのツーリストを再利用と思いましたが、やはり大分くたびれているので、ネットで一番安い物を見つけて装着することに。

リア

 リアはコンペには硬いと200から外したダンロップK950を使うことにしました。

クリーム

 タイヤにビートクリームをまんべんなく塗ります。

進行方向

 フロントのツーリストは進行方向指定があるので、取り付けを左右間違えないようにします。

チューブ挿入

 少し空気を入れたチューブをタイヤの中に押し込みます。 リムにはビートストッパーとリムバンドを装着しておきます。ただし、ビートストッパーのナットは緩くね。

バルブ部分

 チューブのバルブ部分を引き出し、リム穴に入れ緩めのナット止め。

出来上がり

 リアはバルブとビートストッパーを底辺にした、二等辺三角形の頂点を最後にビートを入れ込むようセットします。

パンク

 でヘヘ、リアのビート入れ込み時、チューブを噛ましてパンク・・・。 あ~あ、がリアのチューブが無いので修理。後ほどビートを上げるため2k程空気を入れましたが、問題ありませんでした。

ドリブンスプロケット

 ついでにスプロケットを外し、洗浄しましたよ。

琵琶湖レイトロ承認旗届くの巻

承認旗

 今年度の琵琶湖引縄釣(トローリング)承認旗が届きました。 一昨年度までは承認証があったのですが、簡素化したようですね。

レンタル船

 随分前は自分のボート(12F)を引っ張って琵琶湖まで行っていたのですが、何回か危ない目にあり、現在はこの19F40馬力の船を借りています。  琵琶湖の波うねりは怖いですよ~。

竹生島

 じ~じは竹生島周辺を流しています。

琵琶鱒

 琵琶鱒は足が速いので、すぐに締めて捌いて塩麹漬けや昆布締めにします。 美味しいですよ。

 今年はいつ行けるかな、楽しみです。

ショートパワーレバーの巻

装着後

 トライアルショップの中古部品欄にショートパワーレバーとブラケットのセットを見つけました。これは即、送ってもらうことに。アジャスターも付いているので結構お買い得でした。ホンダのRS200系のものでしょうか?

左右セットとおまけブラケット

ブラケットはコンペ用なので、ミラーねじ穴はありません。

磨き前・後

 レバーには小傷と汚れが結構あったので磨きました。 ちょっと太めで頑丈そうです。

塗装

 ブラケットは塗装ハガレが多かったので、シューットね。

TLR200

 調達したコンペ用はTLR200へ装着。

TL125

 125の方へは、200で使っていたレバーとブラケットをそのまま移し装着、完成です。

 それから、当面使わない125の後部乗車用のステップ、後部キャリア、チェーンケースは取り外しました。 

TL125、フロントウィンカー換装の巻

装着後

 フロントウィンカーを小型化、そして取り付け位置の変更を行いました。

オリジナルの位置

 オリジナルの位置はバーに装着されていますが、コードを含めて鬱陶しいですよね。

キタコのワレンズミニ4個入り

 アマゾンでキタコのランプを購入。

大小差

 大きさが随分違いますね。

装着

 TLR200と同じように、ライトカウルに装着しました。留めボルトが思ったより太めだったので、しっかり留まりますね。

蝶ねじ

 それから、ライトカウルの下部留めネジを蝶ねじにして取り外しを楽にしました。

 リアウィンカーについてはランプやナンバープレートも含め、部品を工夫細工して作る予定です。