作成者別アーカイブ: jiji

TLR200、バーライズキット効果の巻

早朝のS川

日曜日、4時15分起床、朝ご飯を食べて5時出発、K沢へ向かう。

6時到着、まだ薄暗い。エンジンをかける頃には明るくなる。     まだ誰も居ません。                                   いよいよ、バーライズキットの実践効果を観ます。                     八の字の基本練習をしてから、これまでの個別指導セクションを一通り回る。         やはりポジションが楽で、肩に力が入らないようだ。結構行けてしまいます。

Sヶ島へ移動。第一練習場でビデオ撮影、以前の姿勢と比べてみます。

これは以前の姿勢、腰が引け気味で、左ターンなのに前方前輪の先を見ています。

これは今回の同じ場所で写したものです。腰は中央に少し寄って、視線はターンの方向を向いています。楽にターンしていると言うことでしょうね。効果有り!!               加えて、第3練習場の新しいセクションもはじめてクリーンできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトビーフジャーキー作るの巻

ソフトビーフジャーキーを作ってみました。                        まずは牛肉のブロックを写真の香辛料(ニンニク・ショウガ・セージ・クミン・ブラックペパー・ナツメグ)と醤油・みりんに2日程漬け込みます。

それを110度のオーブンで2時間ローストします。

 

先日作ったミニ薫製機の網の上にのせて5分。 小さいので2回に分けてね。

で、出来上がりです。

食べやすくカットして、ジップロップに入れ、少しねかせると美味しくなるでしょう。     孫が遊びに来ていたので、試食させると「美味しい!」だそうです。

それからこれは、いただいた生の落花生を茹でて、赤味噌炒めにした物です。肴になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

TLR200、バーライズキット装着の巻

前々からハンドルバーの位置が低いかな、と思っていましたが、ターン時に前傾になりやすいこともあり、思い切って高くしてみることにしました。                     バーを換えるか、クランプ部を換えるか考えましたが、根元変更に決定。

部品を購入している小坂さんの所にありました。ZETAバーライズキットです。2cm高くなるそうです。また、前後位置が付け方によって殆ど変わらないので、良いかなと思います。                                      写真は上が購入キット、下がノーマルです。

バーの入る凹みにスペーサーが入り込んでしっかり留めることができます。

横から

後ろから

前から

で、出来上がりです。                                  チョイ乗りしてみると、スッと立つ感じで、ステップ加重しやすいかもしれません。

しかし、実践で乗ってみないと分かりません。 さてどうなるか、お楽しみ。

 

 

 

琵琶湖引縄釣承認書届く、の巻

次期琵琶湖引縄釣承認書が届きました。所謂レイクトローリングの承認書ですね。

今回から承認証はなくなり、章旗のみの発行となりました。 減量経営ですね。

マイボートは手放したので、次回からは確実にレンタル船となります。まあ琵琶湖は大きい船の方が安心なので、ここ何年かは19f以上の船を借りていました。

今年は琵琶マス釣れましたが(写真はもっと以前)、次期はどうでしょう?

 

 

 

 

 

トライアル技術の難しさ の巻

日曜日は仕事がなかったので、トライアル練習に向かう。                   晴れの予報でしたが曇り、私のトライアル技術も曇りの一日でした。

まずはK沢へ行く。B師匠設定のこれまでのセクション復習。                        八の字ターンは大分ぶれないでできるようになりました。基本はクラッチ使わずです。    が、セクションになると、上手くできたりできなかったり。これつまりできていないと言うことですね。                                         人が増えてきそうなので、見切りを付けてSヶ島へ移動。

第一練習場は既に来た方がマーカーを置いていたので、迷惑にならないように復習ラインを3度ほどやって第3練習場へ。

新しく作ったセクションを何度かトライ、クリーンはできませんでしたが、良い感じで第2練習場へ移動。

ここでは日曜日組がセクションを作ってトライをはじめるところだったので、仲間入り。    しかし、身体の動きが思わしくなく、全くダメ・・・。                   B師匠の教えが身体で表現されていません。ステップの加重意識が、実際の動きの中では飛んでしまっているのです。

ここで負けてはいけない! 低身体能力と老いに負けないガッツをね。

 

 

 

 

 

クロスカブでツーリング・フィッシングの巻

華の金曜日、今回は、                                   何処へ? 何を? キャンピング? 釣り? うーうむ・・・。                        山中湖公魚は、時期的にバイク行最終時期。で、決定!

21時前に就寝、2時半起床、おにぎり作って朝食食べて。 出発は3時40分。           とにかく寒い! 結構な防寒防風でもきますね。

「道志みち」 で山伏トンネルのはずでしたが、何やら掲示板に通行止めの文言。で、20号へ迂回して、何とか6時15分にしゅうすい屋に到着、ホッとする。あまりに寒いので途中2回もコンビニで温かい物をいただきました。  山中湖は氷点下、そりゃ寒いよね。

ドーム船に着座すると、真ん前が富士山、良く晴れています。

先日製作した竿置き台、非常に良いです。 腕の位置が自然なんです。 良い物を作りました。ドーム船では竿一本、良く集中できて楽しいですね。

帰路を考慮しお昼に納竿、渡船で桟橋へ。                               若いカップルも一緒でした。東京と愛知の遠距離恋愛中の2人、なかなか素敵なカップルでしたよ。

釣果は105匹。                                     渋い日でしたが、ポツポツとは釣れるので、釣りの楽しみとしてはなかなかの日でした。   しゅうすい屋さんのHPを観ると竿頭が153匹のようです。この日の条件では良かったのではないでしょうか。

帰路は富士吉田から北東へ、秋山街道へ抜けることに。                   途中都留市には私のカスタム・クロスカブを購入した「TAIYO」さんがあるので、ちょっと寄ってお話と写真撮影。

ところで、リアのバックの上は? 釣り椅子。                       フロントのボックスは? クーラーボックス、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆笑ツインショックトライアル、真壁大会の巻

爆笑ツインショックトライアル大会に参加してきました。                  が、出がけに事件、4時起きして作った大事なおにぎりを玄関に置いてきてしまったのです。結構走ってから気がついたので、そのままゴーッ!

ミーティング風景、何名参加したかのお話はなかったですね。

トライアル雑誌の記者さんに撮ってもらう。

今回もご一緒のメッツクラブ池田さん、楽しかったですね。

岩手から参戦の大久保さんと仲間、他にも来てましたよ。

上 TY175加藤スペシャル、一緒に回った堀  江さんのマシンです。

右 カワサキKT250

 

上 成田御大のTLR200

右 三谷御大のTL125(?)

 

 

上 メッツクラブ齊藤さんのスズキRL250

右 Sヶ島でご一緒のYさんのタイガーカブ

他にも沢山名車が参戦していました。

今回一緒に回った池田さんと仲間たち。                          で結果は?                                       表彰台3名のみの発表だったので分かりませんが、ツインショック・ビギナー3位の方がクリーン17、減点3だったと思うので、私のクリーン17、減点5も結構良かったのではないかと思います。

一緒に回った古田さんが、空冷・ビギナー部門で2位に入り、良かった!!

さて次回は来春の千葉大会かな。 また池田さんとその仲間たちで楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

公魚釣り竿置き作製の巻

山中湖のドーム船(しゅうすい屋)釣りでは自分の椅子を持参していますが、既製品の竿置きでは少々低いので、作ることにしました。

教室に桐の箱があったので、その蓋を利用することにしました。これを適当にカット。

ベースは使っていない三脚を利用します。このアイデアは戸倉父ちゃん会「釣り吉スーさん」の真似です。

三脚への固定具ネジ用の穴(少し小さめの径)を板の中央に開けます。

こんなイメージです。固定補助には両面テープを使います。

板にサンダーをかけてから塗装します。桐なのでしっかりと。

滑り止めシートを板に合わせてカットします。

塗装が完全に乾かないうちに押しつけるとピッタリ着きます。

で、こんな感じで出来上がりです。

早く実践で使いたいですね。 楽しみです。

 

 

 

 

 

 

チビ孫君と動物園の巻

華の金曜日、いつもはトライアルの練習日だが、今回はチビ孫君と羽村動物園へ。

前回は、チビ孫君より2歳上のお兄ちゃん孫君と来ましたが、動物園の正門が新装きれいになっていましたよ。

さて、チビ孫君、動物もよく見ていましたが、開放感からトコトコ良く動き回っていました。  この動物園あまり舗装路がないので、転がってもそんなに怪我はしないでしょう。

動き回り、のどが渇いて、一気飲みです。

ウサギとカメが一緒に野菜を食べていました。初めて見る光景。

「電車、ポッポー」と言っておりました。

子役モデルさんみたい、足の角度が良いね。

9時半に入園して、11時半退園。 ちょうど良い時間でした。 また来ようね。

 

 

 

 

ミカン一個、収穫の巻

この季節になると、ミカンとユズが色づいてきます。さわらびブランドの実は少し遅目です。  一番黄みがかった物を収穫し(大げさな・・・)食べてみました。

温州ミカンとして苗を購入したのですが、甘夏とミカンの掛け合わせみたいな感じです。味は甘味も酸味もあるのですが、少し早かったせいか、やや酸味が強い感じでした。

  

今年は8個が無事大きくなりました。年々結実が増えています。

こちらは柚、今年も結構成っています。

柚からの贈り物                                     第一位は柚ポン酢です。 第二位は柚酒、 そして第三位は柚ジャムです。今年はポン酢を作る予定です。

楽しみです。