作成者別アーカイブ: jiji

岩手行余話の巻

岩手ツインショックトライアル大会に思い切って参戦しましたが(既報)、その往路で無駄のないように、で、中尊寺へ。

 

弁慶堂です。

 

 

 

                     峯の薬師さん、目の健康薬師さんですね。もちろんお守りいただきました。

 

 

 

                         金色堂と覆堂。この金色堂覆堂は新しい覆堂ができて、昭和38年にこの場所に移築されたそうです。

 

 

 

白山神社の能舞台、迫力有りますね。

さて、中尊寺から私の大好きな遠野へ2回目の訪問です。                       蓮峰山常堅寺、ここの仁王像は早池峰山麓のお寺さんから明治時代に移したものとのこと。境内を抜けると、カッパ淵に至ります。

馬を川に引き込むいたずらに失敗したカッパは、村人に何とか許され、その後母と子の守り神になったとのこと。

 

 

伝承園へ入り、しばし語り部さんのお話を聞く。何とも素朴で、囲炉裏に火も入り、ゆるりとした時間を過ごす。

遠野物語は原文ももちろん読んだのですが、今回、京極夏彦の新版を購入してきました。ずいぶんと分かりやすい文章ですよ。

また行きたいな。

 

 

 

組木フェスティバル in 飯能 の巻 

組木作家の古川さん(支援学校教諭)からフェスティバルの案内が来ました。長男夫婦が飯能在住なので、次女の家族と一緒に出かけることにしました。                   飯能は今、西川材というブランドでいろんな作品を生み出して、大切にしたい木の世界を提供し始めています。

有りましたよ。 これは古川さんの作品ですね。                      ライオンの弥次郎兵衛、動きがとても可愛いんですよ。

作品説明です。

当日は組木の第一人者小黒三郎さんもいらしていて、糸鋸の実演をしてくれました。

 

 

小黒さんの作品です。           右側の競馬、動きがゆったりとして、とても素敵です。

 

 

 

全国の組木作家27人の方の作品が展示されています。 これは木の妖精ですね。

 

次女の婿さんと、長男、糸鋸体験コーナーで挑戦、子どもに作品を作っていました。

 

 

 

一輪挿し。

 

おひな様と5月人形。

まだまだ沢山の作品が展示されていましたよ。

 

 

古川さん、ご苦労様でした。これからも良い作品を作ってくださいね。

 

 

 

山中湖ドーム船、今季初釣りの巻

11月、恒例戸倉父ちゃん会(ASD父親の会)公魚釣り合宿があります。            私はこのところ、オートバイトライアルに夢中で、いつもは9月の初めから山中湖のドーム船に入り込んでいるのですが・・・。

この間、父ちゃん会の釣りきちスーさんから、挑発的なメールをいただいちゃいまして、このままではスーさん、ノンさんに負けてしまうかも。

で、家人の許可を得て、急遽山中湖へ行ってきました。                   仕掛けは K-zan桐電動山中スペシャル穂先3g1本、仕掛けは5本バリ自作、プラス錘横出し1本。

 (自作錘横出し針:ゆらゆら感を演出、かな・・・)

朝一番は調子良く釣れましが、しばらくして渋くなり、それがずっと続きました。        早めに帰るつもりでしたが、結構な雨、渡船でビショビショになってしまうので、 結局「束」を目標にして、最後まで。

釣果は99匹、束足らずでした。 隣の方に「残念でしたね」、言われてしまいました。     しゅうすい屋さんのHPによると、竿頭は101匹とのこと。

さて、帰宅後、半分をショウガ醤油に漬け込んで、唐揚げにしました。            もちろん美味しかったですよ。

釣りきちスーさん、ノンさん、事前準備こちらもできましたよ。 フフフッ。

 

 

 

岩手ツインショック大会の巻

ツインショック(旧車)大会が全国で結構開催されています。                   今年はトライアルを再開してすぐ、5/5の茨城の大会に参加しましたが、もう大変、ボロボロになって帰ってきました。これはまずいぞと、少し練習を積んで、今回は岩手県花巻の山屋トライアルパークでの大会に参加してきました。

旧車大会では古いバイクを観るのも楽しみの一つです。忠実にオリジナルにこだわった物やカスタマイズした物、皆さん工夫しています。このTLR200は、タンクシェルター・フェンダー・ライトケース、全部をFRPで自作しています。テールライトはフェンダーと一体化していますよ。

このTL125は成田さん(ショップ)のタンクシェルターが付いています。色合いがまとまっていますね。

カワサキのKL250。部品がなかなか無いのでレストアは大変でしょうね。

ヤマハのTY175、タンクが格好いいですね。

このTLR200にはリキゾウさん(ショップ)のタンクシェルターが付いています。

さあミーティング、 10セクション2ラップです。

今回一緒に回っていただいた岩手のライダーさんたち。ありがとうございました。

さあ、いざ出立!!

こんな感じのセクション。

5/5の大会より、ずいぶんリラックスしてトライできました。               ビギナークラス、減点13、クリーン17で、14人中6位でした。1ラップ目はオールクリーンでしたが、後半疲れてきて、2回転けてしまいました。

くじ引き35番はビール缶1ダースでした。その他、ブレーキクリーナー、お茶缶沢山、お菓子、リンゴ、キッチンペーパー、参加賞に遠方賞で、こんなにもらって良いのかな、でした。

とっても楽しい大会でした。が、やはりその夜は足がつって、大変でした。          来月は茨城県の真壁です。また練習しなければ。

 

 

 

燻製いろいろ の 巻

明日からTLR200を載せて、北へ。                            で、「居酒屋じ~じ」用に燻製を作りました。

肩ロースとバラ肉ブロックの煮豚(ニンニク、ショウガ醤油味)、明太子(かねふく)、チェリソ、ササミ、チーズ です。

美味しくできあがりましたよ。どんな旅になるか、楽しみです。

Sヶ島で練習の巻

土曜日の仕事が日曜日になり、では、と言うことで、K沢へ。                 7時着。もちろん誰もいません。前回の復習をしてから、ターンの練習のためすぐにSヶ島へ移動。

先日、Yさんに教えてもらった所を回ってみる。この緩斜面のターンはフカフカで勉強になります。

違うゾーンに行ってみたら、Yさんのお友達グループに会いました。             一緒にターンの練習。が、とても技術が追いつきません。私がやるとターンが大回りなんです。

獣道みたいな所に入ったら、真ん中に花。 写真を撮ってバックオーライ。

他に一カ所で練習して、10時20分上がりとしました。 TLR200、なかなか調子よいですね。  フロントフォークのオイル漏れも無く、エンジンも良く回り、大会が楽しみです。

 

 

 

フロントフォーク、オイル・シール交換の巻

TLR200、じ~じの所にきた時からオイル漏れがありました。(写真右側)

シールを用意していましたので、エンジンオイルの交換時に一緒にと、始めることに。

が、工具は揃っていないし、最後のシール交換は20年以上前だし、でも、ヤッテヤロウ!    とかいろいろ考えましたが、結局、プロに任せることに・・・・・。              国分寺のアワーズ和田さんに連絡したところ、今日中に何とか、と言うことなのですぐに持って行きました。

できあがり!(の添付写真)

で、夕方できあがりました。中はシール周りが錆錆でひどい状態のようでした。        フロントブレーキ周り、きれいにしましたよ。                       これでしばらくは良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

オイル交換二台の巻

20年前は5台ほど所有していて、メンテナンスが大変でした。                大好きなTLR200、他、TL125バイアルス(赤銀)、RTL250S(ピンク)、ベータアルプ、ファンティック125。 みんな中古車でやってきて、綺麗に仕上げた物でした。                                         下肢の不調で、イタリア車2台は、彫刻家(奥さんイタリア人)にひきとられ、他車も工具も手放しました。寂しかったな。

クロスカブは結構回すので、300Vを入れました。

トライアル車と同じ、エンジンガード(ペラペラに薄い・・・)を外します。

TLR200には二輪館で見つけた旧型バイク対応という、粘土の高い物です。                 アワーズ(国分寺のバイクショップ)の和田さんに言わせると、旧型車に300Vを入れた場合、効果はあると思うが、オイル漏れを起こすかもしれない、とのことでした。で、これ。

フロントフォークを外して(メンテナンス中)いるので、ハシゴにあごを乗せて。

TLR200、後はフロントフォークで、ほぼ良い状態になります。 後日記事へ。

 

 

 

 

 

 

アコーディオン、ベルト交換 の巻

昭和50年に手に入れたアコーディオン、イタリア・エクセルシャー303型です。大分痛んでいます。エア通しに生徒さんが指を突っ込んで穴が広がっていきました。昔の障子とおんなじですね。暇を見つけて、後日修理予定です。                            顔のマークは当時のバスクリンのオマケ。発達センター(当時はまだ「つくしんぼ教室」)の子どもが異物に見えるアコを怖がらないようにとの配慮でした。

ベルトが3年ほど前に切れてしまい、そのままになっていましたが、ララポートに行った折、宮地楽器さんを発見、聞いてみると、取り寄せできるとのことでお願いしました。

 ネットで安価な物もありましたが、アコと同じイタリア製の物にしました。

なかなかシックで良い製品です。

オマケの写真。                                     これは浅草のお店で見つけた、中国製の8ベース・オモチャ。ちゃんと音は出ますよ。 ふふ。

 

 

 

久しぶりの岩魚酒の巻

夏の新潟・福島釣行では、トローリング、渓流も坊主。                        仕方ないので、以前にも調達したことのあるお店で干し岩魚を調達。             そろそろカビが生えそうな時期なので、再処理しました。 オーブン160度で10分。

鍋で熱々燗まで岩魚の酒浸し。 そして頂きます。 文句なく美味いね!           最後に岩魚も頂きますよ。酒がしみこんでこれも美味いのでした。