作成者別アーカイブ: jiji

父ちゃんバンド秋合宿の巻

恒例、父ちゃんバンドの合宿が行われました。                       場所はいつもの蓼科東急リゾート内ペンション「シャローム」、もう30年近くお世話になっています。

 

今回は4名が前乗りで金曜日出発、内3名が山中湖で公魚釣りをすることになりました。いろいろライントラブル等有りましたが、何とかお土産分を釣って早上がりとなりました。

 

 

宿泊はメンバーKちゃんの別荘、バーベキューと公魚の唐揚げで満腹!あまり寝ていなかったので、こてんと就寝となりました。

 

土曜日、茅野のスーパーで本隊と合流、お楽しみの買い出し(毎年買いすぎる・・・)です。

機材をセットし、乾杯。

夕食後の団らん、マスターも一緒に。                           練習は?  それはもうきちんとやりましたよ。ちょっと飲みながらね・・・。        ディナーのお客さんがいましたので、その方々へのミニコンサートも行いました。

 

朝食は自家製パンをいただく。美味しいね。

 

 

午前中、しっかりと練習。

 

お昼はお蕎麦と天ぷら、前日釣った公魚も出ました。美味しかった!!

 

 

機材を車に片付けて、今年の合宿も終了となりました。

35周年記念コンサート、実施する方向の話となりました。が、みんな健康でね・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TLR200タンクシェルター再塗装の巻

8月のイーハトーブトライアルで無理して転けて、新品の特注タンクシェルターを傷つけてしまいました。秋の夜長、自分で再塗装と思いましたが、キャンパーの修理もあり、タンクの塗装も聞いてみると、「出来ますよ」、とのこと、しかも結構お安くね。

写真は撮ってなかったのですが、このように、白ペイント部分がざっくり剥がれ落ちていました。

強度のあるクリアーコートを塗ってくれました。                      この際、擦れ防止のシールも新しくしました。白基調から赤基調へ。

 

それから、2本のスリットに裏側からネットを張りましたよ。

 

 

 

 

成田さんの所でのレギュラー設定のウレタンシートは取ってしまいました。これは擦れで徐々に剥がれてしまうので。

以前作っておいたツートラシートを直接付けることにしました。

これでしばらくは良いでしょう。ウン。

 

 

 

 

 

 

 

Sヶ島でターン練習の巻

日曜日、Sヶ島へ早朝練習に行きました。6時半だったので1番乗りでした。          第1から第3までの練習場で自主練です。少し良くなっているかな、という感じでした。

駐車帯へ戻るといつもの方々が来ていました。みなさん第1の方へ行くので私もついていく。

早速マーカーが置かれ、順番にターン練習。私はビデオを撮ってもらいました。        この場面は比較的左ターンがきつく、少し段差があります。私の腰の位置がよろしくない。   もう少し右側に出てバランスを取っていないといけないんですね。一応クリーンは出来たのですが、こう言う場合の私の悪い癖は、「勢い」で行ってしまうことなのです。ほおっておけば左に倒れるので、勢いをつけてしまうのです。  B師匠がいたら、「ダメだね!」。

この辺を習得していないと、アクセル開けて転倒し、怪我の元。 練習練習です。

 

 

 

 

 

 

ミニミニキャンプの巻

金・土と、家人と休みのタイミングが合ったのでミニミニキャンプを行うことになりました。  以前、戸倉父ちゃん会で行った吉田の手打ちうどんを食べに、まずは河口湖まで行く。

 

勝山の「くらよし」さんです。我々が一番乗りでした。            私は肉天うどんを注文、辛みを少し入れて美味しくいただきましたよ。

 

 

道の駅を2つ立ち寄り、少しお買い物。それからキャンプ用に山中湖町で馬刺しを仕入れる。   富士の山を撮ってから、道志に。

青根キャンプ場は温泉施設があるので、近場ではとても良い所です。

 

冷凍庫にあった北海道の松尾のマトンの出番です。ちょっと甘口ですが、結構いけます。それから馬刺しですね。赤身さっぱりとてもグットです。

 

幸せな一時です。はい。

4時半には目覚め、早い朝食、シンプルですね。

朝焼けが出ていて、夕方みたいな景色です。

さて、道志から上野原、五日市へ抜け、墓参りをして帰路に。                ミニミニキャンプの巻でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイボートとのお別れの巻

納艇時の時

12年前、縁あってじ~じの元にやってきたマリンモーター「NEO374 Sea Boy デラックス」、手放すことになりました。残念なのですが、乗る機会が少なくなり、次の方へ引き継いでもらうことになりました。

最初の船は、写真のフォード・エコノラインの屋根に載せて使っていた、折りたたみ式の「ポータボート」10f、5馬力エンジンは後部ラダーにマウントを設置してぶら下げていました。             この車、ガソリンを道路にまいているような仕様で、2年乗って手放すことに。

そしてやってきたのが、Sea Boy です。                          牽引車両は軽のワゴンR、経済的だったのですが、2駆だったのでスロープでスタックを2回ほど、高速の上り坂で60kmまでスピード落ち。これは困った・・・。

で、車両はハイラックスサーフに代りました。力強く牽引してくれましたね。

銀山湖では64cmの虹鱒やサクラマス、岩魚を釣り上げました。

そしてハイエース・キャンピングへ、随分と良い釣行を共にしました。

しかし、アウトドア教室の釣行主流が芦ノ湖になりトレーラー船は実質出船できず、レンタル船となったために、極端に使用回数が減りました。琵琶湖でもいろいろ危険な目にも遭い、現在は大型のレンタル船を使用しています。

まだまだエンジン淡水使用で元気なのですが、次の方へバトンタッチとなりました。何だか寂しいけれど、仕方有りませんね。次の方、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ちゃんバンド演奏会に来てね、の巻

      写真は30周年コンソート 

久しぶりに「父ちゃんバンド」の演奏会があります。お呼ばれの演奏会なので切符売り等はしていませんでしたが、何だかあまり売れていないとのことで、ブログに再掲させてもらいます。

シンガーソングライター横井久美子さんの定時コンサートへのゲスト出演となります。チケットが売れていないので何と2500円に値下げするそうです。

お暇な方は是非いらしてください。中央線国立駅南側、富士見通り国立公民館東隣のビルです。

よろしく!!

 

 

 

 

 

 

 

イーハトーブトライアル大会参加の巻

行って参りました。イーハトーブトライアル大会、とは言っても「レッスンツアー」なので、オブザーバー参加みたいなものです。                               今回初めて、そして1人なので、大会のイメージを少し実践化する良い機会としてこのクラスを申し込みました。

さて、お昼過ぎに岩手県の安比高原に到着、台風の影響でザーザー降りの中、本部・キャンプ地・懇親会場・温泉・給油所等、地理的に把握するためにあっち行ったりこっち行ったり。                             何とか頭に入れて、いざ温泉へ。古い施設でしたが、掛け流しの良い泉質でした。

懇親会駐車場で時間をつぶし、会場へ。成田匠会長の挨拶から。

岩手の仲間とご一緒、私は車なのでアルコールダメ、ちょっと残念でしたが、私の燻製をみんなで食べてくれました。

途中から重鎮・成田さん(左2人目)も参加し盛り上がる。

成田次男の亮君も加わる。

スポーツクラス参加の皆さん、右端野崎選手はトレイルトライアル引率かな。

キャンプ地に移動し、やっと居酒屋じ~じの開店。                     今回も肴は前回とほぼ同じ内容です。が、すぐに眠くなりスヤスヤでした。

指定キャンプ地の全景。右側にも広がっています。天気はまずまず、晴れそうです。

車検は前日雨の中終わっているので、整備です。                      走っている時だけウィンカーがつきづらくなる症状が出ていたので、岩手の大久保さん(整備のプロ)に聞いてみると、「アース」と言う助言をもらいました。                で、早起きして中を見て、アースを1点でまとめていたのを分けて繋ぎ直すと、何と直ってしまいました。私には理由が分かりません・・・・・。 感謝! が、今度は前照灯がつきません。それなら、上向きライトで行きましょう、で解決。

当日は記念写真から始まります。出発会場は2つなので、全員ではありません。こちらは1日コースのクラスです。

Sヶ島の仲間のモリモリさんと出会う。その他、結構知っている方々と出会いビックリ。

最初はトレイルトライアル(トレイル車、セローが多いかな)のクラスから出発、右端がYAMAHAの野崎選手。

岩手の仲間と雑誌編集の藤シュウさん。

レッスンツアーのクラスも最後に出発し、県道、林道をトコトコ走りながら、いくつかのセクションを引率のYAMAHA木村治夫さんの先導と指導でトライ。   ロケーションは抜群。

七時雨山荘側のセクション、木村さんは、ネリ(一番易しい)クラスなのにブドリ並でなかなか厳しい、トライは自由ですとのこと。で、私だけがトライ、何とクリーンでした。これがいけなかった・・・。後で痛い目に遭いました・・・・・。

地元提供休憩所、冷たいお水と果物です。ありがたいです。

2時前に指定食堂へ到着。皆さんモリモリ食べていました。

私はほどほどの量でいただく。

給油所横でアイスクリームの提供も受ける、これが美味しいのですよ。            全行程約52km、持参0.6Lと給油2回でした。

終了後のレッスンツアークラスの仲間、左3人目が木村さん。

ネリのセクションを基本に演習しましたが、お馬鹿な私はこんな機会が嬉しくて嬉しくて、ブドリ(ネリの上のクラス)のセクションがやりたくてしょうがありません。ターン基本セクションで、木村さん、例えばブドリではと試走を見せてくれました。ジャー私も、と言うことで結構クリーンしたのです。が、左足が痙攣を起こしはじめ、持つかな・・・、でも最後の方だし、ちょっとブドリを入れてみよう! と欲張った結果、転倒、新品のタンクシェルターは傷つき、キック左足が言うことを聞かず、クラスのメンバーが助けてくれました。 心のダメージ大、トホホです。                  余計なことをした結果ですね。木村さんも総括でじんわりと触れていました。長く・楽しく・気張らずに、とね。

それからもう1つ。お昼の食堂で岩手の仲間と合流したのですが、またまた大久保さんがマシンチェックで見つけてくれました。フロントフェンダースタビライザーのボルトが2本緩んでいました。やはり頼りないじ~じマシンをチェックしているんですね、感謝です。

若僧に戻っちゃったじ~じ、反省しかりの巻でした。が、いろいろな方々と交流できてとても楽しいイベントとなりました。来年はもうちょっと成長してトライしたいですね。ハイ。

 

 

 

 

 

 

 

大会前練習の巻

日曜日早朝、今週末イーハトーブトライアル大会前の練習に出かけました。          K沢に行ってみると、TLM50のIさんが来ていました。しばらくすると、白のTLR200も。 Iさんがツインショックを呼びかけたようです。私はこれまでの復習をして、Sヶ島へ移動。

第1練習場でターンの練習、途中からRS200のYさんも(左奥)登場。             私はすぐに第2と第3の練習場へ移動してこれまでの復習をしっかり行い、早めに帰りました。  内実、転けてマシンを壊すと困るでしょ、ね・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イーハトーブ・トライアル 参加受理通知書届くの巻

先日、出光イーハトーブトライアル大会運営実行団から参加受理通知書が届きました。     ツーリングトライアル大会なのですが、私はじめてで、加えて怖がりな者で、レッスンツアーの部に参加となりました。ヤマハの木村治男さんが15人の初心者を連れて、一番易しいコースを巡ってくれるという、ビギナー天国の部です。

ゼッケンにはナンバーは付いていないので、プリンターで作り、早速TLRに貼り付ける。                ライトカウルにジャストフィットですね。

なかなか雰囲気が出てきました。                             それから、成田さんのタンクシェルターについているシートの上に、以前作ったツートラ仕様のシートを載せ、座り心地を良くし移動が楽になるようにしました。                             来週金曜日早朝出立です。 楽しみですね。

 

 

 

 

 

只見釣行と余話その2の巻

渓流は渇水状態で釣りにならない。田子倉ダムも随分と減水しています。           釣りはあきらめて、キャンプ場でのんびりする。

蒲生岳が雄々しい。下肢も順調なので、来年は登ってみよう。

数年前の大雨の影響がまだ残る只見川。

銀山湖のサクラマスは塩焼きに、やはり山女系は美味しいね。

翌日は釣りをあきらめ、会津若松の公魚釣り道具屋へ。 ついでにお城を観て(中には入らず)、御薬園へ向かう。

ここはお勧めの庭園です。

亀島。

ちょっと分かりづらいのですが、左側が女滝、右側が男滝。                 ここの庭園には名物ガイドさんがいます。話は長いのですが、とてもチャーミングなおじいちゃんですよ。(こちらも爺さんですがね・・・)

さて釣行の方は檜枝岐を目指したのですが、渇水状態であきらめました。で、で、余話が多くなったと言う訳であります。あ~あ・・・・・。