作成者別アーカイブ: jiji

鮒寿司茶漬け・滝山城趾の巻

多摩川拝島橋の夜明け前

 9ヶ月ぶりにランドナーを吊しから下ろして、早朝クッキングに出かける。この時期紅葉には一寸遅いのですが、景色の良い滝山城趾へ行くことに。

国道16号からの入口

 5時40分教室出発、立川の中心街を抜け16号線の拝島橋へ。この坂ちょっと上の右側階段へは入らず、まっすぐ行ってみる。今回は抜けることができ、階段上へ。

朝日を浴びて

 とても好きな景色です。

紅葉が少し残り

 深秋の景色でしょう。

なだらかな尾根

 気持ちがゆったりします。

分岐

 城趾方面へ行きます。

クッキング場所

 そして、自然道下の園地へ。 教室から約50分、比較的近いのです。 さあ、クッキング開始です。 (写真:秋から春はニッカポッカが一番)

茶漬けセット

 オプティマス・クッカー88をセットします。 今回は鮒寿司茶漬け、お米0.8合、鮒寿司、白髪ネギ、出汁パック、醤油、塩です。

お茶のセット

 だし汁を作るので、お湯を沸かすついでにお茶をいただく。ミニボトルはスコッチ、河童橋道具街で仕入れた物、を一寸入れ、甘~くしていただく。

クッション

 寒い時期、お尻のお供はやはり簡易座布団ですよ。

 さてさて、結構長くなりそうなので、次回に続くことにしますね。

国分寺子どもクラブ講習会の巻

学生たちと-1

 今年も国分寺子どもクラブ秋の講習会へ行ってきました。 

 国分寺周辺地域の障がいを持った子どもたちの集いの場、遊びの場を提供して40年、地域大學から沢山の学生たちが集まり、支えてきたのです。多分このような自主独立で長く続いている組織はここしかないのでは。  毎年この時期、クラブ設立者としてスタッフへの講習を行ってきました。「パンチョ・デー」と呼ばれています。パンチョとは私の当時のニックネームですよ。

1.40年前のクラブ設立の背景  2.クラブの理念(余暇活動の保障・インクルージョン・青年ボランティアの育成・父母兄弟の連帯・地域社会資源の理解と活用)  3.クラブの特徴(自主独立等)  4.子供との接し方(ノンバーバルコミュニケーション・モデリング・ウェイティング・ミラーリング・行動の音声化・場の理論・人間教材論)   5.スタッフの基本的な必須の姿勢(守秘義務の発生・思想信条の自由・個人主義的な組織感の保障・セクハラ児童虐待等からの組織防衛)  6.ボランティアの今後(結びは:今後ボランティア1人1人あるいは組織の倫理観が益々問われてくる。自由な世界とは組織の中の個人が己を律するることから始まる。それだけ自由の実践は難しいのだが、目指すに値する世界でもある)

の6点についてお話しし、質疑応答を行いました。 皆真剣に聞いてくれ、昔と変わらないと思いましたが、ただ初期のスタッフはやたらに明るく元気、1人1芸を重んずる集団で、最近の学生はちょっと大人しいかな・・・。

学生たちと-2

 もっと歌ったり踊ったり、楽しくやろうよ、ね。

 それから終了後、津田塾1名・学芸大2名の学生(成人)と居酒屋へ、もうちょっと深いお話をしてきました。若さをいただきましたよ。ありがとう!

K沢トライアル練習場、その後の巻

早朝のK沢

 日曜日、早朝K沢へ出かける。

崩落箇所全体

 少し進んでいるように思える。

崩落箇所中段

 オーバーハングになっている中段は、近々落ちてしまうでしょう。

崩落箇所上段

 上段部分も時間の問題でしょう。

崩落がなかった左2/3

 こちら側で1時間ほど練習して帰りました。

朝・月

 見上げるとポツンと月が。

ブルブル穂先試作品の巻

試作品1号

 先日の戸倉父ちゃん会公魚合宿で、視認では無く振動でアタリを取っていたトモちゃん用の穂先、試作品第1号「ブルブル穂先」ができました。

可変アダプター

 教室にあった可変アダプター2種の内、プラ製ではないアルミ製の物を使うことにしました。金属の方がダイレクトに振動を伝えるからね。

振動体

 振動を伝える部分には、使わなくなったK-zan穂先をカットすることに。 基本的にはバネなので、良い材料です。

接合

 バネを折り曲げて固定。 試作品なので両面テープと糸で行いました。 ブルブル穂先と言っても、可変アダプターへの細工なんです。

セットする

 つまりは、振動をスイッチ部に置いた指に伝えるという仕組みです。 穂先は本当はK-zanの5g負荷以上の長めの穂先が良いのですが、一寸お高いのでね。

実際の使用の形

 と言う訳なのですが、そんなに上手くいくかは全く分かりません。 あ~あ、まあまあ、い~じゃん ・・・・・? 

 機会を見て山中湖へ、私が目隠しをして実際に使ってみることにします。 上手くいけば、目の見えない方も使えるかもしれませんね。

戸倉父ちゃん会2019年度1st公魚釣り合宿の巻

早朝のしゅうすい屋桟橋

 戸倉父ちゃん会(ASD父親の会)の今年度第1回ワカサギ釣り合宿が行われました。少しガスっていますが、穏やかな湖面です。

受付

 受付を待つ、幹事の釣り吉スーさん。

参加メンバー

 今回は開始から各自釣り専念、10時からはオーさん父子の釣り指導をスーさんと私で行うことにしました。オーさんはそれ以降結構釣れるようになりました。トモチャンは穂先を見てアタリを取るのではなく、大きなブルブルっと来る振動で取っていることが分かったので、穂先の改良を次回までに行うことにしました。

ダブルのフミ君
トモちゃん
オーさん
スーさん
メンバー

 釣果は私250匹、スーさん209匹、オーさん79匹、フミ君63匹、トモちゃん62匹でした。久しぶりに私がスーさんに勝ちました。フフッ。

乾杯

 お楽しみの宿での乾杯、これが楽しみなんです。

子ども部屋

 子どもたちと言っても立派な成人です。2人とも日々良く働いているのですよ。

夕食

 夕食後しばらくでお休みタイムとなりました。

吉田のうどん「くらよし」

 9時には宿を出て、道の駅でお買い物、それから温泉に入り富士のお山を眺めて、うどん屋さんへ。

冷やしたぬき納豆入り

 皆さん肉天うどんでしたが、私は初めて冷やしたぬき納豆入りを食べました。とても美味しいのですが、入れ歯じ~じには悪戦苦闘の麺の腰でした。次回は老人用に柔らかくしてもらおうっと。

 そして、帰路についたのでした。 次回は3月です。 さあて、トモちゃん用の穂先を考えねば、ね。

孫6人来訪の巻

汽車ぽっぽ

 孫全員遊びに来ました。小6・4歳・4歳・小1・2歳。もう1人高1の女の子がいますが、部活で忙しく、散歩につきあえずすぐに学校へ。

3家族のいとこ同士

 みんな仲良く遊んでいました。

さあ次は何処だ?

 また遊びにおいでね。

K沢トライアル練習場上部崩落の巻

早朝のK沢

 台風のため、大雨・浸水でK沢上部が崩落したとの情報は入っていました。 水曜日午前中が空いたので、行ってみること。

 練習エリアの三分の一が埋まっていて、他の部分上部も亀裂が入っているので、今後どうなるかは分からない状況でした。ため息・・・。 

K沢の滝

 滝は今までと同じように落ちていました。

K沢の池

 池は少し大きくなって、埋まらないで残っていました。 今回は少し練習して帰ることに。

追記:残った練習エリアをきちんと整備なさった常連のライダーの方々に感謝です。  

メッツカップ第3戦参加の巻

参加者記念写真

 メッツカップ第3戦に行ってきました。会場は真壁、天気は曇りから晴れ。

スケジュール
セクション設定
受付風景

 この会場も中高年多し・・・。

今回のチームメンバー

 今回は右から池田さん、内藤さん、古田さん、佐藤さん、メッツ会員の方々と一緒に回りました。 お世話になりありがとうございました。

ビギナー表彰式
暫定順位

 順位は4位、3位まではオールクリーンなので、ちょっと表彰台は難しかったですね。(私のクリーン数、17ですね) Sヶ島仲間、吉田さんは1位ですよ。古田さんは5位、内藤さん14位、池田さん22位でした。

池田さんと
くじ引き景品はビールとハンカチでした。

 トライアルの一日はあっという間、楽しい時間を過ごすことができました。池田さん外メッツの方々ありがとうございました。

 次回の大会は爆笑ツインショックですね。 練習しなくちゃ。

KEIHIN:PW22 分解洗浄の巻

PW22

 TLR200には現在新しい方のPD22を装着していますので、純正のPW22を分解洗浄することにしました。

上側

 キャブ上側の部品を外します。 35年以上前の物なので経年劣化は仕方ないですね。

スクリュー側

 スクリューも外します。

フロートチャンバー

 ガソリン抜けの穴を洗浄。

エアとスロットルスクリュー

 2つのスクリューの洗浄。

メインとスロージェット

 2つのジェットの洗浄。

フロート、バルブ

 フロート系の点検。

スロットルバルブ系

 スロットルバルブ系を点検します。 右下のクリップリテーナは紛失したため、自作です。

2つのホール

 この2つの穴と下写真の

左右に突き出たノズルの穴

ノズルの穴は通じているので、ここも詰まりが無いか点検します。

組み上げ

 インシュレーターを液ガスケット注入で取り付けて出来上がりです。 PD22異常の時すぐに交換できるようにね。

岩手ツインショック大会遠征、と、ちょっと寄り道の巻 その2

寄せ丸太越え
山屋トライアルパーク

 1年ぶりの山屋トライアルパーク、67歳、ワクワクします。

参加者集合

 次々にライダーが集まってきます。ここも中高年が多いのですよ。次世代に引き継がれるのかな・・・・・。 でもみんな楽しそうですよ。

コース設定等
ミーティング

 挨拶する管理人の阿部さんと、右端がいつもお世話になっているコース設定者の大久保さん。

なかなか見ないバイアルスTL360

 このマシン、イーハトーブを一緒に走った浦部さん所有。 乗せてもらいましたが、重いことは重いのですが、乗りやすかったですよ。

初めて見るマフラー

 所有者に聞いてみたら、ホンダ・モンキー用の社外品とのこと。問題ないと言うことでした。 因みに、じ~じの使っているWES社製を付けているTLRも見かけるようになりました。

ご一緒した左:佐藤さん(元A級選手)、右:臼井さん、中央はいつも明るい浦部さん
くじ引き景品

 私は当たりませんでした。 ハイ、いつも。

参加賞

 タマゴと燻タマ、そしてマヨネーズ、なかなか良い参加賞です。

遠方賞リンゴ2袋

 東北6県以外の参加は2名、遠方賞をいただきました。 リンゴ12個です。ありがとうございます。何よりの賞品です。

 次の岩手はイーハトーブかな。                 終わり