国分寺子どもクラブ 講習会 の 巻

恒例、国分寺子どもクラブの秋の講習会が行われました。                  このクラブは障がいを持った子どもたちのために、昭和54年11月に発足した地域子供会です。  スタッフ5名、子ども7名で出発し、以後徐々に大きくなり、38年も続いている組織です。

国分寺市では社会教育事業として、知的障がい青年のための「くぬぎ青年教室」が市立本多公民館で昭和50年4月に試行、51年に正式に開設されました。このくぬぎに試行段階からボランティアで参加し、53年までスタッフとして係わってきましたが、学校外の副次的ラインとして、くぬぎ前が抜けている時代でした。                                   当時市立つくしんぼ教室(幼児通園施設、現 市立子どもの発達センターつくしんぼ)に勤務していた私は、就学した子の親御さんから、学校外放課後対応してくれる組織が無い、何とかしてくれと頼まれていました。で、2つの方向を合致させ、この子どもクラブの発足となった訳です。

くぬぎ時代に苦労したのはスタッフ不足です。子どもクラブではそう言うことが無いように、近隣大学に組織を作り、新歓で学生を大量に確保することにしました。              私の知人(ロートル入学)がたまたま都立府中リハビリテーション学院(現 都立首都大学東京健康福祉学科)に在学していたことから、まず学院に組織ができ、くぬぎスタッフの関係から東京経済大学、発足を知った学芸大学の学生が私を訪ねてきて、そこから学大に。次に学大の学生の知り合いが津田塾大学におり、そこにも。そして、津田塾とくれば一橋大学が当然仲間入り、で、近隣大学を網羅しました。一時は日本女子大学、基督教大学にもできましたが、現在は後者3校が主流で運営しています。

講習会講師は、春は実技編で2代目の代表(支援学校管理職)が、秋の理念編は初代代表の私が勤めてきました。春は数年欠になりましたが、来春は復活します。                機会がありましたら、両講習会の内容を記事にしますね。

今回講習会の学生2/3は1年生で、これからの活躍が期待されます。             結構みんな元気な子たちでしたよ。

 

 

 

オプティマス8Rで煮込みうどんの巻

久しぶりに早朝クッキング・ポタリングにライトオンで出かけた。                       今回のお供のバーナーはオプティマス8R、,昭和44年に大久保のニッピンで購入したものです。 48年も使ってますが、パッキンを換えただけで元気に火を出してくれます。昭和45年には北海道一周38日間でも使いましたね。

玉川上水沿いを進みます。

 

 

 

 

水喰土公園に出て、多摩川へ。

福生の多摩川中央公園BQ場でクッキング。

本日は味噌煮込みうどん。名古屋の友人から贈ってもらった麺です。             材料は鳥ひき、卵、キャベツ、長ネギ、ニンジンです。

美味そうでしょ。 結構冷えてくる時期なので、これからは最高です。

器の洗いは、まずは割り箸折って束子にしてゴシゴシ、良く落ちます。

8R は河童橋道具街で見つけたステンボックスに収納、クッカーを兼ねます。ソフトケースはオモチャのミシンで、私が苦労して作ったものです。厚い生地だとなかなか縫えなかったのです。

早朝は気温6度、服装は冬仕様になりました。 往路はこの上にウィンドブレーカーを着ていないと寒かったですね。

帰路は多摩サイを通って。                                30kmほどの楽しいポタリングとなりました。

 

 

 

K沢練習、すぐ帰る の 巻

日曜日、今月大会があるので、練習に行かなくては、と、K沢へ向かう。            Fフォーク固定具の試しを兼ねてね。                            現着すると結構早くから多くのライダーが来ているが、知っている方はおらず。しかし、旧車の方が何人かいました。

このバイクはTY175、サミーミラーのフレームを装着しています。

ホンダ・バイアルス125。私が最初にトライアル車に乗り始めたのが赤銀のバイアルスでした。 団地族の頃、おんぼろの中古車を、部品取り寄せてレストア。エンジンは取り外して4畳半の部屋でバラして治していました。                                この青銀バイアルスはキャスター角をいじってあります。昔のバイクはフロントフォークが寝ていて、直進安定性はありましたが、曲りにくいと言う弱点もあったんですね。まあ、昔と現在では乗り方が全く違っているからでしょうね。

さて、Fフォーク固定具についてですが、現着してバイクを下ろす際、器具が落ちてしまい、足が1つ取れてしまいました。耐衝撃接着剤でしたが、やはりきちんとネジ止めしないといけませんね。反省、です。

練習の方は、前回の復習でしたが、横木段差で躓きバイクが寝てしまう。リアフェンダーに傷が付いてしまったので、早々に帰ることに。 混んできたこともありますが、万年ビギナーはモタモタしていて、迷惑をかけるのですね。

帰宅後、リアフェンダー再塗装しましたよ。

 

 

 

祝! 釣り吉スーさんドーム船竿頭の巻

恒例、戸倉父ちゃん会(ASD父親の会)公魚釣り合宿が山中湖で行われました。                  今回もしゅうすい屋さんのドーム船にお世話になる。

誰が一番沢山釣れるか? 釣り開始です。

当日はとても穏やかな天気、富士の山もクッキリです。

さて、釣果は             釣り吉スーさん249匹、この釣果は当日のドーム船竿頭でした。グループとして参加してから初めてのこと、目出度し!!  子どもではフミ君が146匹で竿頭、親子でトップ、すごいです。         じ~じ233匹、ハナさん126匹、ノンさん102匹、ヒト君76匹、おーさん60匹、兄ちゃん50匹、トモちゃん48匹、おみやさん34匹でした。

桟橋で写真を撮ってから、買い出しして、宿へ。

お風呂に入り、まずはスーさん竿頭おめでとう! で、乾杯。                それから、ハナさん58歳(ここでは最年少)が大学院に合格しました。 これもおめでとう!

子どもたちは部屋でリラックスモードです。

美味しい夕食を頂きましたよ。

部屋に戻り、また乾杯!! (よ~く飲むな・・・)

今回は連休中釣行で、帰路の渋滞を避けるために、温泉は抜きで帰ることにしました。        道の駅で解散、ご苦労様でした。                             次回は3月の釣行となります。楽しみですね。

 

 

 

 

TLR200「フロントフォーク固定具」作製の巻

練習や大会に出かけるとき、TLR200をキャリアに載せて移動しますが、固定は前後2本ずつのタイダウンベルトで行います。前側はハンドル左右にベルトをかけます。             その時、フロントフォークは目一杯縮んだ状態になり、結構な負荷を与えます。古いバイクほど、インナーチューブは完璧ではないのです。もちろん完璧に修理すれば、ですが、相当な出費になります。で、フォークの固定具を作成することにしました。(表写真)                   アイデアは先日のK沢でご一緒したOさんです。この器具の名称があるはずですが、分かりません。お分かりの方は教えてください。

材料は台座用の木の端材と10mm長ネジ、長ナット、板付きナット、合計515円です。               台座はフロントフォーク・フェンダーに合わせ採寸しカット、足を付けました。

 

長ネジも採寸しカットします。

台座は紙やすりをかけ、タンク・フェンダーと同色に塗装し、クリアーをかけました。足には緩衝材を張る。

 

 

台座に板付きナットをネジ止めします。                          長ネジは板付きナットにネジ込むだけでは不安定なので、10mmナットで共締め固定します。

前からの写真。

横からの写真。 長ナットを上側に上げていけば固定されます。               受けの径に長ナットのナメ部がちょうど良い具合に収まるのです。

第一号が出来上がりました。様子を見て、改善します。

 

 

2017 父ちゃんバンド合宿 の 巻

恒例父ちゃんバンドの合宿へ行ってきました。                       場所はもちろん蓼科のペンション・シャロームです。あいにくの雨でしたが、ロケーションは抜群ですね。

途中のパーキングでパチリ! まだ1人は合流していません。今回は8人です。

 

 

茅野市内のスーパーで買いだし、シャローム到着後、機材搬入、セッティング。そして、まずは乾杯です。

今回は干し岩魚を私が持参したので、まずは熱燗岩魚酒。そして、途中で購入した松茸酒です。持参した焼豚のポン酢漬けは好評でした。

 

 

 

 

珍しく今回は午前中飲み続けず、練習開始です。

 

 

 

 

 

お昼はちらし寿司。

 

 

 

 

午後はびっちり練習ですよ。

 

 

 

 

お楽しみの夕食、前菜からの料理。

 

 

 

アップルパイ美味しかったですよ。他にも出ましたが、撮り忘れました。

 

 

 

食後の休みを入れて、シャロームのマスター・ママさんへのミニコンサートです。

いつもお騒がせしています。

 

 

夜も更け、2次会も終了、各部屋に入り、お休みなさい。

薪ストーブは薪の確保が大変です。3年分ぐらい用意しているそうです。

 

 

朝食は作りたての塩パンが美味しいのです。

お昼はいつもはうどんか蕎麦なのですが、今回はピザパイでした。

 

 

さて、2日目の午前中も練習を行いましたが、今回は台風が来ているので、早めに終了で昼食となりました。漬け物の「松尾」、「おぎのや」さん(釜飯)に寄ってお買い物、そして帰路につきました。

来年は、術後リハビリ人、腰痛人、団長の3人を入れて、フルメンバーで来たいですね。    みんな、頑張って生き続けようね。

 

 

 

K沢滝崩落 の 巻

ずうっと雨だったので、お休みの金曜日、トライアル練習に早朝出かけました。

K沢に着くと、あらら、2カ所で崩落がありました。ここは岩盤ではないので、崩れやすいんですね。滝のところがひどい状況でした。

この場所の上部には亀裂が入っていたので、近づいている台風が心配です。          ステアケース用にはめ込んだ横木が2つほど流されていました。1m以上浸水したようです。

できる場所で練習開始。

前回は手前の段差を越えて、奥中央右の石を越えたのですが、今回は左側の大きな石を越える練習です。何とかなりました。

それから、このステアケースです。これも何とかなりました。

 

何とかなったのは、上Oさん、横Iさんに指導してもらったからです。ありがとうございました。

 

 

 

土日は父ちゃんバンドの合宿で、蓼科へ行きます。                            こちらもちゃんと練習しなくてはですね。

 

 

 

浜松・犬山・岐阜に行くの巻 その3

午後、岐阜に移動、岐阜城公園へ。                            天気は雨、麓からは何とか天守閣が望めましたが、果たして山頂からは・・・。

子どもの時から、織田信長と斎藤道三の関係は興味があったので、岐阜まで足を伸ばしました。

 

金華山山頂へはロープウェーで登ります。山頂駅からはエッコラサッと階段路を。

 

 

 

やっと見えてきました。が、霞んでいる。                         天守閣内には観光用の展示がありましたが、ここではカット。

お城にはやはり井戸が必要です。

 

現在発掘中の信長の居館跡。    これはこれから楽しみですね。

 

 

 

 

大正時代に建立の三重塔、青梅の日本画家・川合玉堂の候補地発案で建てられたのだそうです。

さて、今回の城廻り旅も岐阜城で終了です。

この日の夜は尾張旭で中学校時代からの友人と会食です。                  彼とは16歳の時、カニ族(横長のリュックを背負って歩く若人の姿が・・・)の時代、初めて北海道を二人旅した仲です。長いつき合いだね。

 

 

浜松・犬山・岐阜へ行くの巻 その2

蒲郡から犬山へ。 ちょうど開館時間の9時に到着。                    ゆっくりと城内を観ることができる。


 

木曽川沿いに建てられているので、ロケーションは抜群、と言うより、好適地に築城されているのですね。   それから、つい最近まで個人所有であったのもビックリです。

 

 


上:木曽川下流          右:木曽川上流

国宝のお城、松江城・姫路城・彦根城・松本城、そして犬山城、全部観ることができました。

 

 


城下にある針綱神社、立派な神楽殿があります。横には銭洗い神社もありますよ。

 

 

 

 

城と町ミュージアムを観てから、からくり展示館へ行く。犬山祭りのからくり人形です。           上記針綱神社の祭礼として始まり、現在は13輌の車山(だし)全てに精巧なからくり人形が設置されているそうです。

 

 

 

 

さて、城下を傘を差して有楽苑まで行く。国宝茶室如庵があります。

 

 

 

苑内を少し歩くと、弘庵があり、ここでお茶をいただけます。                中央に不思議な灯りが見えますね。ふふふ。

静かな部屋でお茶をいただくと、落ち着きます。

 

 

 

 

 

 

家人は裏千家修行中なので、説明を受けながら見学する。

 

 

 

 


お昼近くになったので、城前のお店に入り昼食。            味噌煮込みうどん定食と、鮎雑炊を。甘い味噌なのですが、上品でとても美味い。白ご飯にかけるとまた二度美味しい。鮎も焼いてあるので、香ばしく美味しかったそうです。

 

 

腹ごしらえをして、岐阜城へ向かいました。

次回に続く。

※写真はクリックすると拡大します。

 

 

 

浜松・犬山・岐阜へ行く の 巻

NHK大河ドラマを追って、浜松を訪ねました。                       これまで、米沢、会津若松、木之元・姫路、上田・松代等、ミーハーな旅をしていますよ。

 

井伊家の重要な井戸、龍譚寺の近く、田んぼの中にあります。          朝一番でしたので、まだ誰もいません、静かです。

 

 

気賀の関所跡。

 

龍潭寺の庭園が素晴らしい!        小堀遠州作とのこと。           両端に巨石の仁王石を配し、中央に仏様。  池は心を表すとのことでした。

 

 

 井伊家の流れ。

次は井伊谷城趾散策と考えていましたが、天気が悪いので、浜松城へ。

移動途中、お昼にすることにしました。私は餃子かなと思いましたが、家人はウナギ、で、ウナギになりました。並重です。私はキモ・皮・頭は食べるのですが、肉は口にしません。なので、美味しさが分かりません。家人は美味しかったとのことでした・・・。

 

新造の天守閣は趣がないのですが、井戸は結構保存しているので、必ず観ることにしています。

 

 

 

 

 

 

さて、浜松を後にして、宿泊地の蒲郡に。

ここは、蒲郡の日帰り温泉に設置されたRVパーク。                     と言ってもキャンプ場ではなく、泊まれる駐車場、と言ったら良いのでしょうか。       車3台分の指定場所提供、電源供給、ゴミ回収等をしてくれます。今回はゴミ回収を頼んだので、1,500円の料金です。

こんな感じです。屋外での火の使用はできませんが、タープは出せると思います。

温泉はあるし、周りには大型スーパーがズラリで、何でも揃います。             買い出しして、温泉に入り、夕食です。

8時半には就寝となりました。 明日は犬山へ向かいます。

続く。

※写真はクリックすると拡大しますよ。