久しぶりのランドナー走行50km超え、疲れた! の巻

ランドナーで五日市小峰峠(今はトンネル)から八王子の羽生山へ行きました。                いつもの玉川上水沿いを走る。 すっかり冬の装いですね。

秋川も寒々としています。

都立小峰公園でトイレ休憩。 ランニングの若い団体が来ていました。

八王子上川地区に出て林道に入り、羽生山トライアル場へ到着。 まだ誰も走っていません。

ここでおでんをいただく。 紅茶とお菓子もね。                      食後、駐車帯へ行ってみると、トライアル師匠のBさんが来ていました。  同年代の方々と机をこたつ風にして(野外ですよ)お話しの最中、「ここからなかなか出られないんだよ」とのこと。      トライアルも楽しいけれど、野外お茶会も楽しいのですよ、ね。                      少し話しをしてすぐに帰路につく。

16号の滝山公園入口に来たとき、既報滝山公園記事の飾り物、まだありました。        日曜日なので工事休止、飾りを作った通行整理のお姉さんはいませんでした。 ちょっと残念。

今回のポタリング、巡行速度20km目標でしたが、18kmになり、15km、どんどん落ちていきました。最後は買い物自転車速度で、よそ見しながらのんびり帰りました。            全身疲労感、古傷膝痛等々、明日からしばらく大変だ・・・・・。

※走行距離~55.7km 走行総時間~5時間

 

 

 

 

 

 

TLR200ターンの個別指導の巻

         模範走行をしてくれた国際B級のYOKOさんと 師匠のBさん

K沢の主、Bさんにトライアルの基礎を学ぶことになりました。                いつもは教室で個別指導しているのですが、これからしばらくは生徒さんです。

セクション設定をしてもらいます。危険の無いターン練習です。

ターン時のステップへの左右加重が課題となりました。                   私の場合、どうしても腕に力が入ってしまい、ハンドルで曲げて回ろうとしています。     それから重心が中心になく、倒れ込んでしまうので、クラッチを急激につなげて回避しようとしています。

ステップ加重を意識して何回もトライ。                          初めは、足の動きと意識が連動していませんでしたが、少しずつ分かってきました。                                           途中ストップしても重心が中央なので、スタンディングのまま楽にクラッチ操作することが出来ました。                                         指導する方は根気がいるだろうな、・・・、と思いつつ。

(さわらび教室で、感覚統合(SI)的な運動指導しているとき、生徒さんが動きをつなげるときがあるのです。こちらは、繋がったっ、と喜ぶのですが、それと同じような感じ、かな。)

66歳の再チャレンジ!   自己満足、やるな!    が、とんでもない、              お師匠さんは72歳、  これは 「まだ若僧だよ君~」 の世界ですね・・・。

動きと意識を連動させる、これは中高年期の課題ですよね。                  B師匠、ありがとうございました。 またよろしく!

 

 

 

 

TLR200新春初乗りの巻

新しい年を迎え、そろそろ走りに行こうとK沢へ出かける。                 国立駅南口から伸びる富士見通り、あれ、富士のお山だ。 初めて見ることが出来ました。やはり見えるんだ、と、気がついたと言った方が良いかもしれませんね。

早めに行った日曜日でしたが、結構な数の車が止まっています。 中央左側にセクションを設定していたので、両脇で少し練習して終了にしました。少しでしたが息が上がるのと、加えて皆さん上手な方々で、気後れしました。気が小さいね・・・・・。

Sケ島へ移動。 TLRを下ろしていると、旧車の方がそばに来てバイク談義。          それから1人で近くの練習場でターンの練習、結構行けるのでビックリ。 ステアケースもトライ、ヨレながら何とか上がる。                                用水路を越え、次の練習場へ向かう途中で、トライアンフのYさんと会う。 その、次の練習場が分からなかったのですが、そこまで案内してくれました。ありがとうございました。

ここでは、Yさんの仲間が練習していましたが、練習内容をじっくり見させていただき、非常に参考になりました。①斜面の八の字ターン、②フロント振り倒木越え、次回トライしてみます。

復路途中で、知っている方が緩斜面にセクション設定し、ターン練習をしていたので、仲間に入れてもらう。ターンは出来たのですが、途中に倒木を置き、越えなければ、のセクションでした。 2回足つき1点減点、もう1回はマーカー越え。 先ほどの倒木越えの練習必要です。

時間が無かったので、お礼を言って帰ることにしました。駐車帯の向こうの車には XL125SとCL90が乗っていました。 許可を取っていなかったので、写真はありません。

今度の練習の時は課題があるので、楽しみです。

 

 

 

 

 

柴又 初詣の巻

私が十代の頃から年に一回は出かけている柴又帝釈天へ初詣。

年に一回と前記しましたが、昨年は孫の参加調整で延期延期で行きそびれてしまいました。 すると、駅前に新たな像が。そう、倍賞千恵子さん、いやいや、サクラさんですね。           さて、恒例の第一、まずは升酒(だったのに・・・)、と焼き鳥です。吉の川は好きなお酒ですので、グットグットで、まあいっか。

参道に入り、第2は大和屋さんで並天を食べます。

 

ここのタレは美味しいんですよ。      それから おでんと熱燗も 忘れずにね。

 

 

 

3番目はおせんべいの金子屋さん。     家人が結構買っておりましたよ。

 

 

4番目は松屋さんのタンキリ飴。

参道最後のお店は佃煮の大徳さんです。今回はちりめん山椒と高菜昆布を調達。

そしてお参りです。

お煙を頭、腰、股関節等に。

山本亭のお庭を抜けて、河川敷へ。ここでおせんべいをかじりながら、ボリボリ、のんびり。  矢切の渡し、乗ってますね。

トコトコ駅に戻り、6番目、今川焼きを食べます。 わたしはもちろん粒あんこです。はい。

今年も帝釈天にお参りできました。感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

新春初釣りの巻

正月早々、檜原湖へ行ってきました。 初釣りです。                    結氷は岸側、狭い湾処から進んでいます。月末には全面結氷になるでしょう。

夕方スーパーで買い物してから日帰り温泉、それから道の駅へ。現地はもちろん積雪。          居酒屋じ~じの開店。メニューは大晦日に作った燻製と煮物、それから現地調達の馬刺しです。大酒にならないよう、早めの就寝としました。

今回の燻製は 煮豚、鳥ササミ、チェリソ、タコ、ホタテ。  美味いよね!

 

翌日、渡船で筏小屋へ向かう。       良い天気でしたが、強風で仕掛けが流れます。         K-zan桐電動2本・2gで始めましたが、途中から3gに変更。

檜原湖は晴れているとロケーションは最高です。

お昼前から全くアタリがなくなり、お手上げ状態。早上がりと決める。            釣果は53匹、全体的に渋かったようです。

翌日は大雪。 早々に帰ることに。                            が、湖畔走行中、ホワイトアウト。加えてワイパーが凍ってしまい、雪がはけず、視界0。   ハザードランプ出して処理するが、後方車が気づいてくれて良かった。ノロノロ運転しか出来ないですからね。

途中の駐車帯。お隣さんも同じような場所からの帰路でしょうか?              渋滞に巻き込まれず、午後早めに帰着できました。 ホッ。

来月は氷上テント釣りとなります。 楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。                            昨年春、オートバイトライアルを復活し、忙しく動き回る年となりました。          66歳を過ぎ、やることが山ほどあると言うことはとても幸せなことで、自分の周りに対して感謝しなければいけません。

ランドナー(旅の自転車)に乗る機会は少し減りましたが、これからも続けるつもりです。昨年秋、キャンピングに行けなかったので、機会を作らねばなりません。                                 ランドナー仕様のダホンは手放すつもりです。輪行専用にするつもりでしたが、他に荷物も担がねばならず、身体がきつくなりました。残念です。まだ新品同様です。

この年齢になると整理整頓、やりたいことを全部出来る訳はありませんので、手放すものも出てきてしまいますね。

さあ、今年も頑張りましょう!   そして、今年もよろしく!!

 

組木作家・古川英樹さんから木のオモチャ届くの巻

二十数年前、国分寺子どもクラブ(地域障がい児子供会)のボランティアで活躍してくれた古川さん(当時学大生で通称ヒデキ)。東京・福島の支援学校の教師となり、組木作家としても活躍中の先生です。

今年は銀座・飯能の作品展に寄せていただきました。                    本日何と、彼から木のオモチャ二点のプレゼント、大感激。                   遊びに来た2番目チビ孫君が早速遊んでおりました。

さわらび教室で有効に使わせていただきます。ありがとう!

 

 

 

 

 

 

チビ孫君、ゆず湯の巻

先日のゆず湯の日、来訪していたチビ孫君をゆず湯に入れました。              なんだこれは? の目線。 口に含んだり、お湯に叩いたり、いろいろ。

臭いをかがせると、不思議な顔。 が、まあいいや。                    結論! 何だか楽しい!!  とても喜んで、上がるのを嫌がっていました。         の巻でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月のK沢とSヶ島の巻

お休みの金曜日、今回はTLR200を載せてK沢へ。                      八時半過ぎ、誰もいません。

ではと、八の字ターンと、これまでの復習。                        新しく挑戦しよう!の3つのステアケース、1つは大丈夫のようですが、他は転ぶと大変・・・で、1つだけクリアして終了。                                    何とも情けない、臆病な始末でした。

湧き水のたまり池が練習場の脇にあります。 手前に新芽が出ていますね?何だろう?

一通り練習して、K沢からSヶ島へ。

Sヶ島のターン練習場所に、懐かしいマシンがいました。TLR250R。             このマシン、TLR200 の後継として公道仕様で発売されましたが、人気は今一つでした。   が、逆に販売台数が少なかったので、今では200より希少車です。大阪のブログ仲間YOさんも所有していますね。それから、自然山通信によると、トライアルショップ三谷さんもツーリング用に所有しているようです。                                  このマシンはSさん所有、ノーマルのようです。これからも大切になさってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初冬の山中湖公魚釣りの巻

毎週金曜日のお休み、じっとはしていられません。 いつの間にかアウトドアのウキウキ曜日になっていました。                                    天気は晴れ予報、これは富士の山を撮らなければ。で、山中湖へ出かける。            少しボーッとしていますが、夜明け前の逆さ富士が撮れました。カメラはニコン・デジカメP900。

 

山中湖とくれば、公魚釣りです。 しゅうすい屋さんのドーム船、第三幸運丸の世話になる。

道具はいつものK-zan桐電動一本に、 山中スペシャル3g穂先、仕掛けは自作バリバス6本袖針に錘横出し1本の計7本です。

釣果は2時早上がりで182匹でした。

今回も渡船で、

帰路につきました。

さあ明日は仕事だ、頑張ろう!